フォルダー比較

Merge はフォルダー階層の比較および同期をサポートしているので、ディレクトリ ツリー全体を比較、マージすることができます。これは、異なるバージョンのソース コードやウェブ ページの変更を検知するのに好都合です。記録型 CD や USB スティックの内容を検証するために、効率的なバイト単位比較オプションを使用することもできます。

Information フォルダー比較および同期のインスタント図解をまだお読みでない場合、これに目を通すことによって、Merge のファイル比較について簡単に理解することができます。また、リボンを最大限に利用 トピックを見直されると役に立ちます。

比較の開始

新しいフォルダー比較を開くには:

  • クイック アクセス ツールバー(リボンの上部にあるウィンドウ キャプション領域)にある 新規フォルダー比較 ボタンをクリックします。
  • リボンの左端の項目のドロップダウン メニューにある 新規フォルダー比較 項目を選択します。
  • フォルダー比較が既に表示されている場合は、リボン内の 新規フォルダー比較 ボタンをクリックします。
    Ctrl+D を押します。

フォルダー比較ウィンドウ

フォルダー比較ウィンドウのレイアウトは、テキスト比較ウィンドウと非常によく似ています。

比較するフォルダーを指定する

対象フォルダーへのパスを比較タブの上部の入力フィールドに入力するか、参照 または履歴リストの表示 ボタンを使用して、フォルダーを選択します。

参照 ボタンをクリックするとフォルダーの参照ウィンドウが開き、履歴リストの表示 ボタンをクリックすると過去に比較したフォルダーのリストが表示されます。このフォルダー リスト内のエントリ行をダブルクリックすると、対応する各フォルダーを読み込んで比較を行います。Ctrl キーを押したまま、フォルダー リスト内のフォルダー エントリをダブルクリックした場合は、そのフォルダーのみが単独で選択されます。

Windows エクスプローラーからフォルダー比較ウィンドウの入力フィールドへ対象のフォルダーをドラッグ アンド ドロップすることもできます。

比較する 2 つのフォルダーを選択したら、リボンにある開始/再比較 ボタンをクリックするか、またはフォルダー名入力フィールドのいずれかにフォーカスがあるときに Enter キーを押して、比較を実行します。

フォルダー比較が完了するまで待たなくても、比較結果を参照および使用することができます。

また、Merge は、ローカル ディスクおよびネットワーク ボリューム上のフォルダーと同様、Perforce および Subversion リポジトリ内に保存されているフォルダー階層にアクセスし、比較することもできます。詳細については、仮想ファイル システム(VFS)プラグインをご覧ください。

アーカイブ ファイルをフォルダーと同様の扱いで比較する

Merge にはさまざまなアーカイブ形式(.zip.tar など)に対応する組み込みサポートがあります。完全な一覧については、アーカイブ(.zip、.jar、.tar など)のコンテンツを走査するオプションに関する記述を参照してください。.udf.rar.7z アーカイブについても、サードパーティ製で無償の 7-Zip アプリケーションをインストールし、対応する Merge オプションを有効にすることで、サポートを向上させることができます。

既にフォルダー比較を実行しており、それに対応する 2 つ(または 3 つの)アーカイブ ファイルが含まれる 1 行の結果がある場合は、その行をダブルクリックするだけで新しいフォルダー比較タブが開き、それらのアーカイブの内容を比較します。

また、フォルダー比較タブの上部にあるフォルダー入力フィールドに、アーカイブ ファイルのパスを直接入力することもできます。たとえば、\\NAS\home\Hg.tar というようにアーカイブ ファイルを入力できます。

アーカイブの内容は、通常のフォルダーに対して比較することもできます。これは、新たに作成されたアーカイブの内容を検証する、またはアーカイブが作成されてから変更があったファイルを見るような場合に役立ちます。

バージョン ボタンでフォルダーのその他のリビジョンにアクセスする

入力フィールドで示される名前のフォルダーに他のバージョンがあり、それが比較のために利用可能な場合、バージョン ボタンはこれらの他のバージョンのリストを表示します。左右両方の比較ペインで同じファイルまたはフォルダーを開き、このボタンを使用して、そのフォルダーの古いリビジョンと比較することができます。

オプション ウィンドウで、アプリケーションSCM システムからのファイル バージョンを表示するオプションをオンにすると、Merge は、比較中のフォルダーの別バージョンを、関連する構成管理システム リポジトリから検出しようとします。Perforce、Subversion、Mercurial、または Git の URI がファイル名入力フィールドに指定されている場合、Merge はフォルダーにアクセスして他のバージョンをリポジトリで検索します。そうではなく、フォルダーがローカル ディスクまたはネットワーク ボリュームから読み込まれ、それがクライアント ワークスペースの一部である場合は、Merge は資格情報オプション ページで資格情報が提供されている関連リポジトリを検索します。

オプション ウィンドウで、アプリケーションシステムの復元からのファイルとフォルダー バージョンを表示するオプションをオンにすると、Merge は Windows システムの保護あるいは Araxis Snapshot Service によって格納されたフォルダーから、比較中のフォルダーのあらゆるバージョンを表示します。詳細については、Windows システムの保護あるいは Araxis Snapshot Service によって格納されたバージョンへのアクセスを参照してください。

バージョン ボタンが有効でない場合は、アプリケーションおよび資格情報オプション ページで関連するオプションを確認してください。

3 者間フォルダー比較

2 者間フォルダー比較に加え、Merge の Professional Edition は 3 つのフォルダー階層間の比較、および自動フォルダー マージをサポートしています。

フォルダー比較表示

フォルダー比較の例

上のスクリーンショットは、2 フォルダー間の一般的な比較結果を示しています。結果リスト内の各ファイルまたはフォルダーに対する挿入、削除、変更、未変更などの状態が色分けして示されています。指定した行の中で最も新しいファイルには赤い正方形 の装飾が付けられます。

フォルダー比較結果リストには、フォルダー比較ウィンドウでよく使うコマンドを含んだショートカット メニューが用意されています。結果リスト内でマウスを右クリックすると、このショートカット メニューが表示されます。リスト内の右側でクリックしたか左側でクリックしたかによって、表示されるメニュー コマンドの内容が一部変わります。

挿入、削除、変更、および未変更の各ファイルとフォルダーの色は、フォントと色オプション ページを使用して変更することができます。

リボンのオプション からタイムスタンプとサイズの切り替えメニュー コマンドを使用して、ファイルのタイムスタンプとサイズの表示のオン/オフを切り替えます。

変更列内の数字は、隣り合っている 2 列のファイル間の変更点の数を示します。3 者間フォルダー比較の場合、3 番目の変更列は最初と 3 番目のフォルダー階層間における変更の数を示します。この列は、リボンのオプション メニューにある変更行数を表示コマンドを使用して、表示のオン/オフを切り替えられます。変更列に表示されるその他のシンボルは、ファイルの処理中に発生したエラーや、オプション設定のフィルタリングによって除外された行を示します。どちらの場合も、シンボルの上にマウス ポインターを置くと、何を表しているのか詳細情報が表示されます。

結果リストの列幅は、各列見出しの間にあるディバイダー(分割マーク)を左右に動かせば変更できます。

ファイルおよびフォルダーの選択

結果リストでは、ファイル/フォルダーを下記の方法で選択することができます。

  • リボンの行選択 メニュー内のコマンドを使用して、さまざまな異なる方法で行を選択する。
  • 対象の項目をクリックして選択し、それ以外の選択項目の選択を解除する。
  • Ctrl キーを押した状態で対象の項目をクリックし、それを現在の選択に追加する、または現在の選択から削除する。
  • Shift キーを押した状態で対象の項目をクリックし、選択範囲をその項目まで広げる。
  • Ctrl+A キーを押して、結果リスト内の全ファイルを選択する。

ファイル比較ウィンドウの起動

結果リストを使用して、指定したファイルの比較ウィンドウを開くことができます。詳細については、ファイル比較の起動を参照してください。

フォルダー比較の起動

フォルダーを比較するために別のフォルダー比較ウィンドウを開くにはフォルダーを含んでいる行をダブルクリックします。

現在選択されているフォルダー比較行のファイル比較の表示

2 者間ファイル比較 または 3 者間ファイル比較 リボン ボタンは表示を水平に分割し、フォルダー比較の下部にファイル比較を表示するために使用します。フォルダー比較で行をクリックし、下部のファイル比較でその行のファイルを比較します。

ファイル比較表示をオフにするには、2 者間比較(左右) または 3 者間比較(左右) リボン ボタンを使用します。

ファイルおよびフォルダーの削除

フォルダー比較ウィンドウでファイルを削除する場合は、削除対象のファイル/フォルダーを選択してから Delete キーを押します。また、リボンの選択範囲を削除 コマンドを使用することもできます。

削除したファイル/フォルダーは Windows の[ごみ箱]から元に戻すことができます。

ファイルおよびフォルダーを表示しない

結果リストでファイルおよびフォルダーを選択し、リボンの非表示/表示 メニューのコマンドを実行すれば、選択範囲を非表示にすることができます。

非表示にしたファイル/フォルダーは、同じメニューから非表示項目を表示を実行すれば、表示することができます。

Information 非表示にしてもフォルダー比較処理から除外されることはありません。その後も比較対象となりますが、非表示項目を表示コマンドを使って表示するまで画面に表示されないだけです。

ファイルおよびフォルダーを比較から除外

ワイルドカード式を指定することにより、ファイルおよびフォルダーを比較処理から除外することができます。除外したファイルおよびフォルダーは比較されず、非表示項目を表示を実行しても結果リストには表示されません。この機能は、サイズが大きなバイナリ ファイルやフォルダー階層全体を除外する場合などに使用できます。

ブックマークおよびコメント

ファイルの比較や編集を行っている際にブックマークを設定しておいて、後でその場所に戻ることができます。Ctrl+F2 キーを押すか、リボンのブックマークの切り替え をクリックすると、現在行のブックマークのオン/オフを切り替えることができます。ブックマーク間を移動するには、F2 または Shift+F2 キーを押すか、リボンの次のブックマーク ボタンまたは前のブックマーク ボタンを使用します。

ブックマークにコメントを追加することができ、重要な情報の注釈を付けたり、質問を記録することができます。ブックマークのコメントを編集するには、ブックマークを右クリックしてコメントの編集を選択します。ブックマーク コメントは、マウス ポインターをブックマーク上に置くとツール ヒントとして表示されます。

Information ブックマークおよびコメントは、HTML 比較レポートを作成する際や、アーカイブまたはチームでの合同作業のために比較を保存する際に一緒に含められます。このため、比較の中に質問を入力したり注釈を付けておき、それを後で電子メールで送信してほかのチーム メンバーが校閲できるようにする有用なツールとなります。

フォルダー比較のカスタマイズ

Merge がフォルダー比較を実行する方法をカスタマイズするための方法が数多く用意されています。カスタマイズ オプションの詳細については、オプション ダイアログを参照してください。