Encoding オブジェクト

このオブジェクトは、テキスト ファイルを開くまたは保存する際に使用できるエンコードを表します。Encoding オブジェクトは Encodings オブジェクトによって作成されます。

プロパティ

Codepage読み取り専用IEncoding

エンコードで表される Windows コードページ。UCS-2LE は 1200、UCS2-BE は 1201、および EUC-JP は 51932 です。

IDL [propget] HRESULT Codepage([out, retval] long* pValue)
.NET Int32 Codepage[get]

LittleEndian読み取り専用IEncoding

エンコード オブジェクトがリトル エンディアン UCS-2 を表しているかどうかを指定します。

IDL [propget] HRESULT LittleEndian([out, retval] VARIANT_BOOL* pValue)
.NET Boolean LittleEndian[get]

Name読み取り専用IEncoding

エンコードの内容を示す名前。

IDL [propget] HRESULT Name([out, retval] BSTR* pValue)
.NET String Name[get]

PersistentName読み取り専用IEncoding

エンコードの永続的な名前。これは csDefaultEncoding 基本設定文字列で使用されます。

IDL [propget] HRESULT PersistentName([out, retval] BSTR* pValue)
.NET String PersistentName[get]

UsesByteOrderMarker読み取り専用IEncoding

エンコードを使って保存されたファイルの先頭にバイト順マークを書き込むかどうかを指定します。

IDL [propget] HRESULT UsesByteOrderMarker([out, retval] VARIANT_BOOL* pValue)
.NET Boolean UsesByteOrderMarker[get]