Filters オブジェクト

このオブジェクトは、フォルダー比較にどのファイルとフォルダーを含めるかを指定する際にフォルダー比較ウィンドウで使用することができる、フィルターのコレクションを表します。コレクションの最初のフィルターは常にアクティブなフィルターで、残りのフィルターはオプション ダイアログのフィルター ページで選択または表示可能です。

プロパティ

Count読み取り専用IFilters

コレクション内のフィルターの数。少なくとも 1 つのフィルターが常に存在します。

IDL [propget] HRESULT Count([out, retval] long* pValue)
.NET Int32 Count[get]
VB6 Count As Long

Item読み取り専用IFilters

フィルター コレクション内のフィルターのコピーを取得するために使用します。

IDL [propget] HRESULT Item(
    [in] VARIANT index,
    [out, retval] IFilter** pValue)
.NET Filter get_Item(
    Object index)
VB6 Item(
    index As Variant) As Filter
  • index
    コレクションへの整数のインデックス、またはフィルターの名前。

メソッド

MakeActiveIFilters

指定されたインデックスにあるフィルターをアクティブ フィルターにします。このフィルターは、フィルター コレクションの先頭に移動されます。

IDL HRESULT MakeActive(
    [in] long index)
.NET void MakeActive(
    Int32 index)
VB6 MakeActive(
    index As Long)
  • index
    アクティブにするフィルターのインデックスを指定します。

RemoveIFilters

指定されたインデックスにあるフィルターを削除します。コレクションの最後のフィルターが削除されると、あらゆるものに一致する単純なデフォルト フィルターがフィルター コレクションに自動的に追加されます。

IDL HRESULT Remove(
    [in] long index)
.NET void Remove(
    Int32 index)
VB6 Remove(
    index As Long)
  • index
    削除するフィルターのインデックスを指定します。

StoreIFilters

フィルター コレクションにフィルターのコピーを格納します。このメソッドは、コレクション内におけるフィルターのインデックスを返します。

IDL HRESULT Store(
    [in] IFilter* filter,
    [out, retval] long* pValue)
.NET Int32 Store(
    Filter filter)
VB6 Store(
    filter As Filter) As Long
  • filter
    フィルター コレクション内に格納されるフィルターを指定します。