ファイル比較の起動

Merge のフォルダ比較ウインドウでは、対象のファイルの各行に対してテキストイメージ、またはバイナリ比較を起動することで、1 つのファイルの異なるバージョン内における変更箇所を確認およびマージすることができます。

ファイルへの変更を表示するには、まず対象のファイルを結果リスト内で選択します。次に 比較を実行 ツールバー ボタンをクリックします。また、アクション選択行の比較を実行 メニュー項目を選択した場合も同様です。ファイル比較ウインドウが開くので、各バージョンのファイル内の変更箇所を確認および調整することができます。

複数のファイル比較を開く

フォルダ比較結果リストで複数のファイルを選択してから 比較を実行 ボタンをクリックすれば、複数のファイル比較ウインドウを同時に開くことができます。また、アクション選択行の比較を実行 メニュー項目を選択した場合も同様です。フォルダ比較ウインドウで Cmd または Shift キーを押したままファイルをクリックすれば、複数のファイルを選択できます。

また、比較を実行 ツールバー ボタンをクリックする前に、変更されているすべてのファイルを選択するために、行選択 ツールバー ボタンをクリックして、変更箇所を選択を選択します。

開いているファイル比較ウインドウの数を制限する

極端に多くのウインドウが一度に開かれることを避けるために、フォルダ比較ウインドウから開くファイル比較ウインドウ数には制限が設定されています。この制限は環境設定ウインドウ起動ページのコントロールで調整することができます。

一般的な処理の流れは以下のとおりです。

  • 最初と 2 番目のフォルダ階層間で変更されているすべてのファイルを選択するには、行選択 ツールバー ボタンをクリックして、変更箇所を選択を選択します。
  • 選択した各ファイルのファイル比較ウインドウを開くには、比較を実行  ツールバー ボタンをクリックします。ファイル比較ウインドウが開いたファイルの選択は解除されます。
  • 開いた各ファイル比較ウインドウの内容を検証および(または)編集します。処理が終わったら、ファイル比較ウインドウを閉じます。
  • すべてのファイル比較ウインドウでの処理が完了したら、フォルダ比較ウインドウに戻ります。
  • 比較を実行 ツールバー ボタンを再度クリックします。リスト内でまだ選択されているファイルがある場合は、次にそれらのファイル比較ウインドウが開きます。

選択されているファイルがなくなるまで、上記の処理を繰り返してください。

ファイルの編集後にフォルダ比較を更新する

ファイルに対する変更が終わった後にフォルダ比較を更新するには、そのファイルを選択してから、選択範囲を再テスト ツールバー ボタンをクリックします。また、アクション選択行を再テスト メニュー項目を選択するか、Shift+Cmd+R キーを押すと更新できます。