IFile インターフェイス

このインターフェイスはプラグインのファイル システム内のファイルを表すもので、コンポーネントによって実装されます。これは、IFileSystemItem インターフェイス(これもコンポーネントによって実装されます)によって提供されるプロパティとメソッドを補強します。

プロパティ

Size読み取り専用IFile

ファイル サイズの下位 32 ビット。

IDL [propget] HRESULT Size([out, retval] unsigned long* pValue)
.NET UInt32 Size[get]
VB6 Size As Long

SizeHigh読み取り専用IFile

ファイル サイズの上位 32 ビット。

IDL [propget] HRESULT SizeHigh([out, retval] unsigned long* pValue)
.NET UInt32 SizeHigh[get]
VB6 SizeHigh As Long

メソッド

OpenIFile

このメソッドは指定されたアクセスでファイルを開き、そのファイルの読み取りあるいはファイルへの書き込みに使用できるストリームを返します。Merge では、ファイルはバイナリ モードで開かれるものとし、ストリームによる行終端文字の変換があったとしても、それについては一切想定しません。

IDL HRESULT Open(
    [in] unsigned long dwDesiredAccess,
    [in] unsigned long dwCreationDisposition,
    [out, retval] IFileStream** pValue)
.NET IFileStream Open(
    UInt32 dwDesiredAccess,
    UInt32 dwCreationDisposition)
VB6 Open(
    dwDesiredAccess As Long,
    dwCreationDisposition As Long) As IFileStream
  • dwDesiredAccess
    必要なアクセスの種類(読み取り/書き込み)を指定します。有効な値は、Win32 CreateFile API の dwDesiredAccess 引数に用いられる以下の値です。
    意味
    GENERIC_READ(0x80000000L)ファイルへの読み取りアクセスを指定します。(ビットごと OR で)GENERIC_WRITE と組み合わせれば、読み取り/書き込みアクセスが行えます。
    GENERIC_WRITE(0x40000000L)ファイルへの書き込みアクセスを指定します。(ビットごと OR で)GENERIC_READ と組み合わせれば、読み取り/書き込みアクセスが行えます。
  • dwCreationDisposition
    ファイルを書き込みアクセスとして開いた場合に、どのように作成するか、あるいはどのように切り捨てるかを指定します。有効な値は、Win32 CreateFile API の dwCreationDisposition 引数に用いられる以下の値です。
    意味
    CREATE_NEW(1)ファイルを作成します。ファイルが既に存在している場合その操作はエラーになります。
    CREATE_ALWAYS(2)ファイルを作成します。ファイルが既に存在している場合は書き込み可能な空のファイルで置き換えます。
    OPEN_EXISTING(3)ファイルを開きます。ファイルが存在していない場合その操作はエラーになります。
    OPEN_ALWAYS(4)ファイルの先頭で書き込み可能なファイルを開きます。ファイルがまだ存在していない場合は、新しい空のファイルが CREATE_NEW 用として作成されます。
    TRUNCATE_EXISTING(5)書き込み可能なファイルを開き、そのサイズをゼロの長さに切り捨てます。ファイルがまだ存在していない場合、操作はエラーになります。