資格情報

このページのテーブルを使用して、Perforce および Subversion リポジトリへのアクセス用のユーザ名とパスワード情報を提供します。パスワードはすべてキーチェーンで安全に保存されます。

Perforce および Subversion リポジトリのアクセスに関する詳細については、Perforce ファイル システム プラグインおよびSubversion ファイル システム プラグインピックを参照してください。

Subversion サーバへ匿名でアクセスする場合、ユーザ名パスワードを空白にしたサーバ用のエントリをテーブルへ追加します。

説明
サーバ 接続する Perforce サーバのホスト名(Perforce ポートを含める)、または Subversion サーバのホスト名(プロトコルもパスも含めない)。例:server.example.com(Subversion)、または p4.example.com:1667(Perforce)。ホスト名の代わりに IP アドレスを指定してもかまいません。例:10.0.1.2:1666(Perforce)、または 10.0.1.3(Subversion)。
ユーザ名 サーバへ接続するときに使用するユーザ名。Subversion サーバへ匿名でアクセスする場合は空白のままにします。
パスワード サーバへ接続するときに使用するパスワード。Subversion サーバへ匿名でアクセスする場合は空白のままにします。
既定 サーバ、ユーザ名またはパスワードを指定しない Perforce URI が指定された場合、(たとえば、p4://depot/folder/file.txt)、Merge は Perforce 用のデフォルトとして示されている最初の資格情報エントリを使用して必要な情報を提供します。

資格情報とバージョン ボタン

Merge は以下のような状況で、ファイルおよびフォルダ比較のバージョン ボタン バージョン メニューを設定しようとする場合に、資格情報テーブルのエントリを使用します。

  • Perforce または Subversion URI がファイル比較またはフォルダ比較で指定され、その URI にユーザ名とパスワードまたはサーバ情報が含まれていない、あるいはパスワード プレースホルダとして * が提供され場合。
  • Perforce または Subversion リポジトリ用のローカル クライアント ワークスペースにあるファイルまたはフォルダが、ファイル比較またはフォルダ比較で指定された場合。

バージョン ボタンの詳細については、テキスト ファイル(または、入力/ペーストしたテキスト)の比較を参照してください。

資格情報を使用してプレースホルダ パスワードを提供する

Perforce および Subversion URI の両方でパスワード プレースホルダとして * を使用することができます。これにより、画面上で URI にパスワードが表示されないようにします。

たとえば、ファイル比較で URI p4://jrs:*@p4.example.com/depot/folder/file.txt が使用された場合、資格情報リストで、サーバ p4.example.com およびユーザ名 jrs を含むエントリが照合されます。以後、そのエントリのパスワードがその接続を行うときに使用されます。