Mercurial ファイル システム プラグイン

Mercurial 用の Merge プラグインは Mercurial リポジトリの中にあるファイルにアクセスできるようにします。このプラグインは Merge インストールの標準構成として含まれます。

プラグインを使用してできること

このプラグインによって、Merge はバージョン ボタン ドロップダウン バージョン メニューを適切に置くことができます。詳細については、テキスト ファイル(または、入力/貼り付けしたテキスト)の比較を参照してください。

プラグインは、ローカル Mercurial リポジトリ内のファイルのリビジョンへの読み出し専用のアクセスを提供します。リポジトリのファイルを修正するには、Mercurial ツールを使用してファイルを開き編集してサブミットする必要があります。

プラグインはリモートのリポジトリの内容にアクセスすることができません。したがって、リモート リポジトリのローカル クローンを最初に作成することが必要です。

プラグインを使用するための Merge の準備

プラグインは、Mercurial コマンド ライン クライアント(hg.exe)がインストールされており、PATH Windows システム環境変数で参照できる必要があります。

もし、Merge で現在比較しているファイルのほかの(古い)バージョンを示す バージョン ボタン ドロップダウン バージョン メニューを設定する場合は、オプション…アプリケーションSCM システムからのファイル バージョンを表示するオプションのチェックを必ずオンにしてください。

Mercurial プラグインの使用

Mercurial プラグインは、ファイル比較 ウィンドウのパス入力フィールドの 1 つに入力されたパスで、バージョン コントロールされたファイルのワーキング コピーのバージョンへのアクセスを提供します。比較用のバージョン コントロールされたファイルの特定のバージョンを指定するには、hg://X:\Absolute\Path\To\File または hg://X:\Absolute\Path\To\File#revision という URI フォームを使用します。

URI 説明
C:\Users\username\repository\notepad.cpp notepad.cpp ファイルのワーキング コピーを指定します。
hg://C:\Users\username\repository\notepad.cpp notepad.cpp ファイルの最新版を指定します。
hg://C:\Users\username\repository\notepad.cpp#5 notepad.cpp ファイルの改訂版 5 を指定します。

クライアント ワークスペースの既存のファイルおよびフォルダーへのアクセス

ファイルまたはフォルダーがクライアント ワークスペース内で既に同期化されている場合は、ハード ディスク上のその他のファイルにアクセスするのと同じようにアクセスすることができます。このために hg:// URI を使用する必要はありません。

Mercurial コマンドライン ツールおよびグラフィカル フロントエンドと Merge との統合

Merge 自体は Mercurial と完全に統合されます。詳細については、ソース管理、構成管理およびその他のアプリケーションとの統合を参照してください。