このページのコントロールを使用すると、ファイル/フォルダ比較ウインドウで実行するテキスト比較の行に適用するオプションを設定できます。

行頭部分にある空白の相違を無視する

ファイルの比較を行う際に、行の先頭にある空白(スペース、タブ、キャリッジ リターンおよび行終端など)を無視するには、このオプションをオンにしてください。

行末部分にある空白の相違を無視する

ファイルの比較を行う際に、行の末尾にある空白(スペース、タブ、キャリッジ リターンおよび行終端など)を無視するには、このオプションをオンにしてください。

連続した空白文字を 1 文字として扱う

このオプションをオンにすると、Merge は既存の空白文字に続く別の空白文字によって起こった相違を無視します。

空白の相違をすべて無視する

ファイルの比較を行う際に、行内の空白(スペース、タブ、キャリッジ リターンおよび行終端など)すべてを無視するには、このオプションをオンにしてください。

大文字と小文字の相違を無視する

各行の大文字と小文字の相違を無視する場合は、このオプションをオンにしてください。これは大文字と小文字を区別しないプログラミング言語のソース コードを比較する場合などに、特に役立ちます。

行終端文字(CR と LF)の相違を無視する

このオプションをオンにすると、ファイルの比較時に Merge は Windows 形式の行終端(CR LF)、UNIX 形式の行終端(LF)、Macintosh 形式の行終端(CR)の違いを無視します。

[行の比較時、無視する列の番号および範囲]チェックボックス

このオプションをオンにすると、下のフィールドに入力されている列フィルタを有効にします。

[行の比較時、無視する列の番号および範囲]の入力フィールド

行を比較するときに無視する列を入力します。無視する列は明確に書式設定された表形式のデータが含まれるファイルを比較するとき、特に適切な正規表現を作成することが難しい場合に便利です。

列番号はカンマで区切ってください。列の範囲を指定する場合は、n-m の書式を使用します。列の範囲のうち 2 番目の値を省略して、列の上限を指定しないようにしておくこともできます。この場合、列の範囲は行の最後まで拡張されます。列は 0 ではなく 1 から始まります。

例:

1-8,10,12,14,80-

メモ: タブ文字は、設定されているタブ拡張オプションに関係なく 1 つの列文字としてカウントされます。

数値比較の許容

このフィールドでは、ファイル タイプ環境設定ページでテキスト (数値データ) 比較として定義されたテキスト ファイル内の数値を比較するときに使用する許容差を定義します。対応する数値の差が、ここで指定した値以下であれば、それらの数値は同一と見なされます。

詳細については、数値データを含むファイルの比較を参照してください。