リリース ノート、システム要件と履歴(macOS)

Information 以下で利用できない古いバージョンの Merge をダウンロードする必要がある場合は、Araxis までお問い合わせください。

2019 リリース

Merge 2019.5137 for macOS 2019年 2月 4日

This major release introduces support for macOS 10.14 Mojave. It features significant enhancements, such as optional word-based comparison and highlighting, greatly improved line-pairing within blocks of changed text, and support for line-pairing rules. This release also improves comparison performance, fixes several defects, and provides various other enhancements. Please read the release notes carefully for a complete list of changes.

これは最新の製品リリースです。すべてのユーザにお勧めします。

このリリースは、ビルド日付の 1 年前以内に Merge を購入されたすべてのお客様と、アップグレード/サポート資格が下記のダウンロード ボックスに示されたビルド日付を満たしているすべてのお客様に無償で提供いたします。

システム要件

This release is tested and supported on the following platforms:

  • macOS 10.14.3 Mojave
  • macOS 10.13.6 High Sierra
  • macOS 10.12.6 Sierra

Information Merge is no longer supported on OS X 10.11 El Capitan. Customers may, of course, continue to use an older version of Merge (2018.5008 or earlier) that works with that platform.

機能強化

  • Merge is fully supported, optimized, and tested on macOS Mojave. #5419#5422#5631#5542#5541#5505#5506#5569#5526#5539#5545
  • There is a new FAQ item with instructions for resolving a ‘Not authorized to send Apple events to Araxis Merge’ error when running the command-line utilities on Mojave. #5539
  • When trying to access protected areas of the filesystem on macOS Mojave, Merge now prompts the user if required with instructions for granting Full Disk Access permission. #5545
  • Lines can now optionally be compared and highlighted based on words, rather than characters. #4545
  • The pairing of lines within blocks of changed text is now both configurable and much more intelligent. This improves the highlighting of comparison results within blocks of changed text in a wide range of scenarios. For full details, please read the Pairing topic. #3772#5402
  • Support for line-pairing rules has been added. Line-pairing rules enable Merge to pair corresponding lines in a block of changed text based on particular portions of a line matched by a given regular expression. Judicious use of line-pairing rules can provide excellent results for certain comparisons (e.g. those of localization files in different languages) that previously provided unhelpful results. For further information, see the Pairing and Edit Line-Pairing Rule topics. #3772#5402
  • Line-pairing within change-blocks is tuneable, both for performance and for choosing a balance between highlighting a pair of lines as a change rather than as a removal and an insertion. For more information, please see Advanced Line-Pairing Preferences. #3772#5402
  • A new Intelligently split blocks of changed text based on matched line pairs option has been added. When checked, Merge will endeavour to split multiline blocks of changed text into smaller blocks of inserted, removed, and changed text. This splitting is performed intelligently, based on any corresponding pairs of lines that Merge is able to match within the original block of changed text. This option can be very useful in understanding precisely how the compared files are related, and it can also make it easier to propagate individual changes from one file to another. For more information, please see Pairing. #3772#5402#5531
  • A new checkbox, Show detailed (rather than simple) inline changes within paired lines, is present on the Pairing options page. This replaces the Show simplified inline changes and Show detailed inline changes radio buttons on the 表示 options page in earlier versions of Merge. #3772#5402
  • File and folder comparison performance has been substantially improved. #5550#5537
  • The frame rate when scrolling text comparisons has been substantially improved. #5555
  • The registration dialog has been reviewed for GDPR-compliance and updated. Personal information is no longer required to activate Merge on a computer. The registration dialog itself explains how any personal data that is provided will be used. Finally, the dialog no longer has an option to give Araxis permission to email users about product updates, since the built-in update-notification mechanism obviates the need to send update emails. #5427#5430#5567
  • Merge no longer sends to Araxis information about locale, operating system version, and screen size. #5427
  • Merge no longer sends redundant placeholder registration information to Araxis. #5433
  • To avoid complicating GDPR compliance, Merge no longer gathers crash reports. Neither does Merge therefore offer to send crash reports to Araxis. #5429
  • Syntax highlighting support for Scala (.scala) files has been added. #4791#5604
  • There are new text comparison keyboard shortcuts to pull a corresponding change from the left (Shift+Option+Cmd+) and right (Shift+Option+Cmd+) to replace the current change and then to move to next change. #4643
  • Folder comparisons are now able to pair files with canonically equivalent Unicode filenames that happen to differ in their stored Unicode representation. #5609
  • The キーボード ショートカット article has been updated to describe how to create custom keyboard shortcuts. #5388
  • The folder comparisons results pane now indicates its focus with a standard focus ring. #5551
  • The 正規表現 preference page has been improved. #5562
  • In a three-way text comparison, the middle (not left) file is now given input focus by default. #4037
  • Merge for macOS is now able to open certain supported .cmp7 files created by a forthcoming version of Merge for Windows. #5594
  • HTML, XML, and UNIX diff comparison reports are now always encoded using UTF-8 (without a byte-order mark). #5626
  • The Oracle OpenJDK Java Runtime Environment bundled with Merge has been upgraded to 11.0.2. #5514
  • The major version number has been updated to 2019, reflecting the year of release. #5582
  • The range of macOS versions supported by Merge is now shown in the About Araxis Merge window. #4869
  • Various copyright notices have been updated. #5516
  • It is no longer possible to manipulate text comparison expressions via AppleScript. #5509

不具合修正

  • Folder comparisons no longer crash when encountering folder names that include combining Unicode Emoji characters. #5608
  • Folder comparisons no longer crash when encountering certain HTML files that incorrectly declare their own character encoding. #5436
  • It is no longer possible for linking lines to become misaligned in certain circumstances. #5510
  • On macOS Mojave, the Merge items in system Services menus no longer appear in Japanese when macOS is configured to prefer English. #5506
  • On macOS Mojave, drop-down lists in table cells are no longer inappropriately displayed in grey text. #5569
  • The UNIX-diff report Lines of context text field is always visible on macOS Mojave. #5526
  • Registration information transmitted securely to Araxis is now properly URL-encoded. #5435
  • In the About Araxis Merge window, the dash in the copyright notice has been changed from a hyphen to an en-dash. #4054
  • Folder names are shown correctly in the folder column of HTML folder comparison reports. #5627
  • Document titles and folder names for Subversion and Perforce URLs ending with a / character are now displayed correctly in HTML reports. #5628
  • Minor memory leaks relating to the toolbar 検索 menu items have been fixed. #5584
  • Opening a new binary comparison no longer leaks memory. #5520
  • Memory is no longer leaked when rearranging tabs. #55115519
  • Resources related to the support of Intel Hex files have been localized. #4898
  • Unused graphical resources have been removed. #5611
  • The and buttons on the フィルタ page are no longer enabled when no row is selected. #5583
  • The contents of the 表示 preference page have been moved to improve visual centering. #5568
  • The Description column label on the 正規表現 preference page is no longer clipped by default. #5560
  • NSCell-based tables have been replaced with NSView-based ones in the Merge preferences. This eliminates certain problems that were due to bugs in the macOS NSCell implementation. #5549
  • The version of the AXFinderSync bundle is set appropriately. #5521

ダウンロード

バージョンビルド日付
2019.51372019年 2月 1日

Merge 2018.5008 for macOS 2018年 5月 31日

このリリースではいくつかの問題が修正されています。変更事項の詳細については、このリリース ノートをよくお読みください。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

このリリースは、ビルド日付の 1 年前以内に Merge を購入されたすべてのお客様と、アップグレード/サポート資格が下記のダウンロード ボックスに示されたビルド日付を満たしているすべてのお客様に無償で提供いたします。

システム要件

このリリースは次のプラットフォーム上でテストされサポートされます。

  • macOS 10.13.4 High Sierra
  • macOS 10.12.6 Sierra
  • OS X 10.11.6 El Capitan

機能強化

  • Merge にバンドルされる Java Runtime Environment が 10.0.1 へアップグレードされました。#5377
  • Java Runtime Environment のファイルのうち、Merge では必要としないファイルはバンドルされなくなりました。これにより、Merge のセットアップ ディスク イメージ (.dmg) ファイルのサイズが大幅に小さくなります。#4610
  • イメージ比較を sRGB カラー スペース(色空間)で行うようになりました。RGB カラー スペースにないイメージの場合は、比較前に sRGB へ変換されます。(以前は、従来の汎用的なカラー スぺースを使用してイメージを比較していました。)#5378

不具合修正

  • ある特定のグラフィック ハードウェアを搭載する Mac 上で、同一のイメージ ファイルが異なるイメージとして比較されることがなくなりました。#4012
  • さまざまなコマンド ライン ユーティリティ(araxishgmerge など)で、Merge ユーザ インターフェイスの完了の待機中に、CPU 時間を大量に消費することがなくなりました。#5099

ダウンロード

バージョンビルド日付
2018.50082018年 5月 24日

Merge 2018.4971 for macOS 2018年 2月 13日

このリリースでは、いくつかの不具合に対処しているほか、テキスト比較での数値の許容のサポートなど、多くの機能強化が行われています。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

このリリースは、ビルド日付の 1 年前以内に Merge を購入されたすべてのお客様と、アップグレード/サポート資格が下記のダウンロード ボックスに示されたビルド日付を満たしているすべてのお客様に無償で提供いたします。

システム要件

このリリースは次のプラットフォーム上でテストされサポートされます。

  • macOS 10.13.3 High Sierra
  • macOS 10.12.6 Sierra
  • OS X 10.11.6 El Capitan

機能強化

  • 単独のインストール ディスク イメージのダウンロードで、macOS および OS X のサポートされるすべてのバージョンをカバーするようになりました。以前は、オペレーティング システムのバージョンごとに別個の Merge をダウンロードする必要がありました。I15074
  • Merge はテキスト ファイル間で対応する数値を比較することができるようになりました。また、必要に応じて、互いの数値の差が一定の許容範囲内である場合にそれらを同一として処理することもできます。これを使用する可能性がある一例は、コンピュータ数値制御(CNC)マシン ツールによる数値制御(NC)コード ファイルの出力の比較です。I15031
  • AppleScript による、テキスト比較の正規表現の作成、編集、および削除は再度可能になりました(この機能は、正規表現を無制限に定義できるよう機能強化された後、一時的に削除されていました)。サンプル スクリプトの Sample Scripts/17 Set up a regular expression preference.scpt は、Merge インストール ディスク イメージに用意されています。I14932
  • SCM 環境設定ページの SCM ツールのパスに、適切なデフォルト値が表示されるようになりました。I15167I15168
  • フォルダ比較のステータス バーに、“変更なし” のファイルの数が追加されました。I14941
  • フォルダ比較で、前の不一致マーカー および 次の不一致マーカー ツールバー ボタンとこれに相当するメニュー項目は、適切に有効または無効になるようになりました。I14970
  • 3 つの追加 UTF-32 文字エンコーディングのサポートが追加されました(UTF-32 リトル エンディアンのバイト順マーク付き、UTF-32 ビッグ エンディアンのバイト順マーク付きおよびバイト順マークなし)。これは、既存の UTF-32 リトル エンディアンのバイト順マークなしに対するサポートの追加です。I15163
  • テキスト比較でペインを交換したとき、スクロール位置が保持されるようになりました。I14998
  • Merge メジャー バージョンはリリース年を反映させるために 2018 に更新されました。I15131

不具合修正

  • イメージ比較は、フォルダ比較から複数のイメージ比較が起動されたり、透過グリッド カラーが変更されたりしても、イメージを表示できなくなることはありません。I15143
  • XML/XHTML の整形またはXML/XHTML のファイル整形を無効の操作後、カーソル位置とスクロール位置はテキスト パネルの先頭に移動されます。I14997
  • テキスト カーソルは、ツールバーの 環境設定 変化のない部分は前後関係のみ表示メニュー項目、またはこれに相当する表示環境設定ページの前後関係を示す n 行だけを表示する項目の状態が変化した後、開いているテキスト比較ペイン内で適切に位置付けられるようになりました。I14999I15155
  • スキャン環境設定ページのフォルダ比較でファイルのフィルタ プログラムを使用するオプションがオンのとき、XML/XHTML 型のファイルは、フォルダ比較で比較する前に、それらのファイルに XML 整形が間違って適用されることはなくなりました。これは、Merge for Windows の動作に合うよう変更しました。I14991
  • バイナリ比較で、検索サイズ フィールドの値が保持されるようになりました。I14848
  • アンインストール方法のドキュメントは、現在のバージョンの Merge および macOS 用に修正、更新されました。I15072
  • フォルダ比較で、新しい方のファイルを示す赤い四角の装飾は表示されなくなりました。この変更は Merge for Windows も同じです。これは、装飾がフォルダ自体のタイムスタンプの違いを示すものか、それともフォルダの内容の変化を示すものかどうかについて、混乱する可能性を避けるために変更されました。I15100
  • 開いているイメージ比較の透過グリッド カラーは、特定の状況で、構文の強調表示の要素の色を変更しても、間違って影響を受けることはなくなりました。I15142
  • Merge は再度、診断クラッシュ レポートを Araxis に送信することを提案するようになりました。I15153
  • 日本語版の HTML レポートのフッターに示す著作権表示の日付が更新されました。著作権日付の範囲を示すハイフンも半角ダッシュに置き換えられました。I15071

ダウンロード

バージョンビルド日付
2018.49712018年 2月 9日

Merge 2017.4937 for macOS 2017年 10月 2日

このリリースは、macOS 10.13 High Sierra のサポート、イメージ比較の大幅な改善、その他いくつかの機能強化や修正が含まれます。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

このリリースは、ビルド日付の 1 年前以内に Merge を購入されたすべてのお客様と、アップグレード/サポート資格が下記のダウンロード ボックスに示されたビルド日付を満たしているすべてのお客様に無償で提供いたします。

システム要件

このリリースは次のプラットフォーム上でテストされサポートされます。

  • macOS 10.13 High Sierra
  • macOS 10.12.6 Sierra
  • OS X 10.11.6 El Capitan

Information 今後、Merge は OS X 10.10 Yosemite でサポートされません。もちろん、そのプラットフォームで動作する旧バージョンの Merge(2017.4884 以前)については引き続き使用することができます。

機能強化

  • Merge は macOS High Sierra を完全にサポートしており、このプラットフォームで最適化およびテストされています。I15000I15080I15084
  • イメージの拡大/縮小機能が完全に改変されました:I14896I15038I15021I15022I15023
    • 以前のズーム スライダーはなくなりました。このズーム スライダーは特定の倍率にする場合に扱いが不便でした。
    • - および + ボタンではそれぞれ、イメージの縮小表示と拡大表示を行います。これに対応する Cmd+- および Cmd++ キーボード ショートカットも追加されました。
    • 100% からの縮小は、次に示す倍率で段階的に行われ、画面上で 1 ピクセルを占めるイメージになるまで縮小表示されます:66.67%、50.00%、33.33%、25.00%、16.67%、12.50%、8.33%、6.25%、4.17%、3.12%、2.08%、1.56%。
    • 100% からの拡大は、次に示す倍率で段階的に行われ、最大 3200% まで拡大表示されます:200%、300%、400%、500%、600%、700%、800%、1200%、1600%、3200%。
    • 新たに追加された 100% ボタン(および Cmd+1 キーボード ショートカット)は、各イメージ ピクセルがディスプレイ上で厳密に 1 デバイス ピクセルを占めるように、イメージを拡大/縮小します。
    • 新たに追加された 合わせる ボタン(および Cmd+0 キーボード ショートカット)は、イメージ全体が各ペイン内に収まるように拡大/縮小します。
    • 現在の拡大/縮小の割合(パーセンテージ)は、ウインドウのキャプション(ウインドウ内に比較が 1 つのみ開かれていた場合)、または比較タブ(複数タブが開かれていた場合)に表示されます。
    • Retina ディスプレイが使用されているどうかに関係なく、100% 倍率では 1 イメージ ピクセル が常に 1 デバイス ピクセルで表されます。
    • 100% よりも小さい倍率でピクセル補完が使用されると、イメージがより滑らかに表示されます(ピクセル補間は、倍率が 100% 以上のときには使用されません。つまり、各イメージ ピクセルが正確に表示されます)。I15042
  • イメージ比較で入れ替えスライダーが利用できるのは、入れ替えるファイルが最低でも 2 つある場合のみです。I15003
  • イメージ ファイルに 1 つのイメージしか含まれない場合、イメージ比較パネル内で(複数イメージ ファイルで各イメージを区切る)垂直ルーラー マークが表示されなくなりました。I15026
  • ファイルとフォルダの履歴リストは、保存済みの Merge 環境設定ファイルまたは保存した比較に保管されなくなりました。I14897
  • テキスト比較でテキストのフォント スムージングをオフにする設定については、よく寄せられる質問に記載されています。I14840

不具合修正

  • ファイル/フォルダのパス名入力フィールドでオートコンプリートを使用する場合、ある特定の状況で Merge がクラッシュすることはなくなりました。I15079
  • テキスト比較およびバイナリ比較が修正され、ファイル ペイン内で情報メッセージが表示され、行の折り返しが有効になっているときに、Merge アプリケーション ウインドウのサイズが変更されても、macOS High Sierra で正しく描画されるようになりました。I15080
  • Merge を macOS High Sierra で実行しており、Merge ウインドウが開かれていないときに、Merge ドック アイコンをクリックすると新しいデフォルトの比較が開きます。I15084
  • 外部から変更されたファイルを自動的に再読み込みする環境設定項目のテキスト ラベルの色は、ほかの項目ラベルと一致するように変更されました。I15082
  • イメージ比較は、イメージのサイズ調整や表示の際、埋め込まれた DPI メタデータを無視するようになりました。以前は、埋め込まれたメタデータによってイメージが不適切なサイズで描画されていました。I15043
    イメージ比較の背景チェックボードが、ある特定のズーム倍率でもイメージの境界を超えることがなくなりました。I15024
    イメージ比較で、あるイメージの周囲にある空白部分に、別のイメージをドラッグ アンド ドロップすると、そのイメージが読み込まれます。I15020
    イメージ比較で、イメージの周囲にある空白部分をクリックすると、そのイメージのペインへフォーカスが移ります。I15025
  • システムがフル キーボード アクセス用に設定されている場合は、Tab キーを使用して、イメージ比較の下部にあるコントロール バーのコントロールへ移動し選択することができます。I15027
  • ユーザが Git 不一致の解決を完了して Merge を終了した後、特定の状況で Merge が再び起動することがなくなりました。I15007
    日本語版でのマイナーな不具合が修正されました。I15041

ダウンロード

Merge 2017.4884 for macOS 2017年 7月 3日

このリリースは、多くの機能強化や修正が行われています。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

このリリースは、ビルド日付の 1 年前以内に Merge を購入されたすべてのお客様と、アップグレード/サポート資格が下記のダウンロード ボックスに示されたビルド日付を満たしているすべてのお客様に無償で提供いたします。

システム要件

このリリースは次のプラットフォーム上でテストされサポートされます。

  • macOS 10.12.5 Sierra
  • OS X 10.11.6 El Capitan
  • OS X 10.10.5 Yosemite

Information これは OS X 10.10 Yosemite をサポートする最後のリリースです。

機能強化

  • 適切な環境設定を有効にすると、行終端が矢印ではなく CRLF 文字で表示されます。この変更によって、行終端の種類が明確になるだけでなく、Merge for macOS と Merge for Windows の整合性も高まります。I14802
  • 環境設定が変更されると、各比較結果を開く際に、各ペイン内のカーソル位置、現在のスクロール位置、およびフォーカスされたペインを保持しようとします。I14988
  • 評価版シリアル番号の有効期限が切れたときに、さまざまなコマンドライン ユーティリティが以前よりも役立つエラーメッセージを提示します。I9388
  • Merge は macOS Automator テキスト サービスをサポートします。I14863
  • macOS 用の Merge サービス が Merge によって自動的にインストール(または必要に応じてアップデート)され、面倒な手動インストールのステップをカットすることができます。I14762
  • Mercurial との統合手順が改善されました。Mercurial を使用する場合は、改めてご自分の設定を確認して改善を体験してください。I14978
  • 適切な場合には、すべてのファイル比較で “このペインにはファイルが読み込まれていません” がファイル ペインに表示されます。I14773
  • 環境設定の[テキスト比較]の[正規表現]で、[説明]欄を空白にすると、正規表現 メニュー(ツールバー[環境設定]のサブメニュー)には、正規表現自体がメニュー項目ラベルとして表示されます。以前のバージョンでは、このメニュー項目は空白でした。I14917
  • 単独ファイルに対して比較操作する場合、サービスAraxis Merge を使用して比較 メニュー項目を使用すると、Finder 拡張機能メニュー項目と同様に比較ウインドウの両ペインでそのファイルを開きます。その単独ファイルに別のバージョンがある場合は、バージョン ボタンを使用することでその別バージョンのファイルとの比較が容易に行えます。I14772

不具合修正

  • いくつかのマイナーなメモリ リークが修正されました。I14915
  • compare ユーティリティの -max オプションが動作します。I14971
  • Tab および Shift+Tab を使用した、比較コントロール間のフォーカスの切り替えが正しく動作します。I14972
  • OS X El Capitan ではタブのツール ヒントが動作します。I14931
  • “共通の親へのマージ” 操作を行った後、次の変更前の変更 ボタンが適切に有効または無効になります。I14961
  • 自動マージの実行後、不一致がある場合は最初の不一致が示されます。I14064
  • タブ バーの描画におけるマイナーな問題が修正されました。I14879
  • 環境設定ファイル/フォルダ比較プリント 設定ページの トークンの挿入 ドロップダウン コントロールは、付随するテキスト入力フィールドにのみトークンを挿入します。I14774
  • フォルダ比較で行が選択されていないときに 次の変更 をクリックすると、最初の変更済みフォルダまたはファイルが選択されます。以前のバージョンでは、最初の変更済みファイルのみが選択されていました。I14776
  • Merge の Standard Edition では、履歴リストが不適切に第 3 列を表示しなくなりました。I14778
  • フォルダ比較における非表示項目は、非表示項目を表示するようにしたときに必ず淡色表示されます。I14744
  • 比較パネルのメッセージが正しく整列するようになりました。I14949
  • フォルダ比較レポートで、バイナリ ファイルおよびイメージ ファイル用のファイル比較レポートを不適切に作成することがなくなりました。I14985
  • 機能しない AppleScript サンプル 17 “Set up a regular expression preference” が削除されました。I14987
  • Merge を macOS Sierra で実行したときにシステム コンソールで警告は表示されません。I14742

ダウンロード

Merge 2017.4855 for macOS 2017年 3月 7日

このリリースは、多くの機能強化や修正が行われています。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

このリリースは、ビルド日付の 1 年前以内に Merge を購入されたすべてのお客様と、アップグレード/サポート資格が下記のダウンロード ボックスに示されたビルド日付を満たしているすべてのお客様に無償で提供いたします。

システム要件

このリリースは次のプラットフォーム上でテストされサポートされます。

  • macOS 10.12.3 Sierra
  • OS X 10.11.6 El Capitan
  • OS X 10.10.5 Yosemite

機能強化

  • 正規表現がテキスト比較で事実上無制限に指定できるようになりました。以前は 10 個まででしたが、この制限がなくなりました。I14854
  • 比較タブをドラッグ アンド ドロップで並べ替えることができます。I14486
  • Merge テキスト エディタは、以下に示す macOS の標準キーボード ショートカットもサポートします。I11027
    • Option+Delete: 挿入ポイントの左側にある単語を削除します。
    • Ctrl+K:挿入ポイントから、行または段落の末尾までの範囲にあるテキストを削除します。
    • Ctrl+O:挿入ポイントの後に 1 行挿入します(挿入ポイントは移動しません)。
    • Ctrl+T:挿入ポイントの右側の文字と左側の文字を置換します。
  • サイズが非常に大きい未変更のファイルを含むフォルダ比較において、次の変更/前の変更への移動のパフォーマンスが大幅に改善しました。同じく、次の変更/前の変更ツールバー ボタンの有効/無効も、効率が大幅に向上しました。I14888
  • Merge にバンドルされる Java Runtime Environment が 1.8.0_121-b13 へアップグレードされました。I14278
  • 環境設定テキスト比較編集ページにある項目のレイアウトが Merge for Windows の対応ページに合わせて調整されました。I14812
  • 環境設定テキスト比較正規表現ページ上の注記が Merge for Windows の対応ページに合わせて書き換えられました。I14813
  • 行番号を表示する環境設定のラベル名は、そのオプションの目的を反映させるため、また、Merge for Windows の対応オプションに合わせるため、行番号/バイト オフセットを表示するに変更されました。I14814
  • ファイル タイプ環境設定ページ上の注記は、わかりやすくするために調整されました。I14815
  • 外部から変更されたファイルを自動的に再読み込みする環境設定のラベルから不必要なハイフンが削除されました(英語版での適用)。I14816
  • ファイル比較およびフォルダ比較のフォント/カラー環境設定ページから不要なラベルが削除されました。I14817
  • ファイル比較のフォント/カラー環境設定ページにあるコントロールの位置が変わりました。I14818
  • 環境設定フォルダ比較スキャン環境設定ページにある項目のラベルが書き換えられ、位置も変わりました。I14819
  • 環境設定アプリケーション資格情報ページ上の注記は、わかりやすくするため、また Merge for Windows の対応するページと合わせるために書き換えられました。I14820
  • 行終端文字(CR と LF)の相違を無視する環境設定のラベルにハイフンが含まれるようになりました(英語版での適用)。I14821
  • バイナリ比較およびテキスト比較は、大幅に設計し直された比較エンジンを使用します。この効果はユーザには見えませんが、今後の保守や機能強化が容易になります。I14859
  • Merge メジャー バージョンはリリース年を反映させるために 2017 に更新されました。I14868

不具合修正

  • マージ ボタンが 1 つのテキスト比較ペインから空のペインへ内容をコピーするために使われるとき、そして同じくリボンの内容の置換メニュー上の項目が空のペインの中に内容をコピーするために使われるとき、行終端文字は維持されます。I14751
  • Tab キーはフォーカスの切り替えではなくタブ文字の挿入を行う環境設定オプションが設定されたとき、Tabキーは 1 つのタブ文字を入力します。I14919
  • イメージを、無駄に小さいサイズに縮小表示することはできなくなりました。I14777
  • macOS Sierra 上でのイメージ比較で、変更箇所を強調環境設定オプションが設定されているときに入れ替えスライダー コントロールを右端まで移動すると、入れ替えを行いません。I14770
  • 一部マイナーなメモリ リークが修正されました。I14906
  • ファイル開く保存した環境設定を開く…メニュー項目が常に有効になりました。I14743
  • Sierra 上で Araxis Merges の Yosemite 版または El Capitan 版を実行する場合、macOS Sierra に組み込みのタブ化ウインドウのサポートは正しく無効になるようになりました。しかし、これまでどおり、macOS の各バージョンに応じた正しい Merge を使用することを強く推奨します。I14787
  • さまざまな保存ダイアログ上の行終端文字ドロップダウン メニューで、OS X の表記が macOS へ変更されました。I14782
  • 日本語版でのイメージ比較で、ズームラベルが切り取られることがなくなりました。I14827
  • Merge 全体を通じ、円形のヘルプ ボタンの縦方向の配置を揃えました。I14775
  • OS X Mavericks への古い参照が環境設定アプリケーションバージョンページから削除されました。I14804

ダウンロード

Merge 2016.4812 for macOS 2016年 9月 26日

このリリースでは macOS 10.12 Sierra でのレンダリング問題と、いくつかのマイナーな問題が修正されました。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

このリリースは、ビルド日付の 1 年前以内に Merge を購入されたすべてのお客様と、アップグレード/サポート資格が下記のダウンロード ボックスに示されたビルド日付を満たしているすべてのお客様に無償で提供いたします。

システム要件

このリリースは次のプラットフォーム上でテストされサポートされます。

  • macOS 10.12 Sierra
  • OS X 10.11.6 El Capitan
  • OS X 10.10.5 Yosemite

Information Merge は OS X 10.9 Mavericks 上でサポートされません。もちろん、そのプラットフォームで動作する旧バージョンの Merge(2016.4774 以前)については引き続き使用することができます。

機能強化

  • Araxis Merge について ウインドウは Merge の実行バージョンが構築されたオペレーティング システム のバージョン(‘macOS Sierra’、 ‘OS X El Capitan’ など)を表示します。(インストール方法で記述されるように、オペレーティング システムのために Merge の正しいディスク イメージをインストールすることは重要であることを注意してください)。I14786
  • テキスト比較へイメージをドロップすると新しいイメージ比較を開きます。I14713
  • テキスト比較のデフォルト フォントは Courier New から Menlo に変更になりました。I14771

不具合修正

  • macOS Sierra で比較を上方向にスクロールすると、行番号(テキストとバイナリ比較)とスケール(イメージ比較)が壊れなくなりました。I14789
  • 生成された HTML ファイル比較レポートは空白スペース設定のすべての組み合わせの空白スペース比較 オプションを正確に示します。若干のオプションの説明がまだ完全に日本語にローカライズされていなかったことに注意を払ってください。I14653

ダウンロード

Merge 2016.4807 for macOS 2016年 9月 20日

このリリースは、macOS 10.12 Sierra のサポートといくつかの機能強化と修正が含まれます。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

このリリースは、ビルド日付の 1 年前以内に Merge を購入されたすべてのお客様と、アップグレード/サポート資格が下記のダウンロード ボックスに示されたビルド日付を満たしているすべてのお客様に無償で提供いたします。

システム要件

このリリースは次のプラットフォーム上でテストされサポートされます。

  • macOS 10.12 Sierra(Sierra GM build 16A323 でテスト)
  • OS X 10.11.6 El Capitan
  • OS X 10.10.5 Yosemite

Information Merge は OS X 10.9 Mavericks 上でサポートされません。もちろん、そのプラットフォームで動作する旧バージョンの Merge(2016.4774 以前)については引き続き使用することができます。

機能強化

  • Merge は macOS Sierra を完全にサポートしており、このプラットフォームで最適化およびテストされています。I14703I14728I14765I14729
  • Merge はすでにタブに対する組み込みをサポートしているので、macOS Sierra が自動的にマルチウインドウ アプリケーションに追加するウインドウ タブはオフにされました。これは多数の、トップレベル Merge ウインドウの性能を維持し、重複タブ ストリップを避けます。I14716
  • Merge ドキュメントは Apple による ‘OS X’ から ‘macOS’ へに名称変更に一致させるために更新されました。(OS X Yosemite と OS X El Capitan はまだサポートしますが、ドキュメントは通常 ‘macOS と OS X’ ではなく ‘macOS’ を独占的に使用します)。I14704
  • Araxis ウェブサイトを参照する Merge のすべての URL は、HTTP の代わりに HTTP を使うようにアップデートされました。これはセキュリティを改善し、不必要なリダイレクトを避けます。I14758
  • macOS 用の Merge サービスはオプションのインストール可能な機能として再度導入されました。これらのサービスは 、選択したファイルまたはフォルダ上で右クリック(またはCtrl-クリック)すると表示される Finder のコンテキスト メニューのサービス サブメニューにコマンドを追加します。キーボード ショートカットは macOS システム環境設定(システム環境設定キーボードショートカットサービスファイルとフォルダ)によって Merge サービスのために構成を設定することが可能です。詳細については、Finder との統合を参照してください。I14700
  • イメージ比較の拡大コントロールは他のアプリケーションで広く一般に使用されるズームに名称が変更になりました。I14722
  • イメージ比較のズーム スライダー上のマーカー数は中央と 100% 設定を見易くするために減らされました。I14722
  • イメージ比較に100% ズーム ボタンが追加されました。これは実物大でイメージを表示して、ズームをリセットする素早い方法を提供します。I14722
  • イメージ比較におけるイメージは、より容易にピクセル レベルの詳細を見るために最大 1600% に拡大できます。I14726
  • フォルダ比較の状態、空のフォルダを非表示変更のない行を非常時表示フィルタ…、および 非表示項目を表示設定は Merge の開始中に維持されます。(多数のフォルダ比較が同時に異なった設定で開いているとき、閉じられた最後のフォルダ比較の設定が維持されます)。I14413
  • フォルダ比較に新しいアクション行選択未変更箇所を選択コマンドが追加され、同様にツールバー経由で行選択未変更箇所を選択が利用可能になりました。I14637
  • テキスト比較で、上下矢印キーを使ってカーソルを上部または下部の位置で 1 行上または下に移動させた場合、スクリーンの半分ではなく 1 行のみスクロールして表示するようになりました。I14678
  • ドキュメント内のファイルとフォルダ比較レポートの例が更新されました。また、日本語にローカライズされました。I14538

不具合修正

  • Finder 用 Merge 拡張 (Finder との統合を参照) はルート ボリューム上だけではなく、すべてのマウントされたディスク ボリューム上の項目で動作するように修正されました。I14699
  • テキスト比較で編集読み出しのみインディケータのツールチップが修正されました。I14706
  • フォルダ比較 HTML レポートの比較の詳細部分で変更列は >0 と表示する代わりに追加/削除された項目数を表示します。これは Merge 自身のフォルダ比較表示と一致します。I14695
  • Merge は、フォルダ比較の最後の列だけを隠そうとするとき、もう無反応にはなりません。I14736
  • El Capitan のイメージ比較で変更箇所を強調がチェックされているとき入れ替えスライダーを右端に移動すると入れ替えを行いません。I14709
  • テキスト比較の履歴リストでパスのツールチップは (null) で終わりません。I14702
  • イメージとバイナリ比較に対するチェックボックス コントロール ラベルの英小文字が修正されました(英語版のみ)。I14712

ダウンロード

Merge 2016.4774 for OS X 2016年 6月 20日

このリリースは多数の拡張と欠陥修正を含みます。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

このリリースは、ビルド日付の 1 年前以内に Merge を購入されたすべてのお客様と、アップグレード/サポート資格が下記のダウンロード ボックスに示されたビルド日付を満たしているすべてのお客様に無償で提供いたします。

システム要件

このリリースは次のプラットフォーム上でテストされサポートされます。

  • OS X 10.11.5 El Capitan
  • OS X 10.10.5 Yosemite
  • OS X 10.9.5 Mavericks

Information これは OS X 10.9 Mavericks をサポートする最後のリリースです。

機能強化

  • Merge では、イメージ比較でイメージを拡大するときに、ピクセルを補間しなくなりました。これにより、拡大表示する際に、個々の正確なピクセル変更を確認することができます。 I12112
  • イメージ比較で、イメージの縮小表示が拡大表示と同様に行うことができます。 I14314
  • フォルダ比較、テキスト比較およびバイナリ比較で、(現在フォーカスがある位置の)次または前に変更箇所があるかどうかに応じて、ツールバー ボタンの 前の変更 次の変更 が適切に有効または無効になります。I14631I14632I14650
  • テキスト比較で、右端で折り返される行の末尾に、折り返しを示すインジケータが表示されます。I14544
  • 環境設定 ツールバー メニューに、空白スペース文字を表示 項目が追加されました。I14545
  • ファイル保存すべて保存 メニュー項目が追加されました。I14390
  • テキスト比較でファイル パス入力フィールドに入力フォーカスがある場合でも、キーボード ショートカットの Cmd+S が機能し、ファイルが保存されます。I14291
  • バイナリ比較の検索サイズ フィールドの影響は、100 倍で調整されるようになりました。現在の値 500 は、以前のリリースにおける値 5 に相当します。つまり、バイナリ比較はデフォルトでは、結果の品質よりも処理速度を優先するということです。検索サイズの値を増やせば、以前の正確性を取り戻すことができます。I14646
  • テキスト比較、イメージ比較またはバイナリ比較のパス フィールドにフォルダのパスが入力された場合には、フォルダ比較が開くようになりました。I14401
  • 3 者間テキスト比較の場合、同期リンクの追加… シートではリンクが追加されるファイルの組み合わせを選択することができます(なお、同期リンクを最も手っ取り早く追加するには、リンク線パネルで右クリックし、ここに同期リンクを追加 を選択します)。I14534
  • テキスト比較のコンテキスト メニュー、ツールバー項目メニュー、およびアプリケーション メニューにある すべての同期リンクを削除 コマンドは、Merge for Windows と同様に動作するようになりました。特に、このコマンドが、3 者間比較のリンク線パネルのコンテキスト メニューから実行される場合、2 つのリンク線パネル間のリンクのみが削除されます。すべての同期リンクを削除 をツールバー メニュー 同期リンク 、またはアプリケーション メニューから選択した場合は、3 者間比較のペイン間に存在するすべての同期リンクが削除されます。I14535
  • バイナリ比較で 検索サイズ フィールドに無効な値が入力されたときに表示されるメッセージが更新され、入力値の許容範囲が示されるようになりました。I14447
  • メッセージ 「このファイルは別のアプリケーションによって Merge の外で変更されました。」は現状に適した説明になっています。I14492
  • 「自動マージの結果について」の説明が、ファイル比較 および フォルダ比較の両方で変更されました。I14495
  • Tab キー(有効な場合)によるインデント(字下げ)が Merge for Windows と同様に動作するようになりました。I14518
  • Merge と Path Finder 7 Finder の統合の手順が追加されました。I14316
  • ファイル開く保存したオプションを開く… および ファイル別名で保存オプションを別名で保存… メニュー項目が、それぞれ 保存した環境設定を開く… および 環境設定を別名で保存… に変更されました。I14500

不具合修正

  • テキスト比較で、同期リンクの位置は行の挿入/削除時に適切に調整されます。I14651
  • 3 者間ファイル比較の自動マージの実行で矛盾が検出されたときに表示される警告シートで、指示の内容が書き換えられ、修正されました。I14623
  • マウス ポインターをマージ操作ボタン上に合わせたとき、マウス ポインターは常に矢印として表示されます。以前は、特定の状況でカーソルとして表示されることがありました。I14554
  • 行内で変更部分を示さない オプションが有効になっていた場合、環境設定の変更(空白の操作など)やパネルの交換によって発生した再比較で、変更ブロックの強調表示が正しく更新されるようになりました。I14543
  • 比較の強調表示が更新されたときに、パネル内の情報メッセージにちらつきが起こることがなくなりました。I14399
  • バイナリ比較を閉じる、または再読み込みされるような状況で、ユーザが不適切にバイナリ比較の保存を指示されることがなくなりました。I14524
  • キーボード ショートカット Cmd+S が、空のイメージ比較やバイナリ比較では機能していません。I14686
  • フォルダ比較でタイムスタンプを表示させた場合、比較の右端の列にあった不要な縦の区切り線がなくなりました。I14639
  • 空白スペースを表示し、かつテキスト(行)の折り返しを単語の境界で改行するように設定した場合、カーソルとは異なる場所でテキストを挿入することができなくなりました。I14659
  • バイナリ比較の場合、行に解決済みとしてマーク付けするコマンドが削除されました。I14503
  • 環境設定 空白 ツールバー メニューで選択した項目に応じて、環境設定 ダイアログにある関連項目が適切に更新されます。また、その逆についても同様です。I14627
  • フォルダ比較のコピーの進捗シート内のアイコンが、縦方向に正しく整列されます。I14638
  • フォルダ比較で提示される操作シート内(自動マージの実行時に表示される)のアイコンが縦方向に正しく整列されます。I14664
  • バイナリ比較を実行したときに、特定の状況で Merge がクラッシュすることはなくなりました。I14640
  • テキスト比較やフォルダ比較で、編集箇所がなければ、前の編集マーカー および 次の編集マーカー ツールバー ボタン(およびそれに関連するメニュー項目)は機能しません。I14665
  • メインのアプリケーション ウインドウは、保存済みの比較を開いた後に移動しなくなりました。I14668
  • 保存済みの比較を開くときに、保存済みの環境設定を適用するかどうかを尋ねるダイアログで、妥当な説明が表示されます。I14669

ダウンロード

Merge 2016.4750 for OS X 2016年 3月 23日

このリリースでは、さまざまな不具合が解決され、パフォーマンスが向上しました。また、いくつかのマイナーな機能強化も行われています。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

このリリースは、ビルド日付の 1 年前以内に Merge を購入されたすべてのお客様と、アップグレード/サポート資格が下記のダウンロード ボックスに示されたビルド日付を満たしているすべてのお客様に無償で提供いたします。

システム要件

このリリースは次のプラットフォーム上でテストされサポートされます。

  • OS X 10.11.4 El Capitan
  • OS X 10.10.5 Yosemite
  • OS X 10.9.5 Mavericks

機能強化

  • 前のリリースの Merge では、テキスト比較で変更箇所の置換、前に追加、後に追加、削除アクション用の(まだ保持している)キーボード ショートカットに対応する不必要なアプリケーション メニュー項目と思われたものが、削除されました(マージ ボタンも、これらのアクションを実行するのに使用されているかもしれません)。ただし、一部のお客様の正しい観察によって、これらのメニュー項目を削除すると、OS X のシステム環境設定で、それらコマンド用のキーボード ショートカットを定義し直すことができないことが判明しました。

    古いメニュー項目を単に復帰させるのではなく、ユーザがキーボードを使用して実行できるアクションを見直し、また、それらのアクションの説明に使用する用語(表現)を調整する機会を設けました。

    そのため、このリリースでは新たなメニュー(マージ現在の変更)と、キーボード ショートカットを持つ新しいコマンドを追加しました。その結果、 カーソルを中央ペインに置いたまま、キーボードのみの使用で、3 者間比較による共通の親ファイルへのマージを効率よく実施することができるようになりました 。左ペインと右ペイン間をジャンプする、あるいはマウスやマージ ボタンを使用して並べ替え直す必要がなくなりました。I14552I14560I14584

    新しいメニューには以下のアクションがあります。

    左の変更で置換 ⌥⌘→
    右の変更で置換 ⌥⌘←
    左の変更を置換 ^⇧←
    右の変更を置換 ^⇧→

    左の変更を前に追加
    右の変更を前に追加
    左の変更の前に追加 ^⌥←
    右の変更の前に追加 ^⌥→

    左の変更を付加
    右の変更を付加
    左の変更に付加 ^⌘←
    右の変更に付加 ^⌘→

    変更を削除 ⌘⌫ (^⌥⌘↓ も同じ)

    メモ:

    1. まったく新しい …の変更で/を… アクションが追加されました。これにより、キーボード ショートカットを使用して、変更箇所を共通の親(中央の)ファイルに取り込むことが可能となり、マウスやボタンを使って左側と右側のファイルから変更箇所を共通の親ファイルに反映させる必要がなくなりました。
    2. メニュー項目の[…の変更で…]および[…の変更を…]という表現は、編集カーソルが現在含まれているファイル ペインに対する、変更箇所の移動方向を示します。変更箇所を、現在のパネルへ取り込む、または現在のパネルから取り出します。以前使用されていた “変更箇所を左へ置換” タイプの表現より理解しやすくなったはずです。以前使用していた表現は新しいアクション([…の変更で/を…])の追加を考慮するとより混乱を招きます。
    3. 既存のユーザが不満を抱いたり、不便さを感じないよう、…の変更で/を… メニュー項目とキーボード ショートカットは、Merge 2014.4581 for OS X での 変換箇所を置換 … 項目とまったく同じように動作します。つまり、以前のバージョンの Merge で、これらのアクションに対して事前定義されたキーボード ショートカットを覚えた場合は、以前とまったく同じ使い方でそれらを使い続けることができます。同様に、以前の 変換箇所を置換 … アクションに対して独自のキーボード ショートカットを定義していた場合は、対応する新しい …の変更で/を… メニュー項目にそのショートカットを割り当てることができます。
    4. 事前定義されたキーボード ショートカットに表示される矢印は、該当する変更箇所の移動方向を示しています。
  • 概要ストリップのマークは、より簡単に確認できるようにいっそう強烈な色で描かれます。I14573

  • マージ ボタンのツール ヒントは、それらを一目で簡単に理解できるように整形されました。I14559
  • XML/ XHTML の整形は、厳密には有効な XML でなくとも、引用符で囲まれていない属性を含むファイルで動作するように機能拡張されました。また、XML/XHTML の整形コマンドは正しい XML/XHTML ファイルのみを使用対象としていることを明確にするために、テキスト ファイル(または、入力/ペーストしたテキスト)の比較ページが更新されました。I14571
  • フォルダ比較の マージ選択ファイルのコピー アプリケーション メニューに含まれる項目を再編成して、選択ファイルのコピー ツールバー メニューの外観に合わせました。I14562
  • 保存されたテキスト比較を読み込む際、その比較を保存した以降にディスク上の元のファイルが変更されている場合には、それを知らせるようになりました。これは、Merge 2014.4581 の動作を復活させました。I14551

不具合修正

  • フォルダ比較のパフォーマンスが、Merge 2016.4702 と比べて大幅に(最高 10 倍まで)改善されました。そのリリースでは、正規表現ライブラリの使用を Boost ライブラリから Clang C++ 標準ライブラリへ切り替えたことが原因で、パフォーマンスが受け入れ難いほど低下しました。Boost ライブラリが復活し、v1.60.0 にアップグレードされました。I14575I14609
  • 非常に大きな比較であっても、概要ストリップには、フォルダ比較の変更箇所ごとのマークが確実に示されます。I14566
  • フォルダ比較の概要ストリップには、折りたたまれたフォルダの中に変更、挿入、または削除された項目が含まれている場合、そのフォルダの位置を示すためのマークが追加されます。以前は、折りたたまれたフォルダに対してマークは示されませんでした。I14568
  • フォルダ比較の 前の変更箇所/次の変更箇所 ツールバー ボタンおよびメニュー コマンドは、フォルダ比較フィルタが有効になっている場合や非表示の項目がある場合でも、正しく動作するようになりました。I14565
  • フォルダ比較の 前の変更箇所/次の変更箇所 ツールバー ボタンおよびメニュー コマンドは、変更されたフォルダだけでなく、ファイルにも移動します。これは、Merge for Windows と動作を一致させるための措置です。I14594
  • フォルダ比較の 環境設定サブフォルダを展開する ツールバー ボタンの、ドロップダウン メニュー項目の動作が逆転する現象はなくなりました。I14613
  • フォルダ比較の 行選択挿入箇所を選択/削除箇所を選択 コマンドは、挿入または削除されたフォルダだけでなく、ファイルも選択します。これは、Merge for Windows と動作を一致させるための措置です。I14619
  • フォルダ比較で、選択した項目をコピーするためのコンテキスト メニューの名前が 選択項目のコピー… に変更され、それに応じてサブメニュー項目も調整されました。I14603
  • 3 者間フォルダ比較の 行選択削除箇所を選択 コマンドは、左右両方のペインでファイル/フォルダが削除されている行のみを選択します。I14620
  • 環境設定ウインドウの一部のテーブルで、テキストの縦方向の配置が修正されました。I14539
  • 概要ストリップに利用できる全部の垂直スペースが使用されるようになりました。I14598
  • 保存されたフォルダ比較を開くとき、変更箇所のあるフォルダが自動的に展開されます。I14567
  • フォルダ比較で 1 行をダブルクリックした場合、その前の複数の行があらかじめ選択されていても、クリックした単一の行についてのみファイル比較が起動されます。これは、Merge for Windows と動作を一致させるための措置です。(コンテキスト メニューまたは 比較を実行 ツールバー ボタンを使用すれば、複数の行について比較を起動することができます。)I14564
  • フォルダ名またはファイル名に XML 属性では無効な文字(たとえば LF)が含まれている場合でも、フォルダ比較の HTML レポートを作成できるようになりました。I14626

ダウンロード

Merge 2016.4702 for OS X 2016年 1月 12日

このリリースは Merge for OS X のメジャーなアップグレードです。2008 年のリリース以降、最も重要なアップデートです。ユーザ インターフェイスの大幅な変更、OS X 10.11 El Capitan のフルサポート、およびいくつかの機能拡張を含みます。また、多くの欠陥を修正しました。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information 重要:以前のリリースから本リリースまで、かなりの時間が空いてしまったことをお詫び申し上げます。あなたが Merge for OS X の顧客でアップグレード/サポート資格が 2015年10月31日から 2016年1月12日の間に期限が切れた場合、このリリースを使用する権利を得るために無料のアップグレード/サポート資格の延長を求めるために Araxis までお問い合わせください。(もしこのリリースを使用するための返答を待つことができない場合は、それまでの間30 日間評価版をご利用ください。)。

このリリースが行われた直前に期限切れとなった前述のお客様に加えて、このリリースはビルド日付の 1 年前以内に Merge を購入されたすべてのお客様と、アップグレード/サポート資格が下記のダウンロード ボックスに示されたビルド日付を満たしているすべてのお客様に無償で提供いたします。

システム要件

このリリースは次のプラットフォーム上でテストされサポートされます。

  • OS X 10.11.2 El Capitan
  • OS X 10.10.5 Yosemite
  • OS X 10.9.5 Mavericks

機能強化

  • Merge は OS X El Capitan 上でテストが行われ完全にサポートされました。I14527
  • 多くの新しいツールバー ボタンが追加され、多数の機能への素早いアクセスが提供されました。ツールバーは Merge for Windows リボン項目の殆どを持っていて論理的にグループ化されています。また、ツールバー アイコンは、Merge for Windows で使用されるものに基づいていますが、ネイティブの OS X スタイルに適合するように描かれています。これらの変更は 2 つのプラットフォーム上で Merge を切り替えて使用することをずっと快適にします。(任意の不要なツールバー項目は、ツールバーをカスタマイズすることにより、非表示にすることができます)。I14086I14464I14471I14487I14494
  • メイン アプリケーション メニュー バーとそのサブメニューは、完全にまだネイティブの OS X の規則を守りながら、Merge for Windows のリボン/メニューの論理レイアウトに広く適合するように改訂されています。新規ユーザのために Merge を使いやすくすることに加えて、プラットフォーム間で Merge を使用するための効率を改善します。I14344I14529
  • Merge ツールバー ボタンはネイティブ OS X スタイルを使用します。I14085
  • 比較の中で Merge for OS X はブックマーク、インジケータ、マージやその他のボタンなどに Merge for Windows と同様のスタイルの高解像度のアートワークを使用します。I14307I14532
  • 比較ペイン内の情報や警告メッセージはクリーンな最新のスタイルで作成されます。I14307
  • タブ ストリップはユーティリティの改善と最新の OS X アプリケーションに適切であるように、完全にデザインが変更されました。I14307I14463
  • デフォルトで、ツールバーはテキストラベルを表示します。I14358
  • 編集されたファイルの保存 シートで編集されたファイルのみ表示されるように改善されました。さらに編集されたファイルが保存されると、それらはリストから取り除かれます。I14450
  • 新しいアクション行選択選択範囲を切り替える メニュー コマンドと関連するツールバー項目が追加されました。I14345
  • 特定の設定を迅速に変更するために、さまざまクイックアクセス メニュー項目が環境設定 ツールバーに追加されました。たとえば、行終端文字の表示を迅速に切り替えることができます。I14281
  • 検索 ダイアログのレイアウト、内容、および動作が改善されました。I14409
  • イメージ比較に再比較 ツールバー ボタンが追加されました。I14424
  • フォルダ比較で削除や挿入されたファイルは変更列に変更ありと表示されません。これは Merge for OS X で Windows 版と同様の機能を提供し、そしてアクション行選択変更箇所を選択 コマンドの操作の混乱を回避できます。I14273
  • フォルダ比較で、比較を実行 ツールバー ボタンとアクション選択行の比較を実行 メニュー項目は比較項目が選択されている場合のみ有効です。I14272
  • 行選択 ツールバー ボタン メニュー上の変更箇所を選択挿入箇所を選択、および削除箇所を選択 項目とアクション行選択 メニュー上の関連する項目はフォルダ比較内で関連する項目が存在する場合のみ有効です。I14274
  • ファイル比較の除外行インジケータの外観が改善されました。I14482
  • 追加されたツールバー ボタンに対応するために Merge を最初に開始したときのデフォルト ウインドウの幅が拡がりました。I14451
  • アプリケーションバージョン 環境設定 タブ上のメモは OS X Mavericks のみに適用されることを示すために書き替えられました。I14501
  • さまざまな環境設定ページでマイナーなレイアウトの改善が行われました。I14514
  • アプリケーション一般 環境設定ペイン上のいくつかの項目は、明確にするために書き替えられました。I14481
  • ドキュメントは新しいメニュー レイアウト、ツールバー項目、およびその他のユーザインターフェイスの変更を反映するために広範囲に改訂されました。I14427
  • ドキュメントのインスタント図解スクリーンショット(ファイルフォルダ比較の両方)は新しいインタラクティブなスタイルにアップグレードされました。I14546
  • 英語と日本語のドキュメント内のすべてのスクリーンショットは、改訂されたユーザインターフェイスを表示するために撮り直されました。I14496
  • IntelliJ IDEA との統合の説明が更新されました。I14389
  • Cmd+Shift+? キーボード ショートカットのドキュメントが改善されました。I14510
  • Merge は Java Runtime Environment のバージョン 7 の代わりにバージョン 8 を使用するようにアップグレードされました。I14278
  • 現在 Merge は標準 C++ ライブラリが提供する正規表現サポートを使用しています。Boost ライブラリの依存関係は、したがって、削除されました。I14370
  • Merge メジャー バージョンはリリース年を反映させるために 2016 に更新されました。I13944

不具合修正

  • バイナリ比較で 検索サイズ フィールドが空の場合でもエラーは発生しません。I14259
  • インライン マージ ボタン上にマウスを移動するとポインタが矢印に変わり、ちらつきません。I14331
  • 見つかったテキストを空のストリングで置き換えることが可能になりました。以前は不規則に動作しました。I14404
  • 空白スペース文字を表示が有効な場合でも、単語の境界で改行する環境設定が機能します。I14405
  • ファイル比較のフォントとバックグラウンドの色は Merge の日本語版で変更されました。I14473
  • テキスト比較ペインで編集中に Option+Tab キーを押すと、常にタブ文字を挿入します。I14509
  • Finder 環境設定のすべてのファイル名拡張子を表示 が無効な場合でも、ファイル別名で保存比較を別名で保存… メニュー コマンドが機能します。I14408
  • ファイル文字エンコーディングの設定 メニュー コマンドのキーボード ショートカットが表示されます。I14504
  • Merge は Apple が予約済みのキーボード ショートカット Shift+Cmd+3 を使用しません。I14505
  • 文書化されている Option+Cmd+W キーボード ショートカットが動作するようになりました(すべての開いているウインドウを閉じます)。I14506
  • システム バージョン固有のキーボード ショートカット OptionCmdT はドキュメントから削除されました。I14508
  • バイナリ比較はフォーマットや表示オプションの特定の組み合わせのために極端な間隔で表示されません。I14542
  • バイナリとイメージ比較コントロール ストリップ上のアイテムは整合性を持ったサイズと配置になりました。I13613
  • テキストとフォルダ比較に関するコントロールの配置は日本語版と英語版は同じです。I13777
  • フォルダ比較で変更列の表示状態を変更する際、ファイルパス テキスト フィールドの幅を適切に調整します。I14449
  • 編集検索 メニュー上の項目はバイナリとイメージ比較で不適切に使用可能ではありません。I14457
  • ユーザ インターフェイスで、‘比較を再実行’ と ‘再比較’ が使用されていましたが ‘再比較’ に統一されました。I14455
  • フォルダ比較で編集検索ジャンプ… メニュー項目は無効になりました。I14461
  • 環境設定テキスト比較編集Tab キーは入力フォーカスの切り替えではなくインデント/インデント解除として使用 環境設定はTab キーはフォーカスの切り替えではなくタブ文字の挿入を行うに変更されました。これはその動作をよりよく示して、そして Merge Windows 版のオプションと整合性があります。I14516
  • 英語のユーザ インターフェイスとドキュメントにおける(非辞書)の単語「unindent」のさまざまなインスタンスが ‘un-indent’ に変更になりました。日本語版は以前から ‘インデント解除’ です。I14497
  • 英語のユーザ インターフェイスで、フォルダ比較のコンテキスト メニュー Re-Test Selected Rows 項目はユーザ インターフェイスのほかの部分との整合性を保つために、Retest Selected Rows に変更になりました。日本語版は以前から選択行を再テストです。I14523
  • UNIX diff コンテキスト形式レポートの例のドキュメントが修正されました。I14531
  • 登録情報は、最初に HTTP URL 経由でリダイレクトする代わりに、安全に Araxis へ直接送信されるようになりました。I14357I14439

ダウンロード

Merge 2014.4581 for OS X 2014年 12月 17日

このリリースでは OS X 10.10 Yosemite のサポートと他のいくつかの機能強化を提供しています。また、多くの欠陥を修正しました。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

このリリースは、ビルド日付の 1 年前以内に Merge を購入されたすべてのお客様と、アップグレード/サポート資格が下記のダウンロード ボックスに示されたビルド日付を満たしているすべてのお客様に無償で提供いたします。

システム要件

このリリースは、次のプラットフォーム上でテストされています。

  • OS X 10.10.1 Yosemite
  • OS X 10.9.5 Mavericks

Information Merge は OS X 10.8 Mountain Lion と 10.7 Lion 上でサポートされません。もちろん、これらのプラットフォームで動作する旧バージョンの Merge(2014.4459 以前)については引き続き使用することができます。

機能強化

  • Merge は OS X Yosemite を完全にサポートしており、このプラットフォームでテストされています。I14218I14271
  • Merge によってさまざまなタイプのファイルからテキストを抽出するために使用される Apache Tika ライブラリは最新版にアップデートされました。これは、以前に問題があったファイルからのテキスト抽出で Merge の能力を向上させます。I14098I14099
  • Merge はある特定のテキスト抽出フィルタが機能するために Java Runtime Environment(JRE)がインストールされたシステムを必要としません。(結果として Merge .dmg ダウンロード サイズが増加していました)。I14232
  • ゴミ箱に移動できないフォルダ比較内の項目を削除するときに表示されるダイアログに、すべてに適用 チェックボックスが追加されました。I12816
  • 保存されていないファイルとフォルダ比較でそれらのタブのラベルに 名称未設定 と表示されません。I13698
  • タブの表示スペース数 n スペース 環境設定の動作が変更になり、タブは最初の空白文字の代わりに右矢印として表示されます。これは連続するスペースと同等のタブ記号の存在を区別するのに役立ちます。I14000
  • git-difftool オプション --dir-diffGit と Merge の統合 で使用説明が文書化されました。このオプションは、すべての変更されたファイルを示して、フォルダ比較を開始します。I14035
  • git-mergetool ドキュメントへのリンクは Git と Merge の統合の使用説明で更新されました。I14169
  • 使用方法がSourceGear Veracity との統合で提供されました。I14165
  • ファイル比較ペインにファイルが読み込まれていないことを示すメッセージがより簡素になりました。I14015
  • フォルダ比較の変更数は Merge for Windows によって与えられたものと一致します。I12562
  • ドキュメントに対しマイナーな改善を加えました。I14262I14263

不具合修正

  • Marge が既に実行中でないときコマンドライン(AppleScript ベース)ユーティリティは OS X Yosemite 上で確実に Merge の作業を提供します。I14227
  • OS X Yosemite 上でフォルダ比較の隠しおよび,解決行は適切に淡色です。I14264
  • 比較履歴シート内の一番上の項目は OS X Yosemite 上で列ヘッダによって覆い隠されません。I14266
  • OS X Yosemite で Subversio のリポジトリを svn:// プロトコルを使用して、現在の比較をフォルダ比較上の バージョン シートで閉じるとき、クラッシュしません。I14268
  • OS X Yosemite 上のフォルダ比較で、1 フォルダ階層からほかへコピーするときに表示される確認シートのコントロールはもう間違った位置に置かれません。I14276
  • フォルダ比較で以前に Cmd+A を使用して選択された比較全体が共通の親へ自動マージ後、不一致マーカはもう表示されません。I12996
  • [Araxis Merge について] ウインドウから 登録 ダイアログを開いた後、登録 ダイアログを閉じたとき、[Araxis Merge について] ウインドウがメイン アプリケーション ウインドウ上に残ります。I13426
  • メイン アプリケーション ウインドウがフォーカスを持っていないとき、ドロップダウン メニューを持つツールバー ボタンはほかのツールバー ボタンと同じ陰影を描画します。I13656I14257

ダウンロード

Merge 2014.4459 for OS X 2014年 4月 2日

このリリースは、いくつかの機能強化を備えており、また多くの重要な欠陥に対処します。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

このリリースは、昨年 Merge をご購入されたすべてのお客様と、そして同様に適切なシリアル番号、サポートの終了およびアップグレード/サポート資格についての対象となるお客様に無料です。

システム要件

このリリースは、次のプラットフォーム上でテストされています。

  • OS X 10.9 Mavericks
  • OS X 10.8.5 Mountain Lion
  • OS X 10.7.5 Lion

Information これは OS X 10.8 Mountain Lion と 10.7 Lion をサポートする最後のリリースです。

Information 今後、Merge は OS X 10.6 Snow Leopard でサポートされません。もちろん、そのプラットフォームで動作する旧バージョンの Merge(2013.4415 以前)については引き続き使用することができます。

機能強化

  • Merge メジャー バージョンはリリース年を反映させるために 2014 に更新されました。I13944
  • テキスト比較に 2 または 3 つのフォルダをドロップすると、エラーではなく新しいフォルダ比較を開きます。I13697
  • フォルダ比較に 1 つ以上のファイルをドロップすると、エラーではなく適切なファイル比較が開始されます。I13932
  • ユーザは不一致が 3 者間自動的ファイルマージで検出された場合、明示的に警告されます。I13947
  • 一般環境設定 ページのタブ ウインドウで新しい比較を開くはその目的を明確に反映させるためにタブで新しい比較を開くに名前が変更されました。I13948
  • HTML 比較レポートは、それらを表示するために最新の標準基準に準拠したブラウザが必要とされることに言及します。以前は特定のブラウザが指定されていました。I13882
  • 構文の強調表示環境設定ページで格言語の構文要素はアルファベット順に並べ替えられます。I13953
  • Merge のアップグレードまたは新しいビルドのインストール ページが更新されました。I13888
  • 汎用構文の強調表示 ページの URL は Merge for Windows ドキュメントとの一貫性のために更新されました。I13887
  • 登録ウインドウはデフォルトで中央に配置されます。I13986
  • OS X 10.6 固有の AraxisMergeCMP.plugin プラグインへの参照がドキュメントから削除されました。I13988

不具合修正

  • ファイルが araxissvndiff ユーティリティを使用して Subversion から開かれるときワーキング コピーは再度編集可能になります。I13957
  • テキストカーソルがテキスト比較で直接行の終わりに置かれるとき、左と右矢印キーがもう特定の状況で望まれない挙動を行動を示しません。I13928
  • OS X10.9 で大規模なフォルダ比較において特定のタイプ(例えば、変更、挿入、削除)を選択するのにかかる時間が大幅に減少しました。I13942
  • 前の変更 ボタンはもうある特定の状況下でバイナリ ファイル比較で機能することに失敗しません。I13993
  • Merge ユーザ インターフェースの日本語化で、フォルダ比較環境設定ページのフォント/カラー 上のカラーボタン機能するようになりました。I13994
  • 以前に開いて、それをリフレッシュした後に 2 回目の保存をした比較を開くと、もはやエラーになりません。I13931
  • 重複したフォルダ比較でフィルタ プログラムを使用する オプションが ファイル タイプ 環境設定ページから削除されました。このオプションはスキャン 環境設定ページにあります。I13845
  • 表示環境設定ページで、相互に排他的な行内で変更部分を示さないオプションがオンの場合、ブロックの変更を行ごとの変更として扱うオプションは無効になります。I13846
  • スキャン 環境設定ページのフォルダ比較でフィルタ プログラムを使用するオプションの配置が調整されました。I13963
  • サポート/アップデートを更新するには、ここをクリックしてください。通知メッセージのリンクが修正されました。I13965

ダウンロード

Merge 2013.4415 for OS X 2013年 10月 21日

このリリースではホイール マウスを使用したスクロール問題の修正と日本語ローカライズの 2 つのマイナーな問題が修正されました。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

システム要件

このリリースは、次のプラットフォーム上でテストされています。

  • OS X 10.9 Mavericks
  • OS X 10.8.5 Mountain Lion
  • OS X 10.7.5 Lion
  • OS X 10.6.8 Snow Leopard(32 ビットおよび 64 ビット)

Information これは OS X 10.6.8 Snow Leopard をサポートする最後のリリースです。

機能強化

  • 資格情報環境設定ページのドキュメントが明確になりました。I13878

不具合修正

  • ホイール マウスを使ってパネルをスクロールするとき、ファイル比較リンク線が整列しなかった。I13877
  • 日本語版のAraxis Merge についてウインドウ内の Copyright の年が正しくなかった。また、ファイル最近保存した比較を開くメニュー項目も修正されました。I13880

ダウンロード

Merge 2013.4407 for OS X 2013年 10月 15日

このリリースは OS X 10.9 Mavericks の完全なサポート、重要なユーザ インターフェイスの改良、パフォーマンスの向上、および多くの機能拡張と修正をもたらします。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

システム要件

このリリースは、次のプラットフォーム上でテストされています。

  • OS X 10.9 Mavericks
  • OS X 10.8.5 Mountain Lion
  • OS X 10.7.5 Lion
  • OS X 10.6.8 Snow Leopard(32 ビットおよび 64 ビット)

機能強化

  • Merge は OS X 10.9 Mavericks を完全にサポートしており、このプラットフォームで最適化およびテストされています。I13865I13869I13868I13834I13817I13797I13814I13803I13796I13795
  • OS X Lion 以降では、次/前の変更ボタンおよびマージ ボタンは、ホスト オペレーティング システムや最新の UI デザインといっそう調和したシンプルで明確なビジュアル スタイルになりました。I13818I13842
  • 参照履歴リスト、および バージョン ボタンをそれらに関連するファイル/フォルダの入力フィールド内へ移動させることにより、全体的な外観の乱雑さを軽減しました。I13833
  • Merge ドキュメントを徹底的に見直して、より読みやすく、かつ移動しやすくしました。ドキュメントは、主として Araxis の Web サイトに置くようにしました。その結果、ダウンロード サイズが小さくなり、必要なディスク領域が減少したことに加え、製品リリース間の拡張検索および更新が容易になりました。I13802
  • バイトオーダーマーク(BOM)なしの UTF-8 ファイルの文字エンコーディングの自動検出が改善されました。I13683
  • SmartGit/HgIntelliJ IDEA を Merge と統合する手順が提供されます。I13688I13663
  • テキスト比較を実行するとき、比較する 2 つまたは 3 つのファイルを同時に読み込み、処理を開始するようになりました。これにより、マルチプロセッサ マシン上での比較のパフォーマンスが向上します。I13840
  • Merge は、OS X 自身が使用するために Apple で予約されているキーボード ショートカットを使用しなくなりました。最新のキーボード ショートカット キーの一覧は、キーボード ショートカットを参照してください。I13847
  • 異常に長いテキスト行(たとえば、10,000 文字以上)を含むファイルの描画パフォーマンスが大幅に改善されました。I13835
  • 構文の強調表示を行う詳細がかなりの量含まれている非常に長い行について、テキスト描画のパフォーマンスが改善されました。I13602
  • 一部のファイル属性(例:読み取り専用)は、非ローカル ファイル システム(例:FTP やネットワーク共有など)上にあるファイルの場合には信頼できません。しかし、ファイル システムがローカルであるかどうかのチェックは非常に時間がかかります。そのため、ボリュームごとに 1 回だけチェックが実行されるようにすることで、フォルダ比較のパフォーマンスを改善しました。I13837
  • 非常に大規模なフォルダ比較における特定の操作(選択したパスのコピー、Finder で選択したファイルの表示/オープン、選択したファイルの削除)のパフォーマンスが大幅に改善されました。I13806
  • ある程度大きい XML ファイルに対する、XML 整形のパフォーマンスが大幅に改善されました(テスト ケースでは、28 万行のファイルを比較しました)。I13807I13587
  • 比較エンジンは、コードの重要な部分を守るために、より効率的なメカニズムを使用するように更新されました。I13825
  • Merge は、Unicode 文字 U+3000(IDEOGRAPHIC SPACE:全角スペース)を空白文字として処理するようになりました。そのため、全角スペースを無視したりひとまとめにしたりできるようになりました。I13645
  • Microsoft Office ドキュメントのファイル比較フィルタが使用できるメモリ容量は、256 MB から 512 MB に増加されました。これにより、メモリ不足によるエラーを受け取らずに、大きなサイズの Microsoft Office ドキュメントを比較できるようになりました。それでもまだ、大きな Microsoft Office ドキュメントを比較するときにメモリ不足エラーが発生するようであれば、Araxis のサポートに連絡してください。I13553
  • ファイル最近使ったファイルを開くメニュー項目は、混乱の可能性を減らすために、ファイル最近保存した比較を開くに名前が変更されました。I13799
  • よく寄せられる質問(FAQ)の Merge for Mac OS X は FTP サーバ上のコンテンツを含んで比較を行うための FTP プラグインを持っていますか? が更新されました。I13740
  • フォルダ比較のフィルタ例が更新されました。I12357
  • ドキュメントに対し、その他さまざまなマイナーな改善を加えました。I13870I13850I13650I13680
  • Merge で使用される Boost ライブラリは v1.54.0 にアップグレードされました。I13805

不具合修正

  • フォルダ比較は、フォルダ比較フィルタによって多くのファイルが除外されても、処理が予想より遅くなることはなくなりました。I13669
  • ツールバーのカスタマイズはセッション間で持続されるようになりました。I13096
  • ステータス行は、フォルダ比較から起動されたすべてのテキスト比較で表示されるようになりました。以前は最初だけ表示されました。I13552
  • バージョン ボタンから、Git リポジトリの子孫フォルダ内のファイルのリビジョンを見ることができるようになりました。I13632
  • ソース管理、構成管理およびその他のアプリケーションとの統合ページは Merge コマンド ライン ユーティリティの正しい場所で更新されました。I13641
  • Subversion ファイルの以前のリビジョンは、他のブランチにある場合でも(バージョン ボタンを使って)表示できるようになりました。これは、削除されたファイルの以前のリビジョンを示すことを犠牲にしました。I13627
  • バージョン ボタンは、file://http://、または https:// プロトコルのいずれかを使用してチェックアウトしたときに有効になり、Subversion リポジトリ ファイル/フォルダのローカル作業コピーであるファイルやフォルダに対して正しく動作するようになりました。I13654
  • 行の折り返しが無効になっているとき、水平スクロールによって画像が乱れること(Retina ディスプレイで、マージ ボタンから細い縦線が引かれるなど)はなくなりました。I13692
  • マウス ポインタがパネル サイジング ノブの上にあるときは、確実に手の形に変わります。I13838
  • テキスト比較のマージ ボタンは、ある特定の状況において Retina ディスプレイ上で少しぼやけて表示されました。I13839I13789
  • Retina ディスプレイでは、ある特定の状況において、変更ブロックの背景色に細い白色の横線が表示されました。I13731
  • Araxis Merge についてウインドウの Araxis Merge アイコンは、OS X 10.6 Snow Leopard で日本語 UI を使用している場合、正しいサイズで表示されませんでした。I13849
  • 比較履歴シートは、ボタンと重ならないように、最小サイズになりました。I13815
  • フォルダ比較で、右側にあるフォルダの入力フィールドの右端は、関連するフォルダ ペインの右端と揃えました。I13856
  • 日本語版のユーザ インターフェイスで、メニューに表示されるキーボード ショートカットは正しくなりました。I13772
  • アプリケーションSCM 環境設定ページの入力フィールドとラベルは一列に並べられました。I13848I13581
  • バージョン ボタンは、ネットワークの Time Machine のバックアップでは動作しないという事実を反映するためにドキュメントが更新されました。ローカル Time Machine のボリュームは引き続きサポートされます。I13585
  • シェルの PATH に Merge コマンド ライン ユーティリティを追加するためのインストール方法が修正されました。I13640
  • フォルダ比較で UTF-16 のサロゲート ペアを含んでいるファイル名を検出すると、Merge がクラッシュしました。I13809
  • テキスト行をレンダリングするときにフォント カーニングが無効になっています。I13836
  • Araxis Merge についてウインドウの年フィールドは、特定の年をハードコードしないで、ビルド日付から自動的に算出されるようになりました。I13832
  • リソース フォークのコンテンツを含める環境設定は未使用のため削除されました。I10804

ダウンロード

Merge 2013.4283 for OS X 2013年 1月 14日

このリリースは、いくつかのマイナーな機能強化や修正を特徴とします。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

システム要件

このリリースは、次のプラットフォーム上でテストされています。

  • OS X 10.8.2 Mountain Lion
  • OS X 10.7.5 Lion
  • OS X 10.6.8 Snow Leopard(32 ビットおよび 64 ビット)

Information 今後、Merge は OS X 10.5 Leopard でサポートされません。そのプラットフォームで動作する旧バージョンの Merge(2012.4246 以前)については引き続き使用することができます。

機能強化

  • 種々の Merge コマンドライン ユーティリティは、インストールを簡素化するために、アプリケーション バンドルに移動されました。コマンドライン ユーティリティを使用する場合は、それに応じて、シェルの PATH 環境変数を更新する必要があります。詳細については、インストール方法を参照してください。I13534
  • オンライン ヘルプでマイナーな改善を行いました。I13347I13396
  • アプリケーション オプション環境設定タブはアプリケーションに名前が変更されました。
  • Merge メジャー バージョンはリリース年を反映させるために 2013 に更新されました。I13535

不具合修正

  • テキストまたはバイナリ ファイルの比較を閉じるとき、時々クラッシュする問題が修正されました。I13516

ダウンロード

Merge 2012.4269 for OS X 2012年 11月 26日

このリリースは、多くのマイナーな機能強化や修正を特徴とします。すべてのユーザ(Leopard 上でのものは除く)は最新版にアップグレードすることを推奨します。

システム要件

このリリースは、次のプラットフォーム上でテストされています。

  • OS X 10.8.2 Mountain Lion
  • OS X 10.7.4 Lion
  • OS X 10.6.8 Snow Leopard(32 ビットおよび 64 ビット)

Information このリリースでは、Merge は OS X 10.5 Leopard 上でサポートされません。もちろん、そのプラットフォームで動作する旧バージョンの Merge(2012.4246 以前)については引き続き使用することができます。

機能強化

  • Merge の OS X 10.7 バリアントは OS X 10.7.5 の Gatekeeper 導入に対応するためにデジタル署名されています。I13414
  • アプリケーション アイコンは Retina ディスプレイ用に更新されました。アプリケーション自身は Retina ディスプレイ解像度のフルサポートを続けています。I13405
  • Cornerstone client for Subversion の統合の説明がソース管理、構成管理およびその他のアプリケーションとの統合ページに追加されました。I12374
  • タブとツールバー ボタンは Mountain Lion と Lion ユーザ インターフェイス スタイルとより適合するように調整されました。I13451

不具合修正

  • Mountain Lion で araxisgitdiffaraxisopendiff コマンドライン ユーティリティは正確に相対パスで動作します。I13415I13435
  • Mountain Lion でアプリケーション メニューに示されたキーボード ショートカットは ‘fn’ の代わりに正しいショートカットを示します。
  • コピー先が読み取り専用の親フォルダを持っているフォルダ比較で 1 つのパネルから別のパネルにファイルをコピーするとき、Merge はフォルダ階層を作成することが可能です。I13421

ダウンロード

Merge 2012.4246 for OS X 2012年 9月 13日

このリリースでは、OS X Mountain Lion がフルサポートされました。(また、Retina ディスプレイを持つ新しい Mac Book Pro のサポートを継続しました)。これは OS X 10.5 Leopard をサポートする最後のリリースです。すべてのユーザ(Leopard 上でのものは除く)は最新版にアップグレードすることを推奨します。

システム要件

このリリースは、次のプラットフォーム上でテストされています。

  • OS X 10.8.1 Mountain Lion
  • OS X 10.7.4 Lion
  • OS X 10.6.8 Snow Leopard(32 ビットおよび 64 ビット)

次のプラットフォームも動作し、個別のセットアップ ディスク イメージでサポートされますが、今後は定期的なリリース テストの対象にはなりません。

  • OS X 10.5.8 Leopard(32 ビットおよび 64 ビット、PowerPC および Intel ユニバーサル バイナリ)

Information 今後、Merge は OS X 10.4 Tiger でサポートされません。もちろん、そのプラットフォームで動作する旧バージョンの Merge(2009.3793 以前)については引き続き使用することができます。

機能強化

  • Merge は OS X Mountain Lion 上で完全なテストが行われサポートされます。ダウンロードは Mountain Lion 用が特別に用意されています。I13370I13380I13383
  • Merge の OS X 10.8 バリアントはデジタル署名されています。Mountain Lion 上で Gatekeeper のシステム環境設定セキュリティとプライバシー 一般すべてのアプリケーションを許可の設定にかかわらず開くことができます。I13286
  • 2017 年以降のサポート有効期限のシリアル番号をサポートしました。I13302

不具合修正

  • フォルダ比較で第 1 及び第 2 フォルダを交換した後、直ちに、コンテキストメニューを表示することによって引き起こされるクラッシュが発生しなくなりました。I13389

ダウンロード

Merge 2012.4201 for OS X 2012年 5月 31日

このリリースは、いくつかのマイナーな機能強化や修正を特徴とします。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

機能強化

  • araxissvndiff ユーティリティを使用する場合(たとえば、svn diff -c <n> の実行結果として)、Merge は提供されたパネル タイトルのテキストからファイルの種類を推測するようになりました。これは場合によって、構文の強調表示を有効にする必要があります。ただし、これは Subversion に関する潜在的な問題に対しては脆弱な対処法なので注意してください。Subversion では拡張子がない一時的なファイル名を作成するので、他のアプリケーションはファイルの種類を正確に推測することが非常に困難になります。I13192
  • フォルダ比較の自動マージ操作で、事前に非テキスト ファイルを省略するよう指示していた場合、その自動マージ操作の後、マージされなかった非テキスト ファイルに関して警告しなくなりました。I13197
  • Git 用クライアントの Tower と Merge の統合に関する説明がソース管理、構成管理およびその他のアプリケーションとの統合 ページで提供されるようになりました。I13169
  • メモリの処理がさらに最適化されました。これは、特に大規模な比較で、パフォーマンスの向上に役立ちます。I13226

不具合修正

  • OS X Lion で、テキストをドラッグ アンド ドロップで編集すると、テキストがドラッグされたとおり正しく表示されるようになりました。I13219
  • バイナリ比較でファイルにコメントを追加しても、ファイルが編集されたと示されることがなくなりました。I13266
  • テキスト比較で行番号を表示させないオプションを選択した場合、行番号は HTML レポートで表示されなくなりました。I13153
  • フォルダ比較とファイル比較用のフォント/カラー環境設定タブ内のサンプル テキストが中央揃えになりました。I13185
  • フォルダ比較のフォントの設定に対して機能しないコントロールが環境設定から削除されました。I13184
  • XML および HTML による 3 者間ファイル比較レポートで、正しいフォントが使用されるようになりました。I13151

ダウンロード

Merge 2012.4169 for OS X 2012年 2月 22日

このリリースは Git と Mercurial リポジトリへのダイレクト アクセスおよびいくつかの機能強化と修正が含まれます。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information Araxis では Merge 2011.4040 リリースについて、主に OS X Lion および Snow Leopard を対象にテストしています。Merge は、今後も個別のセットアップ ディスク イメージを介して OS X Leopard をサポートしますが、以後、このプラットフォームは定期的なリリース テストの対象にはなりません。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

機能強化

  • Merge は Git と Mercurial リポジトリから直接ファイルにアクセスできるようになりました。詳細については、GitMercurial の統合の説明を参照してください。I10840I12824
  • フォルダ比較でフィルタ プログラムを使用するオプションはフォルダ比較 環境設定タブに移動しました。I11876
  • フォルダ比較オプションの挿入および削除ファイルの行カウント統計を収集するは、デフォルトでオフになりました。I11873
  • メジャー バージョン番号はリリース年を反映させるために 2012 に更新されました。I13041

不具合修正

  • OS X Lion 上で断続的なクラッシュが発生する場合があった。I13128
  • 3 者間バイナリ ファイル比較のセンターパネルでコンテンツは 2 回以上表示されません。I13083
  • Merge はフォルダの 1 つが暗号化されたネットワーク上にファイルをコピーすると失敗した。I13117
  • ドキュメントでマイナーな改善と修正が行われました。I12965I12990I13053I13115

ダウンロード

Merge 2011.4126 for OS X 2011年 11月 8日

このリリースでは、OS X Lion のフルスクリーン モードのサポートと、英語および最新のローカライズされた日本語版が提供されました。その他さまざまな機能強化や修正も含まれました。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information Araxis では Merge 2011.4040 リリースについて、主に OS X Lion および Snow Leopard を対象にテストしています。Merge は、今後も個別のセットアップ ディスク イメージを介して OS X Leopard をサポートしますが、以後、このプラットフォームは定期的なリリース テストの対象にはなりません。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

機能強化

  • OS X Lion のフルスクリーン モードがサポートされるようになりました。I12721
  • 日本語版のユーザ インターフェイスおよびヘルプが最新のものに更新されました。I12973
  • 環境設定ウインドウでは、さらに OS X Lion に合わせてアイコンを再描画しました。I12730
  • Merge ディストリビューション ディスク イメージのファイル名が変更され、OS X Lion 用の新しいディスク イメージが導入されました。詳細は インストール方法をご覧ください。I12873
  • Merge と SourceTreer の統合の説明が提供されるようになりました。I12833
  • Merge と MacHg との統合の説明が更新されました。I12911
  • Merge は、そのドック アイコンを右クリックして新しい比較を開くときに、前面に表示されるようになりました。I12944

不具合修正

  • Merge と AccuRev との統合の説明が修正されました。I12810
  • オンライン ヘルプでマイナーな修正が行われました。I12896I12839I12831
  • [前の変更箇所]ボタンがバイナリ比較で正しく動作するようになりました。I12679
  • 入力されたテキストによる 3 者間テキスト比較に対する比較の統計情報が修正されました。I12724
  • compare コマンド ユーティリティを使用してファイル比較を開くときに、余分な空のタブを開くことがなくなりました。I12739
  • フォルダ比較の統計情報ウインドウのテキストで、環境設定への参照が Merge for OS X 用に適切になりました。I12842I12843
  • 保存済みの 3 者間ファイル比較が 2 者間ファイル比較として開いてしまうことがなくなりました。I12942

ダウンロード

Merge 2011.4040 for OS X 2011年 6月 27日

このリリースは、OS X Lion 開発者プレビューにおける変更に応じてさらにアップデートされています。その他いくつかの機能強化や修正も行われました。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information Araxis ではこのリリースについて、主に OS X Lion および Snow Leopard を対象にテストしています。Merge は、今後も個別のセットアップ ディスク イメージを介して OS X Leopard をサポートしますが、以後、このプラットフォームは定期的なリリース テストの対象にはなりません。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

変更

  • Merge は、OS X Lion Developer Preview 4 + アップデートで完全に機能するようになりました。Lion Developer Preview 3 以降に発生していたいくつかの問題は解決されました。
  • Merge では、Lion でファイル フィルタを使用しようとする場合や Java ランタイムが存在しない場合により役立つ説明を提供するようになりました。I12614
  • Merge を OS X Lion のある特定の状況で終了したとき、Merge がクラッシュすることがなくなりました。I12620
  • Lion Developer Preview 4 + アップデートでは、Merge の起動時に空の比較ウインドウが開くようになりました。I12692
  • Lion Developer Preview 4 + アップデートでは、スクロール バーおよびスクロールが現れ正しく動作するようになりました。I12667I12709
  • Lion Developer Preview 4 + アップデートの場合、パネル内に表示される情報や警告メッセージが、バウンススクロールがスクロールの終端を越えたときに不正になることがなくなりました。I12723
  • ヘルプ トピックは Lion に対応するよう適切に更新されました。I12738

機能強化

  • Merge と Mercurial との統合の設定手順が改善され、また、Merge と MacHg との統合の設定手順が追加されました。I12087I12661
  • 環境設定ページのアプリケーション オプションにある Perforce および Subversion タブは SCM という 1 つのタブにまとめられました。I12669I12733
  • ウインドウの内部管理は保全性を改良するために改変されました。これはユーザ側には見えない変更です。I12635

不具合修正

  • Merge で提供される AppleScript スクリプト(サンプル)は、すべて再び動作するようになりました。I12740
  • Merge でファイルファイルを別名で保存を使用したときにクラッシュすることはなくなりました。I12633
  • Subversion プラグインを使用した Subversion リポジトリで、削除済みファイルの前のリビジョンを見ることができるようになりました。I12628
  • Subversion プラグインは、匿名アクセスをサポートするよう設定された Subversion リポジトリを使って動作するようになりました。svnfile: プロトコルも再び動作するようになりました。I12629
  • 環境設定ページで日本語ローカライゼーションにおける不足バインディングが修復されました。I12599
  • テキスト比較でパネルの交換時、同期リンクが削除されるようになりました。I12674
  • 環境設定ページで出現していた誤ったツールヒントが削除されました。I12675
  • イメージ比較およびバイナリ比較で、不適切に有効になるいくつかのメニュー項目が無効になりました。I12680
  • フォルダ比較のフォルダの左側にある情報開示三角形は、列見出しがソートに使用される場合でも表示されるようになりました。I12682

Merge 2011.4026 for OS X 2011年 5月 12日

このリリースでは、OS X Lion への対応も導入されました。特定の SCM システムへのアクセスが大幅に向上し、その他多くの機能強化や修正が行われました。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

機能強化

  • OS X Lion への事前対応が追加されています。これは OS X Lion Developer Preview 2 でテストされています。粗削りな部分が若干あるものの、Merge は完全に動作します。Lion での Merge の使用で問題が生じた場合はご報告ください。I12590I12497
  • バージョン ボタンでは、Perforce または Subversion リポジトリに保存されている、あるいは Time Machine によって保存されている、現在のファイルまたはフォルダより古いバージョンのファイルやフォルダを利用できるようになりました。詳細については、更新されたテキスト ファイル(または、入力/ペーストしたテキスト)の比較トピックを参照してください。I12278I12298I12300I12301I12277I12352I12360I12398I12401I12404I12407I12409I12419I12421I12469I12474I12488I12490I12493I12494I12521I12523I12524I12525I12526I12527I12532I12534I12539
  • Merge には、SCM システムへのアクセスに使われるすべての資格情報を保存する単独の環境設定ページがあります。これは、Merge でログイン情報が必要なときにポップアップするために使用するアドホックなダイアログを置き換えます。I12388
  • Merge と、Git、Subclipse、Subversion および svnX の統合に関するドキュメントが改訂されました。Subversive との統合に関する説明が追加されています。I12162I11416I12075I12018I12041I12050
  • フォルダ比較で、すべて選択 メニュー項目を使用すると、折りたたまれていたすべてのサブ フォルダの内容が展開され選択されるようになりました。I11972
  • Time Machine バックアップから、現在のファイルの別バージョンのファイルへのアクセスに関するドキュメントが改訂されました。I12408I12370
  • コマンドラインによる比較ユーティリティは、比較の実行後に Merge を最前面に移動させることを試みるようになりました。I12099
  • ファイル比較環境設定ページにあるファイル タイプファイル名のパターンでは、ワイルドカードを使わないリテラル ファイル名が指定できるようになりました。I12369
  • Merge 画面の左下に現れる通知メッセージは、より読みやすくするため少し長く表示されるようになりました。I12055
  • メジャー バージョン番号はリリース年と一致させるために 2011 に変更されました。I12340
  • サポートの期限切れ通知メッセージは、明確に失効するまで表示され続けるようになりました。以前は、30 日ごとに 1 回しか表示されず、見落としがちでした。I12061
  • Merge はそのアプリケーション バンドル Info.plist ファイルに CFBundleVersion および CFBundleShortVersionString の両方を指定するようになりました。これにより、特定のサードパーティ製ソフトウェア アップデート マネージャー(MacUpdate など)との互換性が向上するでしょう。I12350
  • Merge ディストリビューション ディスク イメージの内容から、不要な EULA.rtf ファイルが削除されました。I12171
  • 法定通知ページの Boost ライブラリについての商標と情報が更新されました。I12295I12302

不具合修正

  • 自動フォルダ マージを実行したときに、あるファイルが共通の親フォルダに存在しなかった場合、Merge は新たに作成されるマージ ファイルには既存のファイルと同じ文字エンコーディングを使用するようになりました。I12238
  • [フォルダ比較]環境設定ページのファイルのタイムスタンプとサイズをチェックするオプションをオンにすると、次のサイズを超えるファイルはバイト単位で比較設定が適切にグレーアウト(灰色表示)され非アクティブになるようになりました。I12059
  • 3 者間バイナリ比較で特定のファイルを比較したときに発生するクラッシュが修正されました。I12603
  • Merge では、誤って宣言された不正な文字エンコーディングの HTML ファイルを読み込んだ場合にクラッシュすることがなくなりました。I12506
  • 正規表現のリファレンストピック内の誤字が修正されました。I12165
  • [アプリケーション オプション]環境設定ページの通知で、通知の表示対象ラベルの下にあるチェックボックスは左揃えになりました。I12010
  • HTML レポートの ‘unchanged lines omitted’ 文字列は正しい場所へ移動されたので、今後の Merge リリースでは正しくローカライズされる予定です。I12266
  • テキスト ファイル(または、入力/ペーストしたテキスト)の比較トピックは、前リリースの Merge でアップデートされたファイル フィルタの機能について適切に反映するよう更新されました。I12014I12015
  • コマンドラインから compare を使用して Merge を起動するためのドキュメント例でのエラーが修正されました。I12377

Merge 2010.3907 for OS X 2010年 7月 21日

これは Merge 2010 for OS X の前の製品リリースでした。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

機能強化

  • 構文の強調表示のカスタマイズでは、Merge で認識されないファイルのタイプを定義できるようになりました(環境設定..テキスト比較構文の強調表示一般…)。I11713I11835I11836I11837I11839I11845I11969I11978
  • Microsoft Excel スプレッドシート用のテキスト抽出フィルタが大幅に改善されました。特に数値セルについては、適用されている正しい数値形式を持つようになりました。I11850I11923
  • PDF フィルタは、ほとんどの日本語 PDF からテキストを抽出できるようになりました。I11854
  • OS X 10.6 用に最適化されたバージョンの Merge が提供されます。OS X 10.5 用の個別ダウンロードは今後も提供されます。OS X 10.4 Tiger は新しいバージョンの Merge ではサポートされなくなりました(もちろん、お客様は以前のリリースを使い続けることができます)。I11305I11763I11858
  • フォルダ比較で使用するメモリが少なくなりました。さらに、サイズが非常に大きいフォルダ比較の 2 度目の実行では RAM の使用がはるかに少なくなり、実行速度が極めて速くなります。I11820I11821
  • 特定の通知メッセージを禁止できるようになりました(環境設定…アプリケーション オプション通知)。I11397
  • タブ化されたユーザインターフェースがデフォルトになりました。I11075
  • タブ モードの場合、ポインタがタブ上のどの位置にあっても、そのタブ上のドキュメント アイコンが閉じるボタンに変わるようになりました。以前は、ポインタを直接ドキュメント アイコン上に置かないと閉じるボタンに変わりませんでした。I11219
  • Merge for Windows と OS X の新規インストールは、デフォルトで、変更の強調表示色に同様の色を使用するようになりました。I11467
  • 新しい比較が開始されるとき、混乱を避けるために既存の以前のフォルダ比較の結果はクリアされるようになりました。I11819
  • よく寄せられる質問にフォルダ比較の実行速度の向上の説明が追加されました。I11841
  • 新しいコマンドライン ユーティリティ compare2 が追加されました。これは compare-swap 引数を使用したように動作します。I11551
  • 外部ファイル フィルタ プログラムへ渡される一時的な入力ファイルの名前は、元のファイルと同じ拡張子を持つようになりました。これは外部フィルタにその拡張子に基づいてファイルのタイプを決定することができるようにします。I11695
  • Git と Merge の統合についての説明で、外部の比較およびマージ ツールとして Merge を構成するための新しい簡単な方法が追加されました。I11890
  • Merge のメジャー バージョンが 2010 に更新され、それに合わせて著作権日付も延長されました。I11534
  • Merge の新しいアプリケーション アイコンが新しい Araxis 製品ファミリスタイルで描かれるようになりました。I11882I11904I11994
  • オンライン ヘルプでマイナーな改善を行いました。I11462I11577I11462I11834I11997I11298

不具合修正

  • フォルダ比較の自動マージ操作で、第 1 フォルダのファイルと 第 2 フォルダのファイルでは変更が無く、 第 3 フォルダでファイルが削除されていた場合には、共通の親フォルダでファイルが削除されるようになりました。I11709
  • フォルダ比較の自動マージ操作で、中央のパネルにあるファイルが、左右のペインの一方には存在せず、もう一方のパネルでは変更されている場合は、フォルダ比較の不一致としてフラグ付けされるようになりました。I11957
  • フォルダ比較のマーカの詳細を見るためにホバーリングするとき、黄色の背景はもう表示されません。この問題は Snow Leopard でのみ発生しました。I11299
  • Snow Leopard で Merge が突然終了を求められる場合(例えばマシンのシャットダウン)でも環境設定の変更を保存するようになった。I11405
  • 1 つの同期リンクが 3 つ(またはそれ以上)のヘッドを持つことができることによる問題は解決された。I11512
  • html2TextFilter ファイル フィルタは、XHTML ドキュメントからテキストを抽出できるようになりました。I11831
  • 保存していない変更を破棄 ボタン(変更されたファイルの保存 シート)用のキーボード ショートカットが追加されました。I11420
  • 表示比較の統計情報 メニュー項目がイメージ比較で誤って使用可能になっていました。I11621
  • ファイルレポート… メニュー項目がイメージおよびバイナリ比較で使用可能になることはなくなりました。I11727
  • 書式付き XML ファイルで行末部分にある空白が無視されている場合は警告メッセージが表示されます。I11697I11947
  • Mercurial 統合の手順が修正されました。I11781
  • PDF テキスト抽出フィルタで、ある特定の Apple PDF ドキュメント内のすべての二重文字(合字)が削除されないようになりました。I11826
  • フォルダ比較はドライブ リンクをたどろうとしたり、キャラクタ デバイス(/dev のハードドライブ イメージ)を読み込もうとしなくなりました。これは Time Machine バックアップを含んでいるボリューム上で実行できるようにします。I11844
  • ファイル パターン *.inc および *.dtd は、環境設定ページの構文強調[]で一度だけ出現するようになりました。I11846
  • 3 者間フォルダ比較で編集変更行の選択 メニュー項目は挿入および削除された行を選択できなくなりました。I11959
  • テキスト比較のためにフォント設定の変更が常に可能になりました。I11995

Merge 2009.3793 for OS X 2009年 10月 12日

これは Merge 2009 for OS X の前の製品リリースでした。(OS X 10.4 Tiger をサポートした最後の製品)。Tiger を使用しないすべてのユーザには最新版にアップグレードすることを推奨します。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

機能強化

  • Merge は OS X 10.6 Snow Leopard と完全な互換性が確保されるようになりました。I11260I11223
  • OS X 10.6 Snow Leopard を実行中の 64 ビット マシンにおける Finder 統合のサポートが、システムで提供されるサービス メニューを介して追加されました。これについては、新しいトピックFinder との統合で詳しく説明しています。I11172I11292I11300
  • 単一のトップ レベル ウインドウ内でタブを使用するように Merge が設定されている場合、タブ ストリップにドロップダウン メニューが表示されるようになりました。これを使って、開いているタブをどれでも選択できます。I11088
  • フォルダ比較では、環境設定 ツールバー ボタンのドロップダウン メニューに、別のフィルタを選択するためのサブメニューが追加されました。I11142
  • ある特定の状況における、テキスト比較内の検索と置換のパフォーマンスが改善されました。I11261
  • 追加情報が外部ファイル フィルタ プログラムに渡されるようになりました。詳細については、ファイル タイプ トピックを参照してください。I11165
  • コマンド ラインの比較 ユーティリティで、Subversion リポジトリ内にあるファイルを直接比較できるようになりました。I11205
  • Microsoft Excel ファイルのテキスト抽出フィルタの制限に関する情報について、 よく寄せられる質問リストが更新されました。I11100

不具合修正

  • OS X 10.6 Snow Leopard 環境で実行している際、エンコーディング問題によって比較統計情報で問題が発生する状況は修正されました。I11242
  • OS X 10.6 Snow Leopard でスクロールしている際、イメージ ファイルが正しく表示されるようになりました。I11311
  • ある非常に特定の状況下で、マージ操作をした後に画面が壊れる現象は発生しなくなりました。I11272
  • OS X 10.4 Tiger で、テキストのみを表示するようツールバーで選択すると、すぐにこの機能が働くようになりました。I11308
  • スムーズ スクロールを使用する システム環境設定が設定されていても、スクロール中にリンク線が正しく表示されるようになりました。I11310I10677
  • 修正ファイルを上書き保存 シートの保存または上書き保存… セグメント ボタンをクリックした場合、最後に選択した表内の行ではなく正しい行に対して作動するようになりました。I11277
  • テキスト比較内のマージ ボタンのアイコンが常に鮮明に表示されるようになりました。以前は、場合によっては若干ぼやけていることがありました。I11245
  • Git バージョン管理システムとの統合に関するソース管理、構成管理およびその他のアプリケーションとの統合 ページの説明が訂正されました。I11184
  • ソース管理、構成管理およびその他のアプリケーションとの統合 ページの日本語ページの書式が修正されました。I11186
  • コマンド ライン リファレンス トピック内のエラーは修正されました。I11078
  • 正規表現のリファレンス ヘルプ トピック内の壊れたリンクは修正されました。I11173
  • ヘルプ内のさまざまな誤字が修正されています。I11105

Merge 2009.3725 for OS X 2009年 6月 24日

これは Merge 2009 for OS X の前の製品リリースでした。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

不具合修正

  • 日本語にローカライズされたユーザ インターフェイスのさまざまな外観が修正された。

Merge 2009.3721 for OS X 2009年 6月 1日

これは Merge 2009 for OS X の前の製品リリースでした。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

不具合修正

  • 日本語バージョンで環境設定のタブ ウインドウで新しい比較を開くが正しく機能しなかった。

Merge 2009.3719 for OS X 2009年 5月 28日

これは Merge 2009 for OS X の前の製品リリースでした。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

機能強化

  • タブ インターフェイスがオプションとしてサポートされました。これを有効にするには、環境設定アプリケーション オプションタブウインドウで新しい比較を開く をチェックします。I10842I10893I11055I10870I10781
  • Git バージョン管理システムとの統合が 2 つの追加コマンドライン ユーティリティ araxisgitdiffaraxisgitmerge の提供によってサポートされました。統合の説明はソース管理、構成管理およびその他のアプリケーションとの統合を参照してください。I10548I10793I10990
  • Mercurial バージョン管理システムと Merge の統合の説明がソース管理、構成管理およびその他のアプリケーションとの統合 ページで提供されるようになりました。I10465I10991I10992
  • Interface Builder と Merge の統合の説明が提供されるようになりました。I10882I10736
  • Seapine Surround SCM との統合情報が ソース管理、構成管理およびその他のアプリケーションとの統合 ページで提供されるようになりました。I10816
  • SmartSVN および SmartCVS と Merge の統合の説明が ソース管理、構成管理およびその他のアプリケーションとの統合 ページに追加されました。I10657
  • Versions client for Subversion の統合の詳細がソース管理、構成管理およびその他のアプリケーションとの統合 ページに追加されました。I10688
  • PDF をイメージではなくテキストとして比較する方法に関する FAQ 項目が、‘Merge の効率的な使用’ セクションに追加されました。I11020
  • ‘Merge を使用して Microsoft Word やほかのアプリケーションのドキュメントを比較することができますか?’ FAQ 項目が Microsoft PowerPoint .pptx ファイルに言及するために更新されました。I11022
  • 新しいオプションをアンチェックすることによってフォルダ比較が大幅にスピードアップできます。環境設定フォルダ比較スキャン挿入および削除ファイルの行カウント統計を収集するI10750
  • ネットワーク共有上のファイルを削除する前にファイルをゴミ箱に移動できないためリカバーできないことを警告するようになりました。I10611
  • Cmd+E編集検索選択部分を検索に使用として機能します。I10968
  • 新しい空の 3 者間比較の 2 番目のパネルのデフォルト パネルタイトルは共通の親ファイルになりました。第 2 ファイルではありません。I10983
  • FAQ に、‘私の Merge シリアル番号を私の Mac 上のすべてのユーザで使用するにはどのようにすればいいですか?’ 項目が追加されました。I10609
  • 環境設定ウインドウのフォルダ比較ページが再配置され、解りやすく管理が容易になりました。I10837
  • 新しいインストールはデフォルトのフォルダ比較フィルタのために FAT/FAT32 ボリュームの拡張属性ファイル(プレフィックスされた ._)を除外します。I11064
  • FAQ に サイズが大きいファイルの比較実行速度の向上が追加されました。I10861
  • C ソースコードで関数とタイプ名をダブルクリックすると名前全体を強調表示するようになりました。I10592
  • テキスト ファイル(または、入力/ペーストしたテキスト)の比較トピックは Visual Dataflex ファイルの構文強調表示のサポートに言及するために更新されました。I10770
  • ヘルプでマイナーな改善を行いました。I10814I10876I10802I10835I10951I10980

不具合修正

  • 別名で保存で DOS から OS X 行終端の XML ファイルに変更するとき、行終端は表示のために再フォーマットされた XML ファイルではなくオリジナル ファイルのように適用されます。I10594
  • Merge は検索テキストのために共有検索ペーストボードを使用します。I10765
  • フォルダ比較で横列にファイルが 2 つ以上存在する場合のみ新しいファイルを示すためにアイコンが装飾(赤色の四角)されます。I10806
  • 概要ストリップは、コマンド ラインから開かれたすべてのファイルの初期ロードで表示されるようになりました。I11008
  • compare コマンド ライン ユーティリティは、入力ファイルの権限にかかわらずマージされた出力ファイルに保存できるようになりました。I10936
  • compare コマンド ライン ユーティリティの -wait 引数は、Merge が終了した場合(当該の比較が単に閉じられたのではなく)に正しく返るようになりました。I10994
  • 不一致マーカーは常に正しい方向で表示されるようになった。I11050
  • ファイルを開いたとき、ファイルが読み込まれていませんというメッセージはもう表示されません。I10792
  • ひとりのユーザから報告のあった Merge Finder プラグインによってシャットダウンが阻止された問題が修正されました。I10844
  • 使い果たされた NSAutoreleasePool(Snow Leopard 上のログでエラーメッセージとして表される)の解放時の問題が修正されました。I10967
  • Merge は行を未変更状態にする正規表現が有効で、“ブロックの変更を行ごとの変更として扱う” オプションが有効な場合、特定のファイルのマージ操作を行ったときにクラッシュした。I11026
  • Araxis Merge アプリケーション バンドルがディスクスペース縮小アプリケーションによって変更されたなら、サポート期限が早まって切れる問題が修正されました。I10863

Merge 2009.3646 for OS X 2009年 1月 12日

これは Merge 2009 for OS X の前の製品リリースでした。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

機能強化

  • メジャー製品バージョン番号はリリース年を反映するため 2009 になりました。I10710
  • Merge を FTP サイトにアクセスするための使用方法がよく寄せられる質問に追加されました。I10493
  • Merge 概要ページの多くの情報は最初に折りたたまれるようになった。I10675

不具合修正

  • Merge の 64 ビット PowerPC バージョンはある特定の無効なシリアル番号を許しません。I10619
  • UTF-16 ファイルを伴う比較で、ある特定の状況で発生したエンコーディング問題が修正されました。I10659

Merge 2008.3633 for OS X 2008年 11月 11日

これは Merge 2008 for OS X の前の製品リリースでした。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

機能強化

  • Merge ユーザインターフェイスとオンラインヘルプは日本語に翻訳されました。Merge for OS X は英語と日本語の両方のユーザに完全に適応しました。I10595
  • Merge は Araxis Ketura 比較ファイルを開いた後、削除するようになった。これは Ketura と Merge 間の統合を強化し、構成管理システムをサポートします。詳細については、System Settings Page のドキュメントで ‘SCMs’ セクションをご覧ください。I10324
  • p4svn のパス(環境設定ウインドウ)が正しく設定されているかどうかを示すビジュアル表示が追加されました。I10543I10542
  • Merge はファイルの中で最初の非空白のコンテンツがこのようなディレクティブを使用するファイルの場合に限り <?xml …> XML 処理ディレクティブが改善されました。I10512
  • イメージとバイナリ比較の開始方法を示す AppleScript の例が追加されました。I10398
  • AppleScript から Merge の Standard か Professional エディションのどちらがインストールされているか判断するためのサポートが追加されました。どのようにこれを行うかについてのスクリプト例は Merge に含まれています。I10458
  • AppleScript スクリプトからバイナリまたはイメージ比較を要求することが可能になりました。I10397
  • デフォルトで .xsl 拡張子を持ったファイル名は XML/XHTML フィルタによって扱われるファイル タイプのリストに含まれるようになった。I10472
  • パスワードで保護されたドキュメントはテキスト抽出フィルタによって処理できないという説明がテキスト ファイル(または、入力/ペーストしたテキスト)の比較 ヘルプ トピックに追加されました。I10482

不具合修正

  • 同期リンクを追加した直後にマージボタンを使用するとクラッシュした。I10506
  • ある特定の状況で、Merge の 64-ビット バージョンが Apple’s 64-bit Ink input method code の既知の障害によってクラッシュします(https://lists.apple.com/archives/Java-dev/2008/Aug/msg00283.html で説明されています)。Merge はもしこのクラッシュが発生する場合は検出して回避策を提示します。I10572
  • 環境設定ウインドウでデフォルトのエンコーディング オプションを変更した場合、Merge は再起動なしですぐに適用するようになった。I10513
  • フォルダ比較の中で、前/次のブックマークと不一致マーカーの操作は正確に表示をスクロールするようになった。I10570
  • Merge は Microsoft Excel または Word ドキュメントを比較するときに多数のログ エントリを作成していた。I10559
  • 環境設定ウインドウでテーブルの列を配置替えした場合に正確に表示されなかった。I10579
  • 環境設定ウインドウでテーブルの列幅を変更後、マウス ポインターが矢印に戻らずサイズ変更の形状のままだった。I10578
  • 同期リンク ダイアログで行番号に関連したドキュメントが修正された。I10574
  • ある特定のデバッグ診断メッセージが表示される場合があった。これらのメッセージは偶然に使用可能なままになっていたので、必要とされないメッセージがシステムコンソールログに書き込まれるという結果になった。I10569
  • 閉じるとき、Merge は表示テキスト比較として表示メニュー項目を使用してイメージ比較から作成されテキスト比較の空のテキスト比較ペインに入力されたどのような未保存のテキストでも保存するためのプロンプトを表示するようになった。I9957
  • ソース管理、構成管理およびその他のアプリケーションとの統合 トピックでのリンクが修正された。I10507
  • オプションダイアログの正規表現ページで正規表現にリテラル タブ文字が存在している場合、HTML 比較レポートが正しく作成されなかった。以前はこのような文字は正しく処理されなかったので、HTML レポート作成時にエラーが発生しました。I10485
  • スクロール時、ファイルペインリンクの有効/無効のためのキーの組み合わせが 表示 ヘルプ トピックで修正されました。
  • ファイルペインに Finder からショートカットをドロップすることは、ターゲットファイルが読み込まれるという結果になります。I10444
  • そのファイルがゴミ箱に移動できないとき、ネットワーク共有上に存在するファイルを削除することが可能になった。以前は、削除されるファイルがゴミ箱に移動できない場合はエラーが発生した。I10610

Merge 2008.3580 for OS X 2008年 9月 5日

これは Merge 2008 for OS X の前の製品リリースでした。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

機能強化

  • Microsoft Word などの専用フォーマットからテキストを抽出して比較できることは有用ですが、このようなテキスト抽出フィルタを、フォルダ比較内でファイルを比較するときに使用すると、比較の速度がかなり遅くなります。そのため新しい設定のフォルダ比較でフィルタ プログラムを使用するファイル比較ファイル タイプページに追加されました。(環境設定ウインドウ)。I10450
  • Merge with Subclipse と Merge の統合方法がソース管理、構成管理およびその他のアプリケーションとの統合に追加されました。I10440

不具合修正

  • Microsoft Word ドキュメントからのテキスト抽出フィルタが時々エラーコード 0x80004005 で失敗する問題が修正されました。I10439
  • Microsoft Excel .xlsx テキスト抽出フィルタで、ある特定のスプレッドシートを読み込めない問題が修正されました。I10442

Merge 2008.3571 for OS X 2008年 8月 13日

これは Merge 2008 for OS X の前の製品リリースでした。すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

機能強化

  • Merge は特定の共通の種類のファイルが読み込まれるとき、内容を抽出するファイル フィルタをサポートします。これはたとえば、Merge テキスト比較ウインドウに一対の Microsoft Word ドキュメントをドラッグ アンド ドロップすると、テキスト比較はそれらのドキュメントからテキストを自動抽出し比較することができることを意味します。詳細については、テキスト ファイル(または、入力/ペーストしたテキスト)の比較を参照してください。I10098I10189
  • またロード時にバイナリの .plist ファイルを XML に変換し、保存時に変換するファイルフィルタが提供されます。これはバイナリの .plist ファイルの比較、マージおよび保存ができることを意味します。
  • テキスト比較で(根本的なテキストを変えないで) XML と XHTML ファイルの表示を整形する機能が追加されました。これにより、一部の XML ファイルの比較がより簡単に行えるようになります。詳細については、テキスト ファイル(または、入力/ペーストしたテキスト)の比較を参照してください。I10257I10254
  • テキスト比較で、現在の行を表示するオプション パネルを提供します。I9353
  • ファイルを Dock アプリケーション アイコンにドロップできるようになった。I9807
  • ウェブリンク How to Install.webloc が Merge 配布 .dmg ディスクイメージに追加されました。I10106
  • []<>() 文字をダブルクリックすると、開く/閉じる文字に一致する前方または後方の部分が選択されます。I10258
  • Ketura の将来のリリースとの統合に対するサポートが追加されました。I10358I10319I10357I10327
  • AppleScript API を使用してレポートを作成時に終了を待つことが可能になった。I10306
  • スペースとタブ文字の表示をオン/オフできるようになった。I10267

不具合修正

  • Find Duplicate Files からイメージ比較が呼び出された場合に Merge がクラッシュした。I10118
  • Merge は外部で修正されたファイルを読む込むことができない場合の再ロード時にエラーを報告するようになった。I10064
  • Time Machine と Merge の統合は Time Capsule で機能するようになった。I10281
  • 続行ボタンは比較されたファイルのいくつかが編集されましたシートで正しい位置に表示されます。I10169
  • バイナリ比較の検索サイズおよびそのたのコントロールの解説がオンライン ヘルプの追加されました。I10231
  • 変更のない行を削除後すぐに マージ操作を行うと問題が発生する場合があった。I10265
  • Merge for OS X 10.4 配布 .dmg ファイルのマウントされたボリューム名が ‘for OSX 10.4’ を含むように変更されました。これにより、Leopard と Tiger のどちらの .dmg がマウントされているのかがわかります。I10114
  • Finder の Araxis Merge で比較コンテキスト メニュー項目は Merge にフォーカスを与えるようになった。I10033
  • 保存された比較を開くとき、保存された環境設定を使用するかどうかに ‘はい’ と答えた場合、正しく機能するようになった。I10066
  • 仮想ファイル システム プラグインによって提供されたフォルダ比較フィルタとファイル項目の相互作用が修正された。I10128
  • ハイポート番号が svnhttps URL で働くようになった。I10170
  • 仮想ファイル システム プラグインのユーザ名/パスワード/ホスト ウインドウのユーザ名フィールドは編集可能になった。I10350I10310
  • 一度に表示するには長すぎるファイルペイン タイトルの終わりを見ることが可能になった。I10322
  • ある特定のバイナリ比較で Merge がハングした。I10294
  • Merge は CR 行終端文字(Mac Classic)と LF 行終端文字(Unix と Modern Mac) を異なるものとして識別するようになった(行終端文字の相違を無視する オプションが設定されていない場合)。I10278
  • Perforce のユーザ/パスワード プロンプトでキャンセル ボタンが機能しなかった。I10320
  • デフォルトの HTML と Ruby の構文強調表示カーラーを変更できるようになった。I10181
  • フォルダ比較でフォルダ階層の中で循環ハードリンクを正しく処理します。I10072
  • 最近の Subversion 比較を開こうとするとき、特定の条件でコード 0x80010004 のエラーメッセージが表示された。I10216
  • カスタム タイトルのファイルペイン(たとえば、compare コマンド ライン ユーティリティを使用して Merge を開始するときに指定された)は比較ウインドウのタイトル バーと Windowメニューで使用されるほか、比較ペインヘッダでも使用されるようになりました。I10139

Merge 2008.3487 for OS X 2008年 3月 27日

これは Merge 2008 for OS X の前の製品リリースでした。 すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

変更

  • svnX Subversion GUI クライアントから Merge を使用する場合、x86_64 アーキテクチャサポートに関連しての迷惑なメッセージ(しかし親切)が svnX で表示された。I9994
  • コマンドラン ユーティリティは比較を始動したとき Merge にフォーカスを与えます。I9993
  • HTML レポートの作成は以前よりいくぶん少ないメモリを使用します。I10043
  • シリアル番号のサポート期限が切れると Merge は 30 日ごとに一度スタートアップ上に通知します。I9949
  • Merge ディスクイメージを開くときに表示される EULA はオンラインヘルプと矛盾がないようにアップデートされた。I9979

Merge 2008.3469 for OS X 2008年 3月 10日

これは Merge 2008 for OS X の前の製品リリースでした。 すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

変更

  • OS X 10.5.2 アップデートでは、OS X 10.5.1 の 64 ビット アプリケーションで示されたフォルダ参照ダイアログの問題が修正されています。そのため、‘Leopard’ ユーザは 10.5.2 以降を使用することを強くお勧めします。
  • Merge の Standard Edition では、Professional Edition でのみ利用可能な機能である 3 者間比較を開こうとしたとき、ウインドウ メニューやタイトル バーに 3 つのファイルがリストされないようになりました。I9803
  • バイナリ比較で警告メッセージがダイアログではなく空のパネルに表示されます。I9804
  • バイナリ比較で、リフレッシュボタンが形式ドロップダウン リストボックスでの変更が自動的に適用されない場合表示されます。I9810
  • フォルダ比較コンテキスト メニューは Finder で表示Finder で開くメニューオプションを持つようになった。I9539
  • ファイル システム プラグインがない場合 Merge がファイルとフォルダのリストを構築できるようにエラーのハンドリングが改善された。I9827
  • Cmd+検索…オペレーションの後で正確に機能するようになった。I9831
  • 最新の Perforce P4V バージョンと Merge for OS X を統合するための説明が SCM 統合ヘルプ トピックに含まれるようになった。I9938
  • Subversion のグラフィカル クライアント svnX の統合の説明が SCM 統合ヘルプ トピックに追加された。I9860
  • svnX から Merge が呼び出されたときに ‘SystemFlippers: didn’t consume all data for long ID’ エラーが発生した。I9932
  • オンライン ヘルプでマイナーな修正を行いました。I9840I9942
  • 登録ダイアログの重要な新製品リリースについての電子メールを送ってほしいオプションがデフォルトでチェックされるようになった。I9849
  • Finder から 3 者間フォルダ比較が開始されるとき、Merge はすぐに 3 つのフォルダを表示するようになった。I9909
  • Merge はフォルダ比較の自動マージで .DS_Store ファイルスキップするようになった。Merge が自動マージ中にこれらのファイルに時々していた変更は Finder がクラッシュする原因になっていた。I9915
  • フォルダとテキスト比較で、Ctrl+左クリックを行うとショートカット メニューが表示されます。I9812I9946
  • マージボタン上で Ctrl+左クリックを行うとショートカット メニューが表示されます。I9934
  • 編集マーカー、不一致マーカーとブックマーク上で Ctrl+左クリックが機能するようになった。I9935
  • ツールバーボタンのツール ヒントが 3 者間テキスト比較で機能するようになった。I9937
  • フォルダ比較でファイルをコピーするとき、コピーするフォルダと同じ名前のフォルダが存在しない場所へフォルダとファイルをコピーする場合には、Merge はファイルの置き換えに関する不適切な警告を発しなくなった。I9941
  • Time Machine バックアップがネットワーク上で使用されるとき、Merge は接続失敗ダイアログを表示しなくなった。I9944

Merge 2008.3430 for OS X 2008年 1月 11日

これは Merge 2008 for OS X のプレビューリリースでした。 すべてのユーザは最新版にアップグレードすることを推奨されます。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

既知の問題

  • 64-ビット システム上で OS X 10.5.1 ‘Leopard’ を実行している場合、ファイルおよびフォルダの参照ダイアログでは、フォルダを 2 回クリックしなければそのフォルダの内容を表示できません。これは OS X 10.5.1 の欠陥で OS X 10.5.2 で修正されました。.回避策として、Araxis Merge アプリケーション アイコンを右クリックして、情報を見るを選択し、32 ビットモードで開くをチェックすることによって Merge の 32 ビット バージョンを走らせることができます。I9654
  • フォルダ比較ウインドウで、Ctrl+左クリックでショートカット メニューの表示に失敗した。2 ボタンマウスでの右クリックはメニューを表示します。
  • このウェブサイト上のオンラインヘルプは製品と一緒に提供されたものより少し更新されています。
  • Merge が Standard Edition のシリアル番号(ただ 2 者間比較とマージを可能にする)を使用するとき、2 者間のファイル比較の中に 3 つのファイルのロードを試みた場合、Merge は正確にファイルを 2 つロードします。しかしアプリケーション タイトルバーと Windowメニューで 3 つのファイルをリストします。I9803

変更

  • Mac に特定されたオンランヘルプが提供されるようになった。I9516I9798
  • 製品リリースのために意図されたすべての機能が提供されます。
  • 多くのバグが修正されました。

Merge 2007.3371 for OS X 2007年 11月 28日

これは Merge 2007 for OS X のアーリーアクセス テストリリースです。このリリースは保証なしで製品版ではなく「現状のまま」で提供されます。自分の責任で使用してください。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

変更

  • 製品ダウンロードは 2 つに分けられました。OS X 10.5 ‘Leopard’ で使用するためのダウンロードと OS X 10.5 ‘Tiger’ で使用するダウンロードです。10.5 のダウンロードは 32 ビットと 64 ビットの Intel および Power PC プラットフォームをサポートします。けれどもまだ 64 ビットの Cocoa にいくつかの問題があります。それでもしあなたが影響を受けるなら Araxis Merge アプリケーションアイコンの情報を見るウインドウで強制的に 32 ビットモードで走らせることができます。特に、ファイル/フォルダを参照するウインドウではそれらの内容を表示するためにフォルダ上でアイテムを 2 回クリックする必要があるかもしれません。
  • Time Machine との統合が追加されました。比較されるファイルまたはフォルダに 1 つ以上の利用可能なバックアップがある場合は、パス入力フィールドのそば(パネルの右上)にあるバージョン ボタンがアクティブになります。このボタンをクリックして、比較可能な以前のバージョンのリストにアクセスすることができます。
  • イメージ比較のプリントサポートが追加されました。
  • PDF を比較するとき、イメージ比較は一層素早くなりました。そして正しくない多くのページを表示するというバグが修正されました。より多くのズームレベルが追加されました。
  • フォルダ比較でフォルダ階層をスキャンするとき、シンボリック リンクを辿れなくなります。結果リストの適切な行をダブルクリックして手作業でこれらのリンクをたどることができます。
  • 故意に正しくないエンコーディングでファイルを保存する際に発生するいくつかの問題が修正された。
  • レポートの保存時に表示されるエンコーディングの一覧は、Safari と OS X の XML パーサによってサポートされるエンコーディングのみを含むようにフィルタされた。
  • フォルダ比較ウインドウで相対的なパスを比較するとき、ファイル/フォルダ アイコンが正確に現れます。
  • Subversion プラグインは https:、file:、および svn+ssh: プロトコルをサポートするようになりました。Merge ではこれらのプロトコルのために svnhttps:、svnfile:、および svn+ssh: を使用します。
  • その他いろいろなバグの修正とマイナーな改良が行われました。

Merge 2007.3327 for OS X 2007年 10月 23日

これは Merge 2007 for OS X のアーリーアクセス テストリリースです。このリリースは保証なしで製品版ではなく「現状のまま」で提供されます。自分の責任で使用してください。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

変更

  • Finder コンテキストメニュー プラグインは Merge コマンドを見せるようになった。
  • リサイズノブがファイルペイン間に追加された。
  • バイナリ比較でブックマークの設定/編集が使用できるようになった。
  • 解決場所としてマークされた行を薄暗くすることが機能するようになった。
  • イメージ比較で透過を示すために使用されるチェックボードカラーは環境設定ウインドウで設定できるようになった。
  • 大きな比較ファイルを開く/保存時に進捗ウインドウが表示されるようになった。
  • 比較のウインドウ(最初の変更箇所の位置、フォーカス設定など)の種々の人間工学的な改良。
  • 行頭/行末に移動する Ctrl+ACtrl+E が使用できるようになった。
  • フォルダ比較ツールバーに変更項目の選択選択項目の比較ボタンが追加された。もし以前の Merge を使用していた場合はそれを追加するためにツールバーの内容をカスタマイズする必要があるかもしれません。
  • フォルダ比較ウインドウで手作業で隠されたファイル/フォルダのリストは、保存されたフォルダ比較に含まれるようになった。
  • フォルダ比較で交換メニューコマンドが使用できるようになった。
  • リンク線パネルの幅オプションが使用できるようになった。
  • 構文強調表示カラーの編集が環境設定ウインドウでできるようになった。
  • Apache-hosted Subversion リポジトリのサポートが追加された。http:// の代わりに svnhttp:// を URI スキーマとして使用してください。svn:// は svnserve によってリポジトリホストでのみ働きます。
  • インライン正規表現編集が機能するようになった。
  • ブックマークツールチップが一層確かに表示されるようになった。
  • テキスト比較ワードの選択が改良された。アンダースコア文字はワード バウンダリとして扱われません。

Merge 2007.3291 for OS X 2007年 8月 31日

これは Merge 2007 for OS X のアーリーアクセス テストリリースです。このリリースは保証なしで製品版ではなく「現状のまま」で提供されます。自分の責任で使用してください。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

変更

  • 初期のまだ不完全ですが、バイナリ比較が追加された。
  • テキスト比較ブックマークのツールチップが使用可能になった。
  • Leopard 上で発生した 2 つの問題が修正された。
  • Cmd+N キーの対応が追加された。
  • 比較ウインドウでマウス/キーボードによる選択の相互作用が追加/修正/改良された。
  • 殆どのテーブルビューは列のサイズとオーダーを記憶します。
  • フォルダ比較フィルタでサポートに一致する相対的なパスが Merge for Windows から統合された。
  • フォルダ比較中にステータス バーのアクティビティが増すようになった。
  • 比較を開始するときのフォルダ比較の選択の取扱いがいくつかの顧客の要望に応えて変更になった。
  • 環境設定を変更後に適用または OK の後に時々発生した問題が修正された。
  • ファイルタイプ パターンは UTI に優先するために使用できるようになった。
  • Scripting Dictionary が改良された。
  • Subversion ファイル システム サポートに関するいくつかの問題が修正された。

Merge 2007.3251 for OS X 2007年 5月 30日

これは Merge 2007 for OS X のアーリーアクセス テストリリースです。このリリースは保証なしで製品版ではなく「現状のまま」で提供されます。自分の責任で使用してください。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

変更

  • Subversion リポジトリへのアクセスを可能にするプラグインが追加されました。svn://URI はファイルおよびフォルダ比較ウインドウで使用できます。svn コマンドライン プログラムへのパスは、最初に Subversion セクション(環境設定のアプリケーションページ)で設定する必要があります。
  • /Home/End キーはフォルダ比較結果リストで正しく機能します。
  • Merge の Scripting Dictionary にさまざまな変更が加えられた。
  • フォルダ比較の一部のパフォーマンスが改善された。

Merge 2007.3242 for OS X 2007年 5月 10日

これは Merge 2007 for OS X のアーリーアクセス テストリリースです。このリリースは保証なしで製品版ではなく「現状のまま」で提供されます。自分の責任で使用してください。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

変更

  • イメージ比較がサポートされた。Merge はフォルダ比較ウインドウで比較を開始するとき、比較ウインドウのタイプ決定するのに登録された UTI(Uniform Type Identifiers)を使用します。環境設定ウインドウのファイルタイプ オプションは無視されます。これは取り除かれるでしょう。Merge は Chapter 7 of the Cocoa Drawing Guide にリストされたイメージファイル形式をサポートします。

  • テキスト、フォルダおよびイメージ比較は保存および読み込みができるようになった。

  • さまざまな問題点が修正されました。

Merge 2007.3232 for OS X 2007年 4月 11日

これは Merge 2007 for OS X のアーリーアクセス テストリリースです。このリリースは保証なしで製品版ではなく「現状のまま」で提供されます。自分の責任で使用してください。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

変更

  • 環境設定ツールバー上にドロップダウン メニューがあります。
  • Accessibility と Services サポートがテキストパネルに追加された。
  • フォルダ比較の読み込み/保存が実装されました。
  • 比較ウインドウのサイズを記憶するようになった。
  • ファイル/フォルダのコピーがサポートされた。
  • 3 者間フォルダのマージが追加された。
  • 文字エンコーディングがファイル履歴ウインドウに表示されるようになった。
  • 多くのフォルダ比較コマンドが使用可能になった。
  • テキストをクリップボードとの間で転送するとき、行終端を正しく変換するようになった。

Merge 2007.3210 for OS X 2007年 3月 13日

これは Merge 2007 for OS X のアーリーアクセス テストリリースです。このリリースは保証なしで製品版ではなく「現状のまま」で提供されます。自分の責任で使用してください。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

変更

  • コマンドライン ユーティリティは Merge ディスクイメージのアプリケーションから Utilities フォルダに移動しました。
  • 実験的な araxissvndiff コマンドライン ユーティリティ(Utilities フォルダ)は Subversion と一緒に使用できます。araxissvndiff3 はまだ完全ではありません。
  • テキストとフォルダ比較ウインドウでツールバーがサポートされた。
  • フォルダ比較ウインドウのファイルコピー機能はまだ完全ではありません。今のところこの機能を使用しないことをお勧めします。
  • 種々のバグが修正された。
  • 一般的なノート: Araxis Merge を他の製品の外部 diff プログラムとして選択するとき、Araxis Merge アプリケーション自信ではなく comparearaxisp4diff あるいは araxisp4winmrg コマンドライン ユーティリティの 1 つを選択してください。Merge アプリケーション アイコンはドロップされたファイルあるいはコマンドライン引数を受け入れません。

Merge 2007.3198 for OS X 2007年 2月 26日

これは Merge 2007 for OS X のアーリーアクセス テストリリースです。このリリースは保証なしで製品版ではなく「現状のまま」で提供されます。自分の責任で使用してください。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

変更

  • Perforce URI が使用できるようになった。環境設定のアプリケーションページには入力が必要な設定がいくつかあります。

Merge 2007.3194 for OS X 2007年 2月 22日

これは Merge 2007 for OS X のアーリーアクセス テストリリースです。このリリースは保証なしで製品版ではなく「現状のまま」で提供されます。自分の責任で使用してください。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

変更

  • テキスト比較のプリントがほぼ完成した。
  • ヘッダ/フッタがテキスト/フォルダ比較のプリントで適切に使用されるようになった。
  • コマンドライン ツール(comparearaxisp4diff など)に関する問題のうち一部が修正された。
  • 解りにくいキーチェーン関連の問題のためにいくつかの実験的な修正が実装された。

Merge 2007.3160 for OS X 2007年 1月 24日

これは Merge 2007 for OS X の最初のアーリーアクセス テストリリースです。このリリースは保証なしで製品版ではなく『現状のまま』で提供されます。自分の責任で使用してください。

Information このリリースは、サポート有効期限が 2018 年 12 月 31 日以前のシリアル番号が必要です(この日付より後のサポート有効期限が設定されているシリアル番号は、Merge 2012.4246 for OS X 以上で動作します)。そのため、このリリースを使用する必要があり、サポート有効期限が 2019 年 1 月 1 日以降のシリアル番号をお持ちの場合は、Araxis までお問い合わせください。

  • 次期 Windows バージョンの Merge に含まれる多くの機能はまだ実装されていないか不完全です。
  • 一部の機能が正確に動作しないかもしれません。そのため、Merge を使ってファイルを修正する際には特に注意が必要です。どうか大切なファイルを上書きする前にバックアップを取ってください。注意事項は EULA の ‘保証の不存在’ 保証免責事項に書かれています。
  • アプリケーションは所々まだ洗練されていません:ダイアログは正確に配置されないかもしれません。またアートワークは最終ではありません。
  • 含まれるオンラインヘルプは Merge の Windows バージョン用の内容です。