Information Araxis Merge には 2 つのエディションがあります。Professional Edition でのみ、3 者間比較と 3 者間マージに関係する機能が提供されています。Standard Edition はほかの点は同じですが、2 者間の比較とマージの機能しか備えていません。

互換性

機能エディション利点
クロス プラットフォーム ライセンスStandardProfessional 1 つのライセンスで Windows と macOS 両方のバージョンの Merge を使用することができます。
64 ビット バージョンの利用StandardProfessional 64 ビット オペレーティング システムでは、64 ビット システムで利用可能な多くのメモリを使用できる Merge 64 ビット バージョンを利用することで、非常に大きなファイル(たとえば、100 MB 以上)を比較できます。
Retina/高-DPI ディスプレイのサポートStandardProfessional Make the most of Mac Retina ディスプレイと 100%、125%、150%、または 200% UI スケーリングを利用する高解像度 PC スクリーンを最大限に活用します。

ファイルの比較とマージ

機能エディション利点
ファイル比較とマージのインスタント図解StandardProfessional Merge を使ったファイルの比較とマージの方法を数分間で学びます。参照:Windows, macOS
2 者間テキスト比較StandardProfessional 異なるバージョンのソース コード、設定ファイル、XML ドキュメント、ウェブ ページ、またはその他のテキスト ファイル間の挿入、削除、および変更を識別します。参照:Windows, macOS
2 者間テキスト マージStandardProfessional 異なるバージョンのソース コード、設定ファイル、XML ドキュメント、ウェブ ページ、またはその他のテキスト ファイル間の挿入、削除、および変更を調整します。参照:Windows, macOS
3 者間比較およびマージProfessional あるファイルの更新された 2 つのリビジョンと、それらに共通の親ファイル(または任意のほかのファイル)との比較および変更のマージを行います。複数の開発者によって矛盾する変更が行われた 1 組のファイルを一致させたり、ソース コード制御やソフトウェア構成管理システムの分岐をマージするのに使用します。参照:Windows, macOS
Microsoft Office(Word と Excel)、OpenDocument、PDF、および RTF ファイルを直接開きテキストを比較StandardProfessional 一般的によく使用されるファイル形式を直接読み込んで比較することにより、時間を節約できます。また、ほかのアプリケーションからテキストを Merge テキスト比較ウィンドウにコピー アンド ペーストすることができます。参照:Windows, macOS
アーカイブ ファイルのサポート† StandardProfessional さまざまなアーカイブ形式(.zip.tar など)に含まれているファイルを直接比較できます。参照:Windows
テキスト比較での数値の許容 StandardProfessional テキスト ファイル間で対応する数値を比較することができます。また、必要に応じて、互いの数値の差が一定の許容範囲内である場合にそれらを同一として処理することもできます。参照:Windows, macOS
XML と XHTML ファイルのための特別な整形表示StandardProfessional 本来の原文比較の正確さを犠牲にしないで、難解なフォーマットの XML ファイルでも明確に変更を見ることができます。参照:Windows, macOS
バイナリ ファイル比較StandardProfessional バイナリ データ ファイルを比較し、バイト レベルで差異を表示します。参照:Windows, macOS
イメージ ファイル比較StandardProfessional さまざまな種類のイメージ ファイルを比較し、どのピクセルが変更されているかを正確に表示します。参照:Windows, macOS
テキストベースのパッチ ファイルの包括的なサポート† StandardProfessional パッチ ファイルで記述されている変更点を検査し、それらの変更点を選択的にテキスト ファイルへ適用します。参照:Windows
構文の強調表示StandardProfessional 組み込まれている[構文の強調表示]を利用することで、広範なソース ファイルをよりよく理解できます。参照:Windows, macOS
HTML、HTML スライドショー、XML および UNIX diff 形式StandardProfessional ファイル比較のレポートを作成してアーカイブ、配布またはほかのアプリケーションへのエクスポートに使用します。ブックマーク コメントの追加により HTML レポートに注釈を付けます。参照:Windows, macOS
ブックマークおよびコメントStandardProfessional 注目すべき点をマークします。シングル ファイル アーカイブとして保存し、確認するほかのチーム メンバーに電子メールで送信する前に、コメントと質問によって比較に注釈を付けます。参照:Windows, macOS
シングル ファイル比較アーカイブStandardProfessional アーカイブのため、または後で別のマシンでも確認するために比較を単一のファイルに保存します。保存されたファイル比較には作成済みのブックマークと関連するコメントが含まれるので、確認のためにほかのチーム メンバーに電子メールで送信する前に、質問とコメントによって比較に注釈を付けることが可能です。参照:Windows, macOS
比較統計ウィンドウStandardProfessional 現在の比較の概要を表示します。参照:Windows, macOS
統合されたフォルダー比較StandardProfessional 異なるフォルダー階層間のすべてのファイルの変更をすばやく効果的に比較およびマージします。ソース コード、ウェブ ページまたはその他のテキスト ファイルのセット全体または分岐した一部分を処理します。参照:Windows, macOS
ポイント アンド クリック マージStandardProfessional マウスのシングル クリックを使用して、挿入、削除または変更されたテキストのブロックを一方のファイルからもう一方のファイルへコピー(または削除)します。ファイルは、手作業で非常に簡単にマージできます。参照:Windows, macOS
インプレース編集StandardProfessional ファイル比較ウィンドウ自身の中で比較中のファイルに、直接きめ細かい変更を行うことができます。別の編集ウィンドウを開く必要がありません。参照:Windows, macOS
リンク線StandardProfessional 関連するテキスト ブロックは視覚的にリンク線で結ばれるので、ファイルの関連が一目でわかります。リンク線によって、対応する行を隣り合わせにするために空白行を埋める必要がなくなります。参照:Windows, macOS
テキスト比較での縦方向のパディング オプション† StandardProfessional 縦方向のパディングを使用すると、比較するテキストの関連するすべてのブロックが整列されます。縦方向のパディングがない場合は、画面に表示されるテキストの量が表示の最大限となり、ファイルは表示の縦方向の中央で揃えられます。参照:Windows
同期リンクStandardProfessional ユーザーは同期リンクを追加して、Merge が特定の時点で比較の再同期をとるようにすることができます。これは特に、複雑な比較を行う状況で役立ちます。参照:Windows, macOS
縦または横に表示を分割StandardProfessional 各ファイルを、横に並べてリンク線を使ったり、上下に置いて縦に並べたり(長い行のファイルに便利)して表示できます。参照:Windows, macOS
長い行の折り返しオプションStandardProfessional 各行のテキストを常に横にスクロールすることなく見ることができます。参照:Windows, macOS
スクロールの同期化StandardProfessional いずれかのファイルでスクロールすると、それに応じて各ファイルの関連する部分がファイル比較ウィンドウの縦方向の中央で常に揃えられます。参照:Windows, macOS
行内での変更の強調表示StandardProfessional に対する挿入、削除および変更が、個々の文字レベルまでひと目で識別できます。参照:Windows, macOS
自動マージ Professional ファイルの 2 つの更新されたリビジョンにおける変更を共通の親ファイル(またはほかのファイル)へすばやく安全にマージします。後の手作業での処理のために、自動的にマージされたテキストは編集マーカーが付けられ、矛盾するセクションにはフラグが付けられます。自動マージは元に戻せない操作なので、安全かつ容易に自動マージを行うために、何が行われるかを正確に見極められるようになっています。 参照:Windows, macOS
選択した行を分析済みとマークするStandardProfessional 分析済みとマークされたテキストは淡色表示されます(自動マージを実行した後と同じ方法で)。これにより、処理済みのファイルの領域を容易にたどることができます。参照:Windows, macOS
Unicode および MBCS のサポートStandardProfessional Unicode または MBCS でエンコードされたテキスト ファイル(ASCII ファイルもサポートされます)を比較します。英語以外の言語のファイルを扱う場合には重要です。日本の顧客のために、EUC-JP エンコードもサポートされています。参照:Windows, macOS
IME(Input Method Editor)のサポートStandardProfessional 文字の豊富なアジア太平洋地域言語によるテキストの入力と編集を容易にします。参照:Windows, macOS
概要ストリップStandardProfessional ファイル間の変更の範囲や変更が行われた場所を瞬時に視覚的に識別できるようにします。概要ストリップ内の変更をクリックすると、直接その変更に移動します。参照:Windows, macOS
矛盾の強調表示 Professional 自動マージの後、マージされたファイルの矛盾するセクションは手作業での処理のためにフラグ付けされます。矛盾のある場所へ移動するためのコマンドとショートカット キーが提供されています。このように、自動マージと手作業のマージの組み合わせによって、困難なファイルも即座に処理できます。参照:Windows, macOS
編集マーカーStandardProfessional マージ処理中にファイルに対して行われたすべての変更(編集や他方のファイルからのコピー)の視覚的な記録です。参照:Windows, macOS
ブックマークStandardProfessional ファイル内の重要な特定のポイントをマークし、そこに戻れるようにします。参照:Windows, macOS
行へのジャンプStandardProfessional 行番号を使用して、行へ直接ジャンプします。参照:Windows, macOS
読み取り専用および変更インジケーターStandardProfessional ファイルが読み取り専用であるかどうか、また最後に保存してから変更が加えられているかどうかを視覚的に示します。参照:Windows, macOS
変更の要約StandardProfessional 各ファイルのペア間の変更の数を示します。参照:Windows, macOS
列/行番号インジケーターStandardProfessional ファイルの編集中にカーソルの現在の位置を識別します。参照:Windows, macOS
ファイルのドラッグ アンド ドロップStandardProfessional Windows エクスプローラーまたは macOS Finder からドラッグすることにより、ファイルを開きます。参照:Windows, macOS
印刷のサポートStandardProfessional 参照または監査用に、比較のハード コピー(または Acrobat Distiller を使用した、macOS または Windows の PDF ファイル)を作成します。比較の印刷物には、画面上に表示されたすべての強調表示とリンク線が含まれます。用紙節約のため、変更を含むページのみを印刷することを選択できます。参照:Windows, macOS
印刷プレビューStandardProfessional 比較の印刷状態を用紙に出力する前に見ることができます。参照:Windows, macOS
ソース コード管理およびソフトウェア構成管理の統合StandardProfessional Mercurial、Git、Subversion、および Perforce のようなポピュラーなエディター、ソース コード管理、バージョン管理、およびソフトウェア構成管理システムと Merge を統合することができます。参照:Windows, macOS
オートメーション API†StandardProfessional Merge をほかのアプリケーションから制御したり、ワークフローに組み込むことができます。参照:Windows
AppleScript API‡StandardProfessional Merge をほかのアプリケーションから制御したり、ワークフローに組み込むことができます。参照:macOS
仮想ファイル システム(VFS)API†StandardProfessional サード パーティによって Merge を拡張し、構成管理やバージョン制御リポジトリなどを直接参照できるようにします。参照:Windows
.NET アセンブリ†StandardProfessional テキスト比較およびレポーティング機能を .NET の Web アプリケーションに組み込みます。参照:Windows
Mercurial の VFS プラグインStandardProfessional Merge に Mercurial リポジトリのファイルへの読み取り専用アクセスを与えます。参照:Windows, macOS
Git の VFS プラグインStandardProfessional Merge に Git リポジトリのファイルへの読み取り専用アクセスを与えます。参照:Windows, macOS
Subversion の VFS プラグインStandardProfessional Merge に Subversion リポジトリのファイルとフォルダーへの読み取り専用アクセスを与えます。Merge フォルダー比較を使用して、Subversion クライアント ワークスペースとディポを比較することができます。参照:Windows, macOS
Perforce の VFS プラグインStandardProfessional Merge に Perforce ディポのファイルとフォルダーへの読み取り専用アクセスを与えます。Merge フォルダー比較を使用して、Perforce クライアント ワークスペースをディポと比較することができます。あるいは、異なるブランチ(または異なる時点の同じブランチ)を直接比較することもできます。参照:Windows, macOS
VFS FTP プラグイン†StandardProfessional Merge が FTP サーバー上のファイルとフォルダーにアクセスできるようにします。たとえば、メイン サイトが FTP サーバーを実行しているなら、ウェブサイトのコンテンツとローカルのコンテンツのコピーを同期させるために Merge を使用できます。参照:Windows
コマンド ラインStandardProfessional 専用のコマンドライン ユーティリティを使用して、Merge を他のアプリケーションから制御したり、ワークフローに組み込むことができます。参照:Windows, macOS
空白の操作の柔軟性StandardProfessional 空白が重要でないと考えられる場合には、空白の相違があってもフラグを付けません。参照:Windows, macOS
行終端サポートの柔軟性StandardProfessional プラットフォームに依存しない高度なファイル共有を可能にします。UNIX(LF)、Windows(CR LF)、Mac(CR)スタイルの行終端を含むファイルを処理します。ファイル比較時に行の終端の相違を無視するかどうかを選択します。参照:Windows, macOS
行終端文字の表示StandardProfessional 複数のプラットフォームで作成されたファイルの違いを識別するために、オプションで、個々の CR および LF 文字を表示することができます。参照:Windows, macOS
正規表現のサポートStandardProfessional コメント、ソース コードの制御キーワード、その他定義したテキスト パターンの差異を無視します。参照:Windows, macOS
行ペアリング ルール† StandardProfessional 行ペアリング ルールにより、Merge は行の特定の部分に基づいて、変更されたテキストのブロック内の対応する行をペアリングできるようになります。行ペアリング ルールは、異なる言語のローカリゼーション ファイルの比較など、特定の比較をする場合に優れた結果をもたらします。このような比較は、ルールを利用しなかった場合には役に立たない結果になります。参照:Windows
ブロックのインデント/インデント解除StandardProfessional 異なるファイルのテキストをマージする際に、ブロック全体に正しいインデント レベルを設定することが簡単にできます。参照:Windows, macOS
検索/置換StandardProfessional ファイルまたは選択範囲内で、検索または任意で置換を行います。参照:Windows, macOS
フォントと色のカスタマイズStandardProfessional 好みや要求に応じて表現のスタイルを変更します。参照:Windows, macOS
印刷のヘッダーおよびフッターのカスタマイズStandardProfessional 必要に応じ、印刷ページのヘッダーとフッターを設定します。参照:Windows, macOS
キーボード ショートカットStandardProfessional キーボードを使用して Merge の制御の時間を節約します。参照:Windows, macOS
ドラッグ アンド ドロップによるテキスト編集StandardProfessional ファイル内またはファイル間のテキストを、マウスを使用して便利に移動できます。参照:Windows, macOS
次/前の変更へのジャンプStandardProfessional マウスまたはキーボード ショートカットを使用してファイル内の変更間をすばやく移動します。参照:Windows, macOS
ファイルの置換コマンドStandardProfessional 一方のファイルの内容を他方のファイルの内容で便利に置き換えることができます。1 つのリビジョンが完全に正しく、その内容を他方のリビジョンにコピーする必要がある場合に役立ちます。参照:Windows, macOS
タブ ストリップStandardProfessional 複数のファイル比較ウィンドウをマウスのシングル クリックで切り替えます。参照:Windows, macOS
ツールバーまたはリボン†StandardProfessional 頻繁に使用するコマンドに簡単にアクセスします。参照:Windows, macOS

Windows でのみ利用可能な機能 • ‡ macOS でのみ利用可能な機能

フォルダー比較と同期化

機能エディション利点
フォルダー比較と同期化のインスタント図解StandardProfessional Merge を使ったフォルダーの比較と同期化の方法を数分で学びます。参照:Windows, macOS
2 者間フォルダー比較StandardProfessional 2 つのフォルダー階層間のファイルの挿入、削除、および変更を識別します。ソース コード、ウェブ ページまたはその他のテキスト ファイルのセット全体または分岐した一部分を効率的に処理します。参照:Windows, macOS
3 者間フォルダー比較 Professional 2 つのフォルダー階層と共通の親(またはほかの)フォルダー階層間で、ファイルの挿入、削除、および変更を識別します。複数の開発者によって矛盾する変更が行われた 1 組のファイルを一致させたり、ソース コード制御やソフトウェア構成管理システムの分岐をマージするのに使用します。参照:Windows, macOS
現在選択されているフォルダー比較行のファイル比較の表示† StandardProfessional 表示を水平に分割し、フォルダー比較の下部にファイル比較を表示します。フォルダー比較で行をクリックし、下部のファイル比較でその行のファイルを比較します。参照:Windows
アーカイブ ファイルのサポート† StandardProfessional さまざまなアーカイブ形式(.zip.tar など)をフォルダーと同様の扱いで比較します。アーカイブの内容とフォルダーを比較して、内容を検証したり、アーカイブが作成された以降にどのファイルが変更されたかを確認したりします。参照:Windows
オートメーション API†StandardProfessional Merge をほかのアプリケーションから制御したり、ワークフローに組み込むことができます。参照:Windows
AppleScript API‡StandardProfessional Merge をほかのアプリケーションから制御したり、ワークフローに組み込むことができます。参照:macOS
仮想ファイル システム(VFS)API†StandardProfessional サード パーティによって Merge を拡張し、構成管理やバージョン制御リポジトリなどを直接参照できるようにします。参照:Windows
Subversion の VFS プラグインStandardProfessional Merge に Subversion リポジトリのファイルとフォルダーへの読み取り専用アクセスを与えます。Merge フォルダー比較を使用して、Subversion クライアント ワークスペースとディポを比較することができます。参照:Windows, macOS
Perforce の VFS プラグインStandardProfessional Merge に Perforce ディポのファイルとフォルダーへの読み取り専用アクセスを与えます。Merge フォルダー比較を使用して、Perforce クライアント ワークスペースをディポと比較することができます。あるいは、異なるブランチ(または異なる時点の同じブランチ)を直接比較することもできます。参照:Windows, macOS
VFS FTP プラグイン†StandardProfessional Merge が FTP サーバー上のファイルとフォルダーにアクセスできるようにします。たとえば、メイン サイトが FTP サーバーを実行しているなら、ウェブサイトのコンテンツとローカルのコンテンツのコピーを同期させるために Merge を使用できます。参照:Windows
HTML および XML 形式のレポートStandardProfessional アーカイブ、配布またはほかのアプリケーションへのエクスポートのためのフォルダー比較レポートを作成します。フォルダー比較レポートには、オプションでフォルダー比較に含まれるファイル比較の一部または全部を含めることができます。したがって、フォルダー比較に含まれるすべてのファイルの相違を完全に記録するレポートを 1 回の操作で作成することが可能です。これは特に、コードのレビューおよびコードの監査で役立ちます。参照:Windows, macOS
ブックマークおよびコメントStandardProfessional 注目すべき点をマークします。シングル ファイル アーカイブとして保存し、確認するほかのチーム メンバーに電子メールで送信する前に、コメントと質問によって比較に注釈を付けます。参照:Windows, macOS
シングル ファイル比較アーカイブStandardProfessional アーカイブのため、または後で別のマシンでも確認するために比較を単一のファイルに保存します。保存されたフォルダー比較には作成済みのブックマークと関連するコメントが含まれるので、確認のためにほかのチーム メンバーに電子メールで送信する前に、質問とコメントによって比較に注釈を付けることが可能です。参照:Windows, macOS
比較統計ウィンドウStandardProfessional 現在の比較の概要を表示します。参照:Windows, macOS
フォルダーの同期化StandardProfessional 一方のフォルダー階層から他方(または全く別の場所)へファイルをコピーするか、変更されたファイルのファイル比較を実行することにより、フォルダー階層間の相違を調整します。ソース コード、ウェブ ページまたはその他のテキスト ファイルのセット全体または分岐した一部分を効率的に処理します。互いに同期化を行っても、異なるマシン(たとえば、デスクトップとラップトップ)のフォルダー階層は保持されます。参照:Windows, macOS
自動フォルダー マージ Professional フォルダー階層全体の 2 つの更新されたリビジョンにおける変更を共通の親フォルダー(またはほかのフォルダー階層)へすばやく安全にマージします。後の手作業での処理のために、不一致変更のあるファイルにはフラグが付けられます。参照:Windows, macOS
統合されたファイル比較StandardProfessional フォルダー階層間だけでなく、選択したファイルのファイル比較ウィンドウを実行することにより、対応するファイル内での相違を識別して調整します。参照:Windows, macOS
印刷のサポートStandardProfessional 参照または監査用に、比較のハード コピー(または Acrobat Distiller を使用した、macOS または Windows の PDF ファイル)を作成します。比較の印刷物には、画面上に表示されたすべての強調表示が含まれます。用紙節約のため、変更を含むページのみを印刷することを選択できます。参照:Windows, macOS
印刷プレビューStandardProfessional 比較の印刷状態を用紙に出力する前に見ることができます。参照:Windows, macOS
表示フィルターStandardProfessional 定義した条件に合う目的のファイルとフォルダーのみを表示します。参照:Windows, macOS
選択フィルターStandardProfessional 定義した条件に合う目的のファイルとフォルダーを選択します。ファイル マージまたはフォルダー同期化で複雑なファイルのセットの選択ができるようにします。参照:Windows, macOS
完全比較オプションStandardProfessional ファイル比較に定義した条件(空白の意味、行終端の操作など)を使用してフォルダー階層内の対応するファイルを比較します。参照:Windows, macOS
バイト単位比較オプションStandardProfessional フォルダー比較で一定のサイズを超えるファイルがある場合には、実行速度が速くメモリ効率の良いバイトごとの比較アルゴリズムを使用してフォルダー階層内の対応するファイル比較を行うことにより、フォルダー比較の実行速度を上げます。参照:Windows, macOS
クイック比較オプションStandardProfessional 対応するファイルのサイズとタイムスタンプのみを使用してフォルダー比較を非常にすばやく行うことにより時間を節約します。参照:Windows, macOS
フォントと色のカスタマイズStandardProfessional 好みや要求に応じて表現のスタイルを変更します。参照:Windows, macOS
印刷のヘッダーおよびフッターのカスタマイズStandardProfessional 必要に応じ、印刷ページのヘッダーとフッターを設定します。参照:Windows, macOS
フォルダーのドラッグ アンド ドロップStandardProfessional 比較するフォルダーを Windows エクスプローラーまたは macOS Finder からドラッグして選択します。参照:Windows, macOS
ツールバーまたはリボン†StandardProfessional 頻繁に使用するコマンドに簡単にアクセスします。参照:Windows, macOS

Windows でのみ利用可能な機能 • ‡ macOS でのみ利用可能な機能

その他の機能

機能エディション利点
日本語版と英語版StandardProfessional 英語と日本語の両方に完全にローカライズされたユーザー インターフェイスおよびドキュメントで動作します。
包括的なドキュメントStandardProfessional 適切なドキュメントをすばやく見つけることができます。すべてのドキュメントは、オフラインでアクセスしたい方のために、ダウンロード可能なアーカイブとして、Araxis ウェブサイトから入手可能です。参照:Windows, macOS
完全な状況依存ヘルプStandardProfessional 製品全体にわたって、特定のヘルプを簡単に見つけることができます。状況依存ヘルプはメインのドキュメントに密に統合されており、特定のトピックに関連して読むことができるようにしています。参照:Windows, macOS
インストール/アンインストールのサポートStandardProfessional お使いのマシンから Merge を容易にインストールおよびアンインストールできます。参照:Windows, macOS
カスタマイズ可能なツールバー‡StandardProfessional ツールバーのボタンを必要なものだけにして整理します。参照:macOS

macOS でのみ利用可能な機能

2 つのエディション:StandardProfessional。多くの利点。

Standard Edition は主に個人での使用を目的としています。Professional Edition はチームに適しています。

このページの表は、2 つのエディションの主な機能をまとめたものです。