環境設定

Merge の使い方はユーザによって異なるため、ユーザがそれぞれの環境に合わせて Merge を最適に設定するためのオプションが数多く用意されています。

環境設定 ウインドウを開くには、Araxis Merge環境設定… メニュー項目を選択するか、Cmd+, キーを押します。

ウインドウの最上部に並んでいるボタンによって、利用可能な環境設定がグループ分けされています。いずれかのボタンをクリックすると、そのグループに対応する環境設定が表示されます。

ボタンの下に現れるタブストリップは、現在選択されているボタンの環境設定グループに関連した種々の環境設定ページへのアクセスを提供します。このウインドウの左下部にある ?ボタンをクリックすると、環境設定ページに関する包括的なオンラインヘルプが表示されます。

環境設定の保存

Merge の環境設定は 環境設定 ウインドウの左下の 保存…読み込む… ボタンを使用するか、ファイル別名で保存環境設定を別名で保存…ファイル開く保存した環境設定を開く… メニュー項目を使用して保存と読み込みができます。

Merge の環境設定は、2 種類の形式で保存できます。

ファイル拡張子 説明
*.merge-options-json すべての Merge 環境設定を保存します。これは推奨される形式です。
*.mergeoptions Merge 2019.5137 以下で使用される従来の形式です。この形式にダーク テーマの色は含まれていません。

Information Merge はデフォルトで *.merge-options-json 拡張子を使用します。従来の形式を使用して環境設定を保存したい場合は、保存前にファイル拡張子を手動で *.mergeoptions に変更してください。