TextComparison オブジェクト

このオブジェクトは、テキスト ファイル比較ウィンドウを表します。必ずしも画面にウィンドウを表示する必要はありませんが、クライアントにファイル比較サービスを実行したり、ファイル比較画面をユーザーに提示したりする場合に、このウィンドウを利用できます。

このオブジェクトが公開するメソッドとプロパティを使って、テキスト ファイルの比較、結果の抽出、テキスト ファイル比較ウィンドウの外観の変更を行います。

プロパティ

Active読み取り/書き込みICommonUI

比較ウィンドウのアクティブ状態。

IDL [propget] HRESULT Active([out, retval] VARIANT_BOOL* pValue)
[propput] HRESULT Active([in] VARIANT_BOOL newValue)
.NET Boolean Active[get, set]
VB6 Active As Boolean

AllUnresolvedConflicts読み取り専用IFileComparison

すべての比較ファイルの中にある未解決の不一致の数を提供します。

IDL [propget] HRESULT AllUnresolvedConflicts([out, retval] long* pValue)
.NET Int32 AllUnresolvedConflicts[get]
VB6 AllUnresolvedConflicts As Long

AutoSaveOnClose読み取り/書き込みIFileComparison

Merge が閉じられるときに変更されたファイルが未保存の場合、通常、Merge はユーザーにこれらのファイルを保存するかどうかを尋ねます。これは PromptForUnsavedFilesfalse に設定されていない場合に限ります。設定されている場合は、未保存ファイルが破棄されます。ただし、AutoSaveOnClosetrue に設定されている場合、Merge はユーザーに尋ねることなく未保存ファイルを自動的に保存します。この機能は、Merge をほかのアプリケーションと統合する場合に便利です。

IDL [propget] HRESULT AutoSaveOnClose([out, retval] VARIANT_BOOL* pValue)
[propput] HRESULT AutoSaveOnClose([in] VARIANT_BOOL newValue)
.NET Boolean AutoSaveOnClose[get, set]
VB6 AutoSaveOnClose As Boolean

ChangeLength読み取り専用ITextComparison

変更の行数。

IDL [propget] HRESULT ChangeLength(
    [in] long nChange,
    [in] long nSide,
    [in, optional] VARIANT nFilePair,
    [out, retval] long* pValue)
.NET Int32 get_ChangeLength(
    Int32 nChange,
    Int32 nSide,
    Object nFilePair)
VB6 ChangeLength(
    nChange As Long,
    nSide As Long
    [, nFilePair As Variant]) As Long
  • nChange
    含まれている行数を求める変更(0 ベース)を指定します。この値は 0 から NumberOfChanges-1 の範囲になります。
  • nSide
    変更の左側(0)または右側(1)を指定します。
  • nFilePair オプション
    ファイル 0 と 1 の結果を返すか(nFilePair = 0、デフォルトの場合)、ファイル 1 と 2 の結果を返すか(nFilePair = 1 の場合)を指定します。

ChangeStartLine読み取り専用ITextComparison

変更の開始行(0 ベース)。

IDL [propget] HRESULT ChangeStartLine(
    [in] long nChange,
    [in] long nSide,
    [in, optional] VARIANT nFilePair,
    [out, retval] long* pValue)
.NET Int32 get_ChangeStartLine(
    Int32 nChange,
    Int32 nSide,
    Object nFilePair)
VB6 ChangeStartLine(
    nChange As Long,
    nSide As Long
    [, nFilePair As Variant]) As Long
  • nChange
    開始行を求める変更(0 ベース)を指定します。この値は 0 から NumberOfChanges-1 の範囲になります。
  • nSide
    変更の左側(0)または右側(1)を指定します。
  • nFilePair オプション
    ファイル 0 と 1 の結果を返すか(nFilePair = 0、デフォルトの場合)、ファイル 1 と 2 の結果を返すか(nFilePair = 1 の場合)を指定します。

ChangeType読み取り専用ITextComparison

変更のタイプ。変更は、挿入行、削除行、変更行、未変更行を表します。

IDL [propget] HRESULT ChangeType(
    [in] long nChange,
    [in, optional] VARIANT nFilePair,
    [out, retval] ChangeStyle* pValue)
.NET ChangeStyle get_ChangeType(
    Int32 nChange,
    Object nFilePair)
VB6 ChangeType(
    nChange As Long
    [, nFilePair As Variant]) As ChangeStyle
  • nChange
    タイプを求める変更(0 ベース)を指定します。この値は 0 から NumberOfChanges-1 の範囲になります。
  • nFilePair オプション
    ファイル 0 と 1 の結果を返すか(nFilePair = 0、デフォルトの場合)、ファイル 1 と 2 の結果を返すか(nFilePair = 1 の場合)を指定します。

ComparisonError読み取り専用IFileComparison

Compare メソッドで発生したエラー(ある場合)。

IDL [propget] HRESULT ComparisonError(
    [in, optional] VARIANT nFilePair,
    [out, retval] FileComparisonError* pValue)
.NET FileComparisonError get_ComparisonError(
    Object nFilePair)
VB6 ComparisonError(
    [nFilePair As Variant]) As FileComparisonError
  • nFilePair オプション
    ファイル 0 と 1 の結果を返すか(nFilePair = 0、デフォルトの場合)、ファイル 1 と 2 の結果を返すか(nFilePair = 1 の場合)を指定します。

ComparisonResult読み取り専用IFileComparison

Compare メソッドで実行された比較の結果(fcrSamefcrDifferentfcrError)。

IDL [propget] HRESULT ComparisonResult(
    [in, optional] VARIANT nFilePair,
    [out, retval] FileComparisonResult* pValue)
.NET FileComparisonResult get_ComparisonResult(
    Object nFilePair)
VB6 ComparisonResult(
    [nFilePair As Variant]) As FileComparisonResult
  • nFilePair オプション
    ファイル 0 と 1 の結果を返すか(nFilePair = 0、デフォルトの場合)、ファイル 1 と 2 の結果を返すか(nFilePair = 1 の場合)を指定します。

ErrorInfo読み取り/書き込みIFileComparison

ファイルの 1 つを読み込み/比較している間に発生したエラーに関する詳細情報を提供します。nFile-1 の場合、3 つのファイルすべてに適用されるエラー(メモリ不足エラーなど)が返されます。

IDL [propget] HRESULT ErrorInfo(
    [in] short nFile,
    [out, retval] BSTR* pValue)
[propput] HRESULT ErrorInfo(
    [in] short nFile,
    [in] BSTR newValue)
.NET String get_ErrorInfo(
    Int16 nFile)
void set_ErrorInfo(
    Int16 nFile, String newValue)
VB6 ErrorInfo(
    nFile As Integer) As String
  • nFile
    エラー情報を取得するファイル(0、1、または 2)。値を -1 にすると、すべてのファイルを示すことができます。

FileContent読み取り/書き込みITextComparison

ファイル パネルの内容の設定、取得、あるいは検索を可能にします。

IDL [propget] HRESULT FileContent(
    [in] short nFile,
    [out, retval] BSTR* pValue)
[propput] HRESULT FileContent(
    [in] short nFile,
    [in] BSTR newValue)
.NET String get_FileContent(
    Int16 nFile)
void set_FileContent(
    Int16 nFile, String newValue)
VB6 FileContent(
    nFile As Integer) As String
  • nFile
    行を含んでいるファイル(0、1、または 2)を指定します。

FullLineData読み取り専用ITextComparison

ファイルの 1 つにある行の内容。内容には CRLF の行終端文字が含まれます。

IDL [propget] HRESULT FullLineData(
    [in] long nLine,
    [in] short nFile,
    [out, retval] BSTR* pValue)
.NET String get_FullLineData(
    Int32 nLine,
    Int16 nFile)
VB6 FullLineData(
    nLine As Long,
    nFile As Integer) As String
  • nLine
    データを求める行(0 ベース)を指定します。
  • nFile
    行を含んでいるファイル(0、1、または 2)を指定します。

FullLineLength読み取り専用ITextComparison

ファイルの 1 つにある行の長さ。長さには CRLF の行終端文字が含まれます。

IDL [propget] HRESULT FullLineLength(
    [in] long nLine,
    [in] short nFile,
    [out, retval] long* pValue)
.NET Int32 get_FullLineLength(
    Int32 nLine,
    Int16 nFile)
VB6 FullLineLength(
    nLine As Long,
    nFile As Integer) As Long
  • nLine
    長さを求める行(0 ベース)を指定します。
  • nFile
    行を含んでいるファイル(0、1、または 2)を指定します。

Height読み取り/書き込みICommonUI

比較ウィンドウの高さ(ピクセル)。

IDL [propget] HRESULT Height([out, retval] long* pValue)
[propput] HRESULT Height([in] long newValue)
.NET Int32 Height[get, set]
VB6 Height As Long

Left読み取り/書き込みICommonUI

比較ウィンドウの左端のピクセル座標の位置。

IDL [propget] HRESULT Left([out, retval] long* pValue)
[propput] HRESULT Left([in] long newValue)
.NET Int32 Left[get, set]
VB6 Left As Long

LineData読み取り専用ITextComparison

ファイルの 1 つにある行の内容。内容には CRLF の行終端文字は含まれません。

IDL [propget] HRESULT LineData(
    [in] long nLine,
    [in] short nFile,
    [out, retval] BSTR* pValue)
.NET String get_LineData(
    Int32 nLine,
    Int16 nFile)
VB6 LineData(
    nLine As Long,
    nFile As Integer) As String
  • nLine
    データを求める行(0 ベース)を指定します。
  • nFile
    行を含んでいるファイル(0、1、または 2)を指定します。

LineLength読み取り専用ITextComparison

ファイルの 1 つにある行の長さ。長さには CRLF の行終端文字は含まれません。

IDL [propget] HRESULT LineLength(
    [in] long nLine,
    [in] short nFile,
    [out, retval] long* pValue)
.NET Int32 get_LineLength(
    Int32 nLine,
    Int16 nFile)
VB6 LineLength(
    nLine As Long,
    nFile As Integer) As Long
  • nLine
    長さを求める行(0 ベース)を指定します。
  • nFile
    行を含んでいるファイル(0、1、または 2)を指定します。

Maximized読み取り/書き込みICommonUI

比較ウィンドウの最大化状態。

IDL [propget] HRESULT Maximized([out, retval] VARIANT_BOOL* pValue)
[propput] HRESULT Maximized([in] VARIANT_BOOL newValue)
.NET Boolean Maximized[get, set]
VB6 Maximized As Boolean

Minimized読み取り/書き込みICommonUI

比較ウィンドウの最小化状態。

IDL [propget] HRESULT Minimized([out, retval] VARIANT_BOOL* pValue)
[propput] HRESULT Minimized([in] VARIANT_BOOL newValue)
.NET Boolean Minimized[get, set]
VB6 Minimized As Boolean

Modified読み取り/書き込みIFileComparison

ファイルの修正状態の設定または取得を可能にします。

IDL [propget] HRESULT Modified(
    [in] short nFile,
    [out, retval] VARIANT_BOOL* pValue)
[propput] HRESULT Modified(
    [in] short nFile,
    [in] VARIANT_BOOL newValue)
.NET Boolean get_Modified(
    Int16 nFile)
void set_Modified(
    Int16 nFile, Boolean newValue)
VB6 Modified(
    nFile As Integer) As Boolean
  • nFile
    修正状態を取得/設定するファイル(0、1、または 2)。

NumberOfChanges読み取り専用IFileComparison

2 つのファイル間の変更数。このプロパティと ChangeTypeChangeStartLine、および ChangeLength プロパティを使用して、比較ファイル間の変更を繰り返し処理します。変更のセットには、削除/挿入/変更ブロック行のほかに未変更のブロック行も含まれることに留意してください。

IDL [propget] HRESULT NumberOfChanges(
    [in, optional] VARIANT nFilePair,
    [out, retval] long* pValue)
.NET Int32 get_NumberOfChanges(
    Object nFilePair)
VB6 NumberOfChanges(
    [nFilePair As Variant]) As Long
  • nFilePair オプション
    ファイル 0 と 1 の結果を返すか(nFilePair = 0、デフォルトの場合)、ファイル 1 と 2 の結果を返すか(nFilePair = 1 の場合)を指定します。

NumberOfLines読み取り専用ITextComparison

比較ファイルのうちの 1 つの行数。

IDL [propget] HRESULT NumberOfLines(
    [in] short nFile,
    [out, retval] short* pValue)
.NET Int16 get_NumberOfLines(
    Int16 nFile)
VB6 NumberOfLines(
    nFile As Integer) As Integer
  • nFile
    対象のファイルを指定します(第 1、第 2、第 3 ファイルに対してそれぞれ 0、1、または 2)。

PromptForUnsavedFiles読み取り/書き込みIFileComparison

修正されたファイルを含んでいるファイル比較ウィンドウが閉じられる場合、通常、Merge はそれらのファイルを保存する機会を提供します。このプロパティを false に設定すると、[’修正ファイルの保存]ウィンドウは表示されなくなります。AutoSaveOnClose プロパティも参照してください。

IDL [propget] HRESULT PromptForUnsavedFiles([out, retval] VARIANT_BOOL* pValue)
[propput] HRESULT PromptForUnsavedFiles([in] VARIANT_BOOL newValue)
.NET Boolean PromptForUnsavedFiles[get, set]
VB6 PromptForUnsavedFiles As Boolean

ReadOnly読み取り/書き込みIFileComparison

ファイルの読み取り専用状態の設定または取得を可能にします。

IDL [propget] HRESULT ReadOnly(
    [in] short nFile,
    [out, retval] VARIANT_BOOL* pValue)
[propput] HRESULT ReadOnly(
    [in] short nFile,
    [in] VARIANT_BOOL newValue)
.NET Boolean get_ReadOnly(
    Int16 nFile)
void set_ReadOnly(
    Int16 nFile, Boolean newValue)
VB6 ReadOnly(
    nFile As Integer) As Boolean
  • nFile
    読み取り専用状態を取得/設定するファイル(0、1、または 2)。

SaveFileName読み取り/書き込みIFileComparison

テキスト比較ウィンドウで変更を保存(Ctrl+S または[上書き保存]コマンドを使用)するときに使うファイル名。

IDL [propget] HRESULT SaveFileName([out, retval] BSTR* pValue)
[propput] HRESULT SaveFileName([in] BSTR newValue)
.NET String SaveFileName[get, set]
VB6 SaveFileName As String

ThreeWayMergeActions読み取り専用IFileComparison

1 番目と 3 番目のファイルの変更を中央の親ファイルへマージするために実行する必要があるアクションのコレクションを取得します。

IDL [propget] HRESULT ThreeWayMergeActions([out, retval] IThreeWayMergeActions** pValue)
.NET ThreeWayMergeActions ThreeWayMergeActions[get]
VB6 ThreeWayMergeActions As ThreeWayMergeActions

Top読み取り/書き込みICommonUI

比較ウィンドウの上端のピクセル座標の位置。

IDL [propget] HRESULT Top([out, retval] long* pValue)
[propput] HRESULT Top([in] long newValue)
.NET Int32 Top[get, set]
VB6 Top As Long

UnresolvedConflicts読み取り専用IFileComparison

比較ファイルの 1 つの中にある未解決の不一致の数を提供します。

IDL [propget] HRESULT UnresolvedConflicts(
    [in] short nFile,
    [out, retval] long* pValue)
.NET Int32 get_UnresolvedConflicts(
    Int16 nFile)
VB6 UnresolvedConflicts(
    nFile As Integer) As Long
  • nFile
    未解決の不一致をチェックする必要のあるファイル(0、1、または 2)を指定します。

ViewType読み取り/書き込みIComparison

比較タイプ(2 者間または 3 者間レイアウト)。

IDL [propget] HRESULT ViewType([out, retval] FileViewType* pValue)
[propput] HRESULT ViewType([in] FileViewType newValue)
.NET FileViewType ViewType[get, set]
VB6 ViewType As FileViewType

Visible読み取り/書き込みICommonUI

比較ウィンドウの表示状態。

IDL [propget] HRESULT Visible([out, retval] VARIANT_BOOL* pValue)
[propput] HRESULT Visible([in] VARIANT_BOOL newValue)
.NET Boolean Visible[get, set]
VB6 Visible As Boolean

Width読み取り/書き込みICommonUI

比較ウィンドウの幅(ピクセル)。

IDL [propget] HRESULT Width([out, retval] long* pValue)
[propput] HRESULT Width([in] long newValue)
.NET Int32 Width[get, set]
VB6 Width As Long

メソッド

CloseICommonUI

比較ウィンドウを閉じます。

IDL HRESULT Close()
.NET void Close()
VB6 Close

CompareIComparison

2 つまたは 3 つのファイルを比較します。このメソッドは同期メソッドです。比較が完了して、エラーと結果を報告するときに ComparisonComplete イベントが発生します。

IDL HRESULT Compare(
    [in] VARIANT strFirstFile,
    [in] VARIANT strSecondFile,
    [in, optional] VARIANT strThirdFile)
.NET void Compare(
    Object strFirstFile,
    Object strSecondFile,
    Object strThirdFile)
VB6 Compare(
    strFirstFile As Variant,
    strSecondFile As Variant
    [, strThirdFile As Variant])
  • strFirstFile
    第 1 ファイルへの完全修飾パス。
  • strSecondFile
    第 2 ファイルへの完全修飾パス。
  • strThirdFile オプション
    第 3 ファイルへの完全修飾パス。

CompareAsyncIFileComparison

2 つまたは 3 つのファイルを比較します。このメソッドは非同期メソッドです(比較が完了する前に返されます)。比較が完了して、エラーと結果を報告するときに ComparisonComplete イベントが発生します。

IDL HRESULT CompareAsync(
    [in] VARIANT strFirstFile,
    [in] VARIANT strSecondFile,
    [in, optional] VARIANT strThirdFile)
.NET void CompareAsync(
    Object strFirstFile,
    Object strSecondFile,
    Object strThirdFile)
VB6 CompareAsync(
    strFirstFile As Variant,
    strSecondFile As Variant
    [, strThirdFile As Variant])
  • strFirstFile
    第 1 ファイルへの完全修飾パス。
  • strSecondFile
    第 2 ファイルへの完全修飾パス。
  • strThirdFile オプション
    第 3 ファイルへの完全修飾パス。

CompareAsyncWithEncodingITextComparison2

ファイルを読み込む際、指定されたエンコードを使用して、2 つまたは 3 つのファイルを比較します。このメソッドは非同期メソッドです(比較が完了する前に返されます)。比較が完了して、エラーと結果を報告するときに ComparisonComplete イベントが発生します。

IDL HRESULT CompareAsyncWithEncoding(
    [in] VARIANT strFirstFile,
    [in] IEncoding* firstEncoding,
    [in] VARIANT strSecondFile,
    [in] IEncoding* secondEncoding,
    [in, optional] VARIANT strThirdFile,
    [in, optional] IEncoding* thirdEncoding)
.NET void CompareAsyncWithEncoding(
    Object strFirstFile,
    Encoding firstEncoding,
    Object strSecondFile,
    Encoding secondEncoding,
    Object strThirdFile,
    Encoding thirdEncoding)
VB6 CompareAsyncWithEncoding(
    strFirstFile As Variant,
    firstEncoding As Encoding,
    strSecondFile As Variant,
    secondEncoding As Encoding
    [, strThirdFile As Variant]
    [, thirdEncoding As Encoding])
  • strFirstFile
    第 1 ファイルへの完全修飾パス。
  • firstEncoding
    第 1 ファイルを読み込む際に使用するエンコード、またはデフォルトのエンコードを使用する場合は 0(null NULL)。
  • strSecondFile
    第 2 ファイルへの完全修飾パス。
  • secondEncoding
    第 2 ファイルを読み込む際に使用するエンコード、またはデフォルトのエンコードを使用する場合は 0(null NULL)。
  • strThirdFile オプション
    第 3 ファイルへの完全修飾パス。
  • thirdEncoding オプション
    第 3 ファイルを読み込む際に使用するエンコード、またはデフォルトのエンコードを使用する場合は 0(null NULL)。

CompareWithEncodingITextComparison2

ファイルを読み込む際、指定されたエンコードを使用して、2 つまたは 3 つのファイルを比較します。このメソッドは同期メソッドです。比較が完了して、エラーと結果を報告するときに ComparisonComplete イベントが発生します。

IDL HRESULT CompareWithEncoding(
    [in] VARIANT strFirstFile,
    [in] IEncoding* firstEncoding,
    [in] VARIANT strSecondFile,
    [in] IEncoding* secondEncoding,
    [in, optional] VARIANT strThirdFile,
    [in, optional] IEncoding* thirdEncoding)
.NET void CompareWithEncoding(
    Object strFirstFile,
    Encoding firstEncoding,
    Object strSecondFile,
    Encoding secondEncoding,
    Object strThirdFile,
    Encoding thirdEncoding)
VB6 CompareWithEncoding(
    strFirstFile As Variant,
    firstEncoding As Encoding,
    strSecondFile As Variant,
    secondEncoding As Encoding
    [, strThirdFile As Variant]
    [, thirdEncoding As Encoding])
  • strFirstFile
    第 1 ファイルへの完全修飾パス。
  • firstEncoding
    第 1 ファイルを読み込む際に使用するエンコード、またはデフォルトのエンコードを使用する場合は 0(null NULL)。
  • strSecondFile
    第 2 ファイルへの完全修飾パス。
  • secondEncoding
    第 2 ファイルを読み込む際に使用するエンコード、またはデフォルトのエンコードを使用する場合は 0(null NULL)。
  • strThirdFile オプション
    第 3 ファイルへの完全修飾パス。
  • thirdEncoding オプション
    第 3 ファイルを読み込む際に使用するエンコード、またはデフォルトのエンコードを使用する場合は 0(null NULL)。

GiveUserControlICommonUI

比較ウィンドウの起動から終了までをユーザーが制御できるようにします。未処理のオートメーション参照が解放されても、Merge は自動的に比較ウィンドウを閉じません。

IDL HRESULT GiveUserControl()
.NET void GiveUserControl()
VB6 GiveUserControl

PrintIComparison

ファイル比較を印刷します。

IDL HRESULT Print(
    [in] VARIANT_BOOL bShowPrinterDialog,
    [in] PageOrientation nOrientation)
.NET void Print(
    Boolean bShowPrinterDialog,
    PageOrientation nOrientation)
VB6 Print(
    bShowPrinterDialog As Boolean,
    nOrientation As PageOrientation)
  • bShowPrinterDialog
    デフォルトは false です。印刷を行う前に印刷ダイアログをユーザーに表示するかどうかを示します。
  • nOrientation
    デフォルトは poLandscape です。縦置き、横置きのどちらの向きで印刷するかを示します。

RefreshIComparison

ウィンドウに表示されているファイルを再度比較します。これにより、未保存の変更は破棄されます。

IDL HRESULT Refresh()
.NET void Refresh()
VB6 Refresh

ReportIComparison

ファイル比較のレポートを生成します。

IDL HRESULT Report(
    [in] BSTR bstrReporter,
    [in] LineEndingStyle nLineEndingStyle,
    [in] BSTR strOutputFile)
.NET void Report(
    String bstrReporter,
    LineEndingStyle nLineEndingStyle,
    String strOutputFile)
VB6 Report(
    bstrReporter As String,
    nLineEndingStyle As LineEndingStyle,
    strOutputFile As String)
  • bstrReporter
    レポートの生成に使用するレポーターのショート ネーム。有効なショート ネームは xmlhtmlhtmlslideshow、および diff です。すべてのレポーターで 3 者間比較レポートの生成がサポートされているわけではないことに留意してください。
  • nLineEndingStyle
    生成するレポート ファイルで使用する行終端のタイプ。
  • strOutputFile
    レポート用の出力ファイルの名前。レポーターが 2 つ以上のファイルを生成する場合、それらのファイルにはこの名前を基にした名前が付けられます。

Report2IComparison

ファイル比較のレポートを生成します。

IDL HRESULT Report2(
    [in] BSTR bstrReporter,
    [in] LineEndingStyle nLineEndingStyle,
    [in] VARIANT vtEncoding,
    [in] BSTR strOutputFile)
.NET void Report2(
    String bstrReporter,
    LineEndingStyle nLineEndingStyle,
    Object vtEncoding,
    String strOutputFile)
VB6 Report2(
    bstrReporter As String,
    nLineEndingStyle As LineEndingStyle,
    vtEncoding As Variant,
    strOutputFile As String)
  • bstrReporter
    レポートの生成に使用するレポーターのショート ネーム。有効なショート ネームは “xml”、“html”、“htmlslideshow” および “diff” です。すべてのレポーターで 3 者間比較レポートの生成がサポートされているわけではないことに留意してください。
  • nLineEndingStyle
    生成するレポート ファイルで使用する行終端のタイプ。
  • vtEncoding
    生成するレポートで使用する文字エンコード。コード ページ番号、または UCS2(Unicode UCS2)、UCS2-BE(Unicode UCS2 ビッグ エンディアン)、UTF8(Unicode UTF8 バイト順マーク付き)、UTF8-NOBOM(Unicode UTF8 バイト順マークなし)、UTF7(Unicode UTF7)のいずれか。
  • strOutputFile
    レポート用の出力ファイルの名前。レポーターが 2 つ以上のファイルを生成する場合、それらのファイルにはこの名前を基にした名前が付けられます。

RestoreICommonUI

比較ウィンドウを、最小化または最大化された状態から通常のサイズ変更可能な状態に戻します。

IDL HRESULT Restore()
.NET void Restore()
VB6 Restore

SaveComparisonIComparison

比較をファイルに保存します。ファイル名には .cmp7 拡張子を使用することをお勧めします。

IDL HRESULT SaveComparison(
    [in] BSTR filename)
.NET void SaveComparison(
    String filename)
VB6 SaveComparison(
    filename As String)
  • filename
    比較を保存するファイルの名前。

SaveFileIFileComparison

nFile パネルのファイルを保存します。strSaveTo 引数を使用すると、Merge は指定ファイルに対して名前を付けて保存を実行します。

IDL HRESULT SaveFile(
    [in] short nFile,
    [in, optional] VARIANT strSaveTo)
.NET void SaveFile(
    Int16 nFile,
    Object strSaveTo)
VB6 SaveFile(
    nFile As Integer
    [, strSaveTo As Variant])
  • nFile
    保存するファイル(0、1、または 2)。
  • strSaveTo オプション
    ファイルを保存するときに使用する任意のファイル名。

SaveFileAsIFileComparison

nFile パネルのファイルに新しい名前を付けて保存するようユーザーに指示するメッセージを表示します。

IDL HRESULT SaveFileAs(
    [in] short nFile)
.NET void SaveFileAs(
    Int16 nFile)
VB6 SaveFileAs(
    nFile As Integer)
  • nFile
    保存するファイル(0、1、または 2)。

SetPanelTitlesIComparison

ファイル パネルの上に表示するタイトルを設定します。

IDL HRESULT SetPanelTitles(
    [in] VARIANT strFirst,
    [in] VARIANT strSecond,
    [in, optional] VARIANT strThird)
.NET void SetPanelTitles(
    Object strFirst,
    Object strSecond,
    Object strThird)
VB6 SetPanelTitles(
    strFirst As Variant,
    strSecond As Variant
    [, strThird As Variant])
  • strFirst
    第 1 ファイル パネルのタイトル。
  • strSecond
    第 2 ファイル パネルのタイトル。
  • strThird オプション
    第 3 ファイル パネルのタイトル。

ThreeWayMergeIFileComparison

3 者間比較で 2 つの(左右)外側のファイルを中央にある共通の親ファイルにマージします。マージが返される間に発生したマージの不一致の数。

IDL HRESULT ThreeWayMerge([out, retval] long* pValue)
.NET Int32 ThreeWayMerge()
VB6 ThreeWayMerge As Long

イベント

CloseIFileComparisonEvents

ファイル比較ウィンドウはユーザーによって閉じられました。

IDL HRESULT Close()
.NET void Close()
VB6 Close

ComparisonCompleteIFileComparisonEvents

ファイル比較が完了したときに発生します。2 ファイル間での比較では、最初の 2 つの引数のみが定義されます。3 ファイル間での比較では、4 つすべての引数が定義されます。

IDL HRESULT ComparisonComplete(
    [in] FileComparisonError error1,
    [in] FileComparisonResult result1,
    [in, optional] FileComparisonError error2,
    [in, optional] FileComparisonResult result2)
.NET void ComparisonComplete(
    FileComparisonError error1,
    FileComparisonResult result1,
    FileComparisonError error2,
    FileComparisonResult result2)
VB6 ComparisonComplete(
    error1 As FileComparisonError,
    result1 As FileComparisonResult
    [, error2 As FileComparisonError]
    [, result2 As FileComparisonResult])
  • error1
    第 1 ファイルと第 2 ファイルの比較中に発生したエラー(ある場合)。
  • result1
    第 1 ファイルと第 2 ファイルとの比較の結果。
  • error2 オプション
    第 2 ファイルと第 3 ファイルの比較中に発生したエラー(ある場合)。
  • result2 オプション
    第 2 ファイルと第 3 ファイルとの比較の結果。