ファイルを URL に保存する

このウィンドウでは、ファイルを保存する URL を選択します。

URL

保存するファイルの URL を入力します。ドロップダウン リストから最近使用した URL を選択することもできます。

URL 説明
C:\path\example.txt ローカル Windows のパスを指定できます。
\\some-host\share\path\file.txt UNC パスを使用してネットワーク共有上のファイルを指定できます。この例では共有 \\some-host\share\path\ 上のファイル file.txt を指定しています。
ftp://ftp.example.com/notepad/notepad.cpp FTP サーバー上のファイルを指定できます。この例では、FTP サーバー ftp.example.com にあるファイル notepad/notepad.cpp を指定しています。URL にユーザー名とパスワードがないということは、資格情報オプション ページでサーバー用に設定したユーザー名とパスワードを使用することを意味します。FTP サーバーへ匿名でアクセスする場合は、資格情報ページでユーザー名を anonymous とし、ご自身の電子メール アドレスをパスワードとするエントリを作成します。詳細については、FTP ファイル システム プラグインを参照してください。

行終端文字

保存したファイルの行終端に適用する形式を選択します。通常、MSDOS ファイルおよび Windows ファイルの終端は CR LF になります。また UNIX ファイルは LF、Macintosh ファイルは CR になります。ファイル内に行終端文字が混在しており、それらを保持させたい場合は、維持オプションを選択してください。これにより、元の(および変更された)行終端を使用してファイルが保存されます。

エンコード

お使いのコンピューターがサポートしているすべての文字エンコードが表示されます。アクティブ ファイルで現在使われている文字エンコードの先頭にはアスタリスク(*)が付けられます。

言語

言語の ANSI コードページを使用する場合はこのオプションを選択します。上のリストには言語と国順に並んだコードページが表示されます。

コードページ

特定のコードページ番号を選択する場合はこのオプションを選択します。上のリストには番号順に並んだコードページが表示されます。