構文の強調表示

Merge は、一般的に使用されるいくつかのプログラミング言語とテキスト ファイルの書式のための構文ベースの色分けを提供します。このページのコントロールを使用して、構文の強調表示を有効/無効にしたり、これらの言語とファイルの書式の構文要素のために使用される色をカスタマイズすることができます。

テキスト比較で構文を強調表示

このオプションをオンにすると、比較されたテキスト ファイル内で構文の強調表示が有効になります。

サポートされている言語

このコントロールには、構文強調表示をサポートする言語のリストが含まれています。もしその言語の構文要素のために使われた色を変更したい場合は、リストから言語を選択してください。選択された言語のための要素のリストが下にコントロールに現われます。

編集…

このボタンをクリックすると、汎用構文の強調表示に関連付けられる設定可能なファイル タイプの一覧が表示されます。これを使用して、サポートされる言語一覧に挙げられていないファイル タイプへのサポートを追加することができます。

選択された言語用の構文要素

このコントロールには、上記の言語リストで選択された言語の構文要素の彩色リストが含まれます。色を編集するには要素をダブルクリックするか、要素を選択して、そして下部のドロップダウン カラーパレットから色を選択します。

選択された要素のための色

上記のリストで選択された言語要素と結び付けられる色を変更するには、このボタンをクリックしてください。