IFileSystemItem インターフェイス

このインターフェイスは、ファイルとフォルダーに共通するプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。このインターフェイスを実装するコンポーネントは、通常 IFile または IFolder も同様に実装します。

プロパティ

Attributes読み取り/書き込みIFileSystemItem

ファイルまたはフォルダーの属性(FILE_ATTRIBUTE_*)を提供します。

IDL [propget] HRESULT Attributes([out, retval] unsigned long* pValue)
[propput] HRESULT Attributes([in] unsigned long newValue)
.NET UInt32 Attributes[get, set]
VB6 Attributes As Long

Basename読み取り専用IFileSystemItem

パス プレフィックスなしのファイル名またはフォルダー名を提供します。

IDL [propget] HRESULT Basename([out, retval] BSTR* pValue)
.NET String Basename[get]
VB6 Basename As String

FullPath読み取り専用IFileSystemItem

プラグインのファイル システム内のファイルまたはフォルダーへの完全修飾パスを提供します。

IDL [propget] HRESULT FullPath([out, retval] BSTR* pValue)
.NET String FullPath[get]
VB6 FullPath As String

Location読み取り専用IFileSystemItem

ファイルまたはフォルダーへのパスを提供します。これには末尾のパス区切り文字を含めないでください。

IDL [propget] HRESULT Location([out, retval] BSTR* pValue)
.NET String Location[get]
VB6 Location As String

ModificationTime読み取り専用IFileSystemItem

ファイルまたはフォルダーの最終更新時刻を提供します。

IDL [propget] HRESULT ModificationTime([out, retval] FILETIME* pValue)
.NET FILETIME ModificationTime[get]
VB6 ModificationTime As FILETIME

メソッド

DeleteIFileSystemItem

ファイルまたはフォルダーを削除します。フォルダーの場合は、bRecursive 引数を使用して、そのフォルダーにファイルまたはフォルダーが含まれる場合でも削除するかどうかを制御します。

IDL HRESULT Delete(
    [in] VARIANT_BOOL bRecursive)
.NET void Delete(
    Boolean bRecursive)
VB6 Delete(
    bRecursive As Boolean)
  • bRecursive
    True の場合、このインターフェイスが表すフォルダーはその内容と一緒に削除されます。False の場合、フォルダーはそこにファイルもフォルダーも含んでいない場合にのみ削除されます。