リボンを最大限に利用

ここでは Marge リボン ユーザー インターフェイスを最大限に活用する方法について説明します。

Information 旧式の Merge ユーザー インターフェイスに慣れていらっしゃる場合は、最初、リボンに少々戸惑われるかもしれません。しかし、リボンに慣れるに従って、その不安はすぐに解消されるでしょう。

背景

最新の Windows バージョン(たとえば Windows 8、Windows 7 や、プラットフォームの更新プログラムがインストールされた Windows Vista)は、リボン ユーザー インターフェイス スタイルをサポートしています。Microsoft はこれを Office 2007 で初めて導入しました。

従来のメニューやツールバーを使うよりも、Merge リボン インターフェイスの方が Merge の機能を見つけやすく、使いやすくなります。多くの機能がすぐに使用でき、多くのリボン項目は、それぞれの項目を識別することをより容易にして、ラベル付けされています。

テキスト比較用の Merge リボンを以下に示します。

リボン ユーザー インターフェイスを示すスクリーンショット

Information テキスト比較タブの左側にある濃い青のボタンは、ファイルメニューです。ただし Windows Vista と Windows 7 ではそのようなラベルはありません。

もう 1 つ、Merge リボン インターフェイスが旧式のツールバーよりも優れている点は、現行の比較のタイプに関連するコマンドだけが表示されるということです。

この記事の残り部分では、生産性を向上させるのに役立ついくつかのリボン機能について説明します。

新しい比較へのクイック アクセス

メインの Merge ウィンドウにはクイック アクセス ツールバーがあります。このツールバーには、マウスのシングル クリックで新しいテキスト、イメージ、バイナリ、またはフォルダー比較を作成できるアイコンが含まれています。

リボン クイック アクセス ツールバーを示すスクリーンショット

リボンの内容は、選択した比較のタイプに合わせて自動的に変わります。

ボタンとドロップダウン メニューを兼ね備えたリボン項目

テキスト比較リボン タブに含まれる 新規テキスト比較 検索 などの一部のリボン項目は、ボタンでもありドロップダウン メニューでもあります。

そのような項目のアイコンをクリックした場合は、テキスト ラベルで示される操作が実行されます。しかし、下向きの小さな三角形をクリックした場合は、ほかの操作を選択できるメニューが表示されます。

Merge のリボン ユーザー インターフェイスに慣れていくには、これらのドロップダウン メニューを忘れずによく調べてください。

下図は、検索 項目に関連付けられているドロップダウン メニューを示しています。

検索項目に関連付けられているドロップダウン メニューを示すスクリーンショット

リボンを最小化して場所を節約する

リボンを最小化して表示場所を節約することができます。Windows 8 上でリボンを最小化するには、メイン アプリケーション ウィンドウの右上隅のちょうどヘルプ アイコンの左にある矢印を使用します。これ以外の場合は、下のスクリーンショットに示すメニュー項目を選択します。

リボンを最小化する方法を示すスクリーンショット

最小化すると、通常、コンテンツ リボンは表示されません。リボン タブ名をクリックしたときのみ表示されます。次の図は、リボンを最小化したときの Merge の外観です。

リボンを最小化した Merge を示すスクリーンショット

最小化した場合、リボンは Windows XP 上のメニューとツールバーよりもはるかに少ない場所しか占めません。

キーボードによるリボンの制御

Merge では、キーボードのみを使用してリボン内の項目を選択できます。もちろん、既にご存じのファイル比較およびフォルダー比較のキーボード ショートカット(メニュー項目から選択する以外)も引き続きサポートされます。

特定の操作について常にキーボードを使用される場合は、該当するキー シーケンスを覚えることから始めましょう。覚えてしまえば、マウスだけを使用した場合よりもはるかに迅速に Merge を制御できます。

リボンでは、該当するキー シーケンスを非常に簡単に見つけ出せます。たとえば、Merge に付属するサンプルのテキスト ファイルを 2 者間のテキスト比較で開いてみます(開き方については、テキスト ファイル(または、入力/貼り付けしたテキスト)の比較を参照してください)。

次に、Alt キーを押してから離します。そうすると、次に押すことのできるキーを示す注釈がリボンに付けられます。

キーを使用して注釈付きのリボンを示すスクリーンショット

即座に次のことがわかります。

  • F キーを押すと、リボンのファイル メニューが選択されます。
  • C キーを押すと、リボンのテキスト比較タブが選択されます(‘Comparison’(比較)の ‘C’ と考えます)。
  • 123 または 4 を押すと、それぞれ新しいテキスト比較、バイナリ比較、イメージ比較、フォルダー比較が作成されます。
  • Y キーを押すと、オンライン ヘルプが表示されます。

C キーを押して、テキスト比較タブを選択してみましょう。タブに含まれるすべてのコントロールに注釈が付けられます。

キーを使用して注釈付きのリボンを示すスクリーンショット

Information 間違ったキーを押した場合は、Esc キーを押してそのキーストロークを取り消すことができます。

コントロールによっては 2 文字の注釈が付けられています。B を押します(‘Bookmark’(ブックマーク)の ‘B’ – キーの多くは記憶を助ける文字になっています)。今度は、B で始まる 2 文字のコントロールがすべて強調表示されました。

キーを使用して注釈付きのリボンを示すスクリーンショット

T (‘Toggle’(切り替え))を押します。ブックマークの切り替えコマンドがアクティブになります。

Information Alt の後に押すキーが既にわかっている場合は(この例では C)、Alt と同時に押してもかまいません。たとえば、Alt の後に C を続けて押す代わりに、Alt+C を(つまり、AltC を同時に)押すことができます。その場合には、残りのキーストロークを行う前に、AltC の両方を離す必要があります。

ウィンドウ幅へのリボンの適合

ツールバーとは異なり、リボンは Merge アプリケーション ウィンドウの幅に自身の幅を適合させます。ウィンドウの幅を広げると、この記事の最上部のスクリーンショットで見られるように、リボン上のすべての項目にラベルが付きます。ウィンドウの幅をいくらか狭めると、一部のラベルは消えます。

スクリーンショットは、中幅ウィンドウ内のリボンを示す

さらにウィンドウの幅を狭めると、リボンのグループの一部がポップアップ ボタンに変わります。

スクリーンショットは、狭いウィンドウ内のリボンを示す

Merge の Standard Edition のリボン

Merge ドキュメントに記載されているスクリーンショットはすべて、Professional Edition のリボンをお見せしています。Standard Edition のリボンはよく似ていますが、テキスト比較フォルダー比較リボン タグにあるマージグループに、Merge Professional にのみ関係する項目が含まれていない点が異なります。