FilterFileTypes オブジェクト

このコレクションは Preferences オブジェクト経由でアクセスできます。これは ファイル タイプ オプション ページで設定される情報に対応しています。このページに表示される各エントリは、このコレクションの FilterFileType オブジェクトのメンバーに対応しています。その各メンバーで比較のタイプとオプションのフィルター プログラムを決定し、特定のパターンに一致する名前を持つファイルの比較に使用します。

プロパティ

Count読み取り専用IFilterFileTypes

コレクション内の項目の数。

IDL [propget] HRESULT Count([out, retval] long* pValue)
.NET Int32 Count[get]
VB6 Count As Long

Item読み取り専用IFilterFileTypes

指定されたインデックス位置にある項目(コピーではなくその項目自体)を返します。

IDL [propget] HRESULT Item(
    [in] VARIANT index,
    [out, retval] IFilterFileType** pValue)
.NET FilterFileType get_Item(
    Object index)
VB6 Item(
    index As Variant) As FilterFileType
  • index
    コレクションへの整数のインデックス(0 から始まります)。

メソッド

AddIFilterFileTypes

fileType 項目のコピーを、コレクションの最後に追加します。追加した項目のインデックスを返します。

IDL HRESULT Add(
    [in] IFilterFileType* fileType,
    [out, retval] long* pValue)
.NET Int32 Add(
    FilterFileType fileType)
VB6 Add(
    fileType As FilterFileType) As Long
  • fileType
    コピーが作成されコレクションへ追加されるファイル タイプ項目。

AddAtIndexIFilterFileTypes

fileType 項目のコピーを、指定のインデックス位置に挿入します。コレクション内の項目の数は 1 つ増加します。

IDL HRESULT AddAtIndex(
    [in] IFilterFileType* fileType,
    [in] long index)
.NET void AddAtIndex(
    FilterFileType fileType,
    Int32 index)
VB6 AddAtIndex(
    fileType As FilterFileType,
    index As Long)
  • fileType
    コピーが作成されコレクションへ追加されるファイル タイプ項目。
  • index
    項目のコピーの挿入先インデックス。

RemoveIFilterFileTypes

指定されたインデックス位置にある項目を削除します。

IDL HRESULT Remove(
    [in] long index)
.NET void Remove(
    Int32 index)
VB6 Remove(
    index As Long)
  • index
    削除する項目のインデックス。

RemoveAllIFilterFileTypes

コレクションから全項目を削除します。

IDL HRESULT RemoveAll()
.NET void RemoveAll()
VB6 RemoveAll