起動

このページのコントロールを使用して、フォルダー比較ウィンドウからどのようにファイル比較を開くかを制御します。

ファイルが全く同一だった場合は自動的に閉じる

このオプションをオンにすると、比較ファイルに差異がない場合は新しく開いた比較ウィンドウを自動的に閉じます。このオプションは、方法オプション ページでファイルの内容(ファイル比較ルールを使用)オプションをオフにしている場合に役立ちます。

同時に最大 n の比較を開く

フォルダー比較機能が 1 回に開くことのできるビューの数を制限します。

開いている比較ウィンドウを検証し一部を閉じた場合、比較を実行 ボタンを再度クリックすれば、さらに別のファイル比較ウィンドウが(制限数まで)開きます。

次のサイズを超える比較を起動するときに警告する # KB

このオプションによって、サイズが大きく(そのため、実行速度が低下する)ファイル比較を不注意に実行させないようにすることができます。

フォルダー比較で 1 つ以上選択した行に対して 比較を実行 する場合、指定したサイズよりも大きいファイルの比較を開こうとすると確認が求められます。

ファイル比較付き 2 者間比較 または ファイル比較付き 3 者間比較 フォルダー比較を使用する場合は、ウィンドウの下方にあるファイル比較は、指定したサイズを超えない限り、選択した行のファイルで更新されます。選択した行のファイル サイズが、指定したサイズを超える場合は、通知が表示されます。この場合、そのファイル比較を手動で起動するには、選択したフォルダー比較をダブルクリックします。

フォルダー行をダブルクリックしたとき > フォルダーを展開/閉じる

このオプションをオンにすると、ダブルクリックしたときにフォルダー行の展開または折りたたみが行われます。

フォルダー行をダブルクリックしたとき > そのフォルダー用に新しいフォルダー比較を開く

このオプションをオンにすると、ダブルクリックした行に含まれるフォルダーの比較を新たに開くようにすることができます。